スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
先週の買い物+おまけ (IOMI WITH GLENN HUGHES etc...)
IOMMI WITH GLENN HUGHES (2005) / THE 1996 DEP SESSIONS
MASQUERADE (1994) / SURFACE OF PAIN
THE QUEST (1994) / DO YOU BELIEVE?


トニー・アイオミ&グレン・ヒューズは\320で発見。下二枚は両方とも\500なり。

こうして作品化される前には「EIGHTH STAR」として出回っていたとされるIOMMI WITH GLENN HUGHESの1st(デモ)は、この顔合わせから予想される内容より上でもなければ下でもないなって感じ。ま、これくらいはやってくれますよね(=これくらいは出来て当たり前)。よって、あの「SEVENTH STAR」を超えるものではないにせよ、少なくともグレンの「ADDICTION」だのVOODOO HILLのつまんない1stだのよりは出来が良い。それにしても、囁きと叫びの織り成すダイナミズムが超・絶品の歌唱には毎度毎度シビれる。この人は自分自身を「ヴォイス・オブ・ロック」なんぞと宣う人だけど、このレベルにまで到達していればそのことばにも説得力は十二分。スリリングなリフを持ったHRチューン“I’m Not The Same Man”は流石アイオミと言ったところ。サバスに関してはそろそろ世紀の名盤「HEADLESS CROSS」について語りたいが…。

初体験MASQUERADEの2ndは…うーん、正直あまりのめりこめなさそう。ヘヴィなリフもやや粘着質なVoもカッコいいとは思うんだけど、重い雰囲気の中にも旋律美がふと煌くものを期待していたので。少なくとも僕好みのメロディはここにはない。TNTの正統後継者かと騒がれた1stを見つけてリベンジを果たしたい。

THE QUESTの1stはなかなか面白い。CAUGHT IN THE ACT(GUILD OF AGES)をポンプ・ロック方面に近づけたような穏やか~な5分間ハード・ポップなのだが、インスト・パートではDREAM THEATERでいうところの“Take The Time”やら“Metropolis Pt. 1”的な軽妙さがちょいちょい楽しめる。その器用な立ち回りが曲の焦点をぼかしている気がしなくもないし、人によっては心地よいBGM以上のものにはならないだろうが、僕のように“部分聴き”でもイケる人にはけっこう美味しい作品だと思います。

今回は字数が少ないので(笑)、メタルなテレビネタを二つほど。

①先週(かな?)、深夜のスポーツ・ニュース「すぽると!」を見てたら、ザルツブルクの宮本恒靖選手がBLACK SABBATHの「VOL.4」のジャケ・ジャージを得意げに着こなしていたというお話。現地でのレセプションか何かに出席したときなのかな。やはり超絶イケメン、こんなの着させても似合います。僕個人はオジー期のサバスにほとんど思い入れはないのですが。

②僕も大好きなNHKのバラエティ番組「サラリーマンNEO」。これも先週だったかな、とあるコントのオチのところでスタン・ブッシュの名曲“I’ll Never Fall”(最新作「IN THIS LIFE」の1曲目ね)が流されていてビックリ、そしてあまりにもコントのテーマに沿った選曲に大笑い。これだからNHKはあなどれないのだ。誰がわざわざスタン・ブッシュなんぞを流そうと思うよ?最高。

【2008/06/09 15:23】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おととといの買い物 (DAUGHTRY etc...) | ホーム | 先週のお買い物 (BREED 77 etc...)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/75-765f57e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。