スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
先週の買い物・その1 (GIANT etc...)
GIANT (2001) / Ⅲ
STRAWBERRY SLAUGHTERHOUSE (1997) / SUCK (AND THE ART OF SURVIVING SUBURBIA)
DARYL HALL & JOHN OATES (2003) / DO IT FOR LOVE
MASSIVE ATTACK (2003) / 100TH WINDOW


全品¥100で入手。やっぱワタシはあの店が大好きだー。

プロデューサーとしても高名なダン・ハフ率いるアメリカン・ハードロック・バンドのGIANTは復活作の3rd。好盤2nd「TIME TO BURN」に収録されていた「爽×哀」な名曲“Stay”、あるいは“Lost In Paradise”や“Save Me Tonight”級のちょい泣きチューンがないのは寂しいが、音像自体はその2ndとほとんど変わらないものを保持していてまずは一安心。粒立ちの良いダンのGと隠し味のうっすらKeyが爽快感を増幅させていて、土っぽい典型的なアメリカン・ロックとは少し距離を感じさせるのも面白い。ボーナスのライブではやや苦しいところもあれど、ダンの振り絞るようなVoにはロビン・ザンダー的な味わいがある。オープニングのキャッチーな“You Will Be Mine”とバラード“Can’t Let Go”がハイライトかな。評判の良い1stも頑張って見つけなきゃね。

素晴らしい掘り出し物だったのがデンマークのSTRAWBERRY SLAUGHTERHOUSE。いやー、ひっさびさに純なパワーポップを聴いたな~という心地よい聴後感。バンド名どおりの甘さと苦さの配分が7:3ってとこでしょうか。1曲目の“Alternative Correctness”で参りました。WILDHEARTSが好きなら買って損なしかと。本家よりも素直な分かりやすさが良いという人も多そう。パンキッシュな爽快感を基調にしつつ、時にはほろりと苦いポップンロール。MERRYMAKERSのメロディが好きな人もイケるかな。ちょいと元気が欲しい方、ぜひぜひ!きっと何処でも安く手に入るはず。

ダリル・ホール&ジョン・オーツは、恥ずかしながらPVのハンド・クラップがとても印象的だった大ヒット曲“Private Eyes”とMELEEが素敵なカヴァーを披露してくれた“You Make My Dreams”しか知らない状態での挑戦でしたが…その2曲で僕が抱いた確かな好感を決して崩すことのないアコースティカルなオトナのロック/ポップスでしあわせー。大人っぽいと言っても必要以上に枯れてはおらず、精気に満ちた前向きで明るいヴァイヴが全編で感じられるのがミソ。“Breath Of Your Life”なんてまるでクレイグ・デイヴィッドみたいなお洒落さ。これなら僕のような若造でも余裕で楽しめる。参加ミュージシャンが微笑みながら演奏している様が目に浮かぶような「人間っぽさ」も◎ね。「音楽」ってことばどおりの優しい世界が待ってます。

安かったので手を出してみたMASSIVE ATTACKは…コメントなしで。ゆらゆらとあてどなく漂う感じが寝るときのBGMには良さそうなんて言ったら怒られる!? 旋律ではなくてあくまでも音の質感を重視する先鋭的なリスナーさんに支持されているのかしらね。ともあれ僕はやっぱりHR/HMとまったく接点のない広義のロックに対して極めて脆弱であるなあ。

先週はかなりたくさん買い物をしたので、感想をおいおい。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2008/09/03 16:26】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<先週の買い物・その2-1 (ANDRE MATOS etc...) | ホーム | METALLION 31号の感想>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/98-a4de8e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。