スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
POISONBLACK (2008) / A DEAD HEAVY DAY
POISONBLACK.jpg 1. Introuder
 2. Diane
 3. Left Behind
 4. Bear The Cross
 5. A Dead Heavy Day
 6. Me, Myself & I
 7. X 8. Human-Compost
 9. The Days Between
 10. Hatelove 11. Lowlife
 12. Only You Can Tear Me Apart
 13. The Living Dead (semi-acoustic live)

今はなき名バンドSENTENCEDのヴォーカリスト、ヴィレ・レイヒアラ率いるPOISONBLACKの新譜。3rdアルバム。これは良いです。
このバンドに関してはなぜか1st「ESCAPEXTACY」を持っているのだが、これが何をやりたいのかよく分からないタルい迷盤ということもあって2ndはあえなくパス。が、本作は試聴した段階で音に強い強い引力を感じたので思わず購入してしまった。

本作の音楽性はSENTENCEDに近からずとも遠からず…とも近からず(笑)。ハードロッキンなメタルであり、メタリックなロックンロールであり、ゴスであり、またヘヴィブルーズでもあり。名盤「THE FUNERAL ALBUM」に収録されていた荒々しい“Vengeance Is Mine”とか“Drain Me”あたりにもグッと来た僕のようなリスナーさんならイケるはず。

改めて痛感したのはやはりヴィレの声の求心力の高さ。少しカスレ度が増したかな?ともあれ、この声でカヴァーしたらPOISONだろうがFASTER PUSSYCATだろうが何だろうが死ぬほど暗く切ないヘヴィチューンに生まれ変わっちゃうんだろうな、と思わせる孤高の味わい。1stも彼が歌ってくれればかなり印象は変わったろうに。歌メロもSENTENCED在籍時より自分の音域に合ったナチュラルさで◎。このバンドでの彼はリードGも担当しているが、そのいかにもオッサン・ロッカーっぽいノン・テクニカルなプレイには感情がたっぷり籠められていてなかなか美味しい。フィーリング重視の彼の歌唱にも何となく通じる面がありますな。主役のヴィレの存在感が大きすぎるせいで残りのメンバーが「その他」になっている感は否めないが、演奏に不安はなく堅実な仕事ぶり。

バックの音のうねりがSTONE SOURのようなモダンUS系を想起させる“Diane”(極めてブルータルな歌詞だ)、シングルに相応しくキャッチーな“Bear The Cross”、薄く敷かれたKeyのアレンジが小憎い“Me, Myself & I”、ブルージーな盛り上がりに「こういうのもアリだなあ」と思わず聴き惚れる“X”、ちょいMAIDEN調のリフにニヤリとしちゃうメタルチューン “Human-Compost”(これまたすげえタイトル…)、サビメロがこれぞヴィレ・レイヒアラ!なヘヴィバラード“The Days Between”、歌メロの運び方がどこかHIMを思わせるリズミックな“Lowlife”、ラストを飾る暗くて重い悔恨の唄“Only You Can Tear Me Apart”。。。ここで挙げなかったものも含めて、捨て曲まるでなしの濃厚な1時間。日本盤ボーナスのセミアコ・ライヴ“The Living Dead”もアルバムの雰囲気を壊さぬ出来で嬉しい。いや、なにせ「葬送アルバム」のライヴ2曲は蛇足以外の何者でもなかったからさ。

この頃ことあるごとに書いているような気がするが、僕は「HR/HM」というジャンルの「 / (スラッシュ)」の領域、つまりハードロックとヘヴィメタルの境界線上にある音楽が大好きなのだな、という認識をさらに強くする一枚。SENTENCEDファンだった人は迷わず購入するのだろうが、どの層のメタルファンをも静かに唸らせるであろうコクの深さが秀逸なこの作品、SENTENCEDうんぬんを抜きにしてあらゆる人に聴いてもらいたい。かのバンドのような圧倒的な洗練性・冷たさはなかれども、音に脈打つ熱さと図太さはそれを補いうる確かな個性。「POISONBLACKだからこそ」聴く価値がこのアルバムにはある。ちょっとダメ人間っぽい感じがまた良いのだよ。「うらぶれ男が演ずる屈折した愛憎表現」という適当なまとめでピンと来る方、どうぞ…って、いるのかそんな人??(笑)


…なんちゃって、SENTENCEDのすべてがさも分かっているような口ぶりで書いてしまいましたが、実は僕、あの誉れ高き「THE COLD WHITE LIGHT」未聴のままなんですよねー。「AMOK / LOVE & DEATH」から「FROZEN」「CRIMSON」まで聴いておきながら何たる失態。なかなか安価では見つからなくて。それにしても「FROZEN」の“Mourn”は泣きに泣きを重ねる隠れた名インストですよねえ。“Drown Together”は最高のラブソングだったし…と話をそらしてみるテスト(笑)。ちくしょー、絶対見つけてやるんだから!


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2008/08/25 18:31】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<SOILWORK (2001) / A PREDATOR'S PORTRAIT | ホーム | おとといの買い物 (POISONBLACK)>>
コメント
こんにちは。
再びコメント失礼します。笑

「A DEAD HEAVY DAY」、私も買いましたよ。
まだ聴き込んでいないのでレビューはしていませんが。

私も同じような感想を持ちました。
全体を通してはかなりヘヴィでありながらバラエティ豊富な面白い作品だな、と。

POISON BLACKは今作が初めてなので、
余裕があれば1st、2ndも聴いてみようと思います。
【2008/08/26 00:55】 URL | Metalaholic #vdXS97RM[ 編集] | page top↑
こんにちは。コメントはいつでもどうぞです。

ね、やっぱいい作品ですよね。ヴィレの声自体に強い中毒性があるのに、楽曲そのものも良いとなればこれはもう。

Metalaholicさんのレビューも楽しみにしています!
【2008/08/26 19:36】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
むーじゅさん

こんにちは。SENTENCEDは好きなバンドなのでPOISONBLACKも気になってたんですが、Villeとその仲間達というイメージが強くてスルーしてました。
でも、むーじゅさんのレビュー読んでると、この3rdは聴いておくべき作品に思えてきました!

最近、欲しいアルバムばかり増えてきてお金が追いつきません(苦笑)。僕の周りの中古屋は安くて¥1,500前後なので。

「THE COLD WHITE LIGHT」は是非聴いてください。「THE FUNERAL ALBUM」に引けをとらない名盤ですよ。
【2008/08/26 23:39】 URL | よしよ #-[ 編集] | page top↑
よしよさん、こんにちは。

レビューに書いたように、ヴィレ以外のメンツが「その他」っぽい感じは確かにあるのですが、音像全体はきっちりと「バンドの音」になっております。いい作品を上げてきたなあと感心しているところです。まずは試聴からどうぞ。

いや、まったく。僕は独り身ですがなにせ未だ学生の身分なので音楽にかけられるお金も限られていて…特に新譜は月に2・3枚も買えれば満足って具合です。

新米パパさんのよしよさんとはまた境遇も異なりますが、その悩み、よ~く分かります。聴きたいものが多すぎることの幸せと悲しみ、僕にも一生付きまとう問題かも知れません(笑)。

「THE COLD WHITE LIGHT」。。。これを挟む2枚の出来が素晴らしいのだから悪いアルバムなわけがないですよね。Metalaholicさんにもばっちりおススメされたので近いうちに入手します!
【2008/08/27 14:25】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/95-3ee45f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。