スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
先週の買い物・その2-1 (ANDRE MATOS etc...)
ANDRE MATOS (2007) / TIME TO BE FREE
BEFORE THE DAWN (2007) / DEADLIGHT
DGM (2003) / HIDDEN PLACE
EMERALD RAIN (2003) / SHORT SIGHTED


HANOI ROCKS (2005) / ANOTHER HOSTILE TAKEOVER
SHADOW GALLERY (2005) / ROOM Ⅴ
S.I.N. (2005) / EQUILIBRIUM
TIME REQUIEM (2006) / OPTICAL ILLUSION

これら8枚ともすべて新品で¥500なり。在庫処分セールなのか何なのか、マートスさんとBEFORE THE DAWNなんて去年の発売だよ!? ドキドキしながら急いで確保。はてさて各作品の出来やいかに。かなりの長文になったので記事を分割しました!が、それでも長い!(笑)

これぞ!の優雅なメロディックメタルを聞かせてくれたのはアンドレ・マトス。序盤のお約束的展開にはどうしても心が躍るし、“How Long (Unleashed Away)”なんかではMAIDEN調…と言うよりブルース・ディッキンソンの“Abduction”meets EDGUYっぽいメタルの普遍的なカッコよさを示してくれる。ANGRAの旧作しか聴いたことのない僕は決してマートスさんの熱心なファンではないが、この人の煌びやかな欧州的ドラマ性に対する強いこだわりには大きな信頼が置けるように思う。名作「REBIRTH」のようにハマれば間違いなく最強ながら、凝りすぎて意外と曲作りのツボを外すことも多い現布陣のANGRAよりも安心して聴いていられるような。ふにゃ~と柔らかいクセのある歌いまわしもここまでくれば立派な武器。インスト陣も「その他」にならない良い仕事をしていて、名作とされる「ANGELS CRY」よりも手を伸ばす回数はグッと増えそう。見直しました。JOURNEYの名曲カヴァー“Separate Ways”も予想通りナイス・トライ。

初体験のBEFORE THE DAWNはモダンな北欧メロディック・デスメタルをゴシック的な陰りでコーティングした、ちょっとしたハイブリッド・タイプ。自称「メランコリック・スカンジナヴィアン・メタル」。最近のIN FLAMESを暗くしたような雰囲気は非常にそそるものがありながら、リフも歌メロもいまいち印象に残りづらいという内容から、こりゃ器用貧乏かなとの感想が浮かぶ。いろんなジャンルをいいとこ取りした音像自体は非常にスタイリッシュなので、例えば周りから(自発的に)やや浮いている高校生メタラーが休み時間に黙ってiPodでコレを聴いていて、「オマエ何聴いてんの?」と絡んでくる少しウザい同級生にイヤホンを渡したら「(…こいつ結構ヤベえ!)」とひそかに一目置かれるような、そんな感じのメタル。うん、自分でも何を述べたいのかよく分かんないや(笑)。ところがどっこい、ボーナスのスタジオテイク2曲はひねくれ者の僕にも素直にカッコいいと思わせる出来で、少し神経質なリフが耳を捉える“Warrior Of Ancient Times”はアルバム中でもベスト。ボーナスのほうが良質ってのもやや問題ありだがこれは嬉しい。

イタリアのSYMPHONY Xこと(?)DGMはこれで2枚目。相変わらずプログレッシヴ/テクニカル/メロディアスと、三拍子が揃った優れた一枚・・・と言いたいところだが、うーむ、本作の音像が醸し出す覇気のなさ・ダラダラ感はいったいどういうこと!? 前作の「DREAMLAND」は確かにいくらか野暮ったくて、目指す音楽が高い洗練性を要求している割には垢抜けなさの残る作品だったけど、ネオクラ由来の熱きドラマ性がその欠点を十分に補うほど魅力的だったのに。技巧を凝らした結果としてメタルのダイナミズムが失われたら元も子もないじゃないさ。ニッポン大好き・谷さんことティッタ・タニの熱唱とそれ以外の音がそっぽを向き合っているような違和感が僕は好かない。Gのディエゴ・リアリの流麗なプレイには相変わらず特筆すべき魅力が感じられるだけになおのこと残念。

かのHAREM SCAREMの弟分的バンド(?)、カナダのEMERALD RAINは4th。ハイセンスなVoハーモニーを売りにした相変わらずのメロディアス・ハードロックを聞かせてくれて安心する一枚。ハーレムと違って、自分たちの音楽性に対して一途なのが彼らの美点。が、音像の繊細さ・メロディの叙情性が前作3rdよりもさらに減退してしまったのはマイナス。意外とバラードが弱いこともハーレムとの差を埋められなかった原因か。ダレン・スミス(Ds / ex. HAREM SCAREM)がせっかくヘルプしたのに彼のバックVoが聴けないのも寂しい。ということで、EMERALD RAINを聴くなら2ndの「AGE OF INNOCENCE」から。美しいバンド名をそのまま音楽に転化したような素晴らしさです(以前に書いた拙レビューはコチラからどうぞ)。1stはどんななんでしょうね?

もう4枚は次の記事で!


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2008/09/05 15:34】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<先週の買い物・その2-2 (HANOI ROCKS etc...) | ホーム | 先週の買い物・その1 (GIANT etc...)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/99-9cdbade8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。