スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
NOVEMBRE (2008) / THE BLUE
novembretheblue.jpg 1. Aenemia
 2. Triesteitaliana
 3. Cobalt Of March
 4. Bluecracy
 5. Architheme
 6. Nascence
 7. Iridescence
 8. Sound Odyssey
 9. Cantus Christi 10. Zenith
 11. Argentic 12. Deorbit

イタリアのお耽美系バンド、NOVEMBRE。僕はこれが初体験。この手には決して詳しくないのでいつも以上に抽象的・感覚的にレビューしますが、うん、これはいいですよ。

これはゴシック?プログレ?あるいはデス?なんて、どうでもいい分類好きが多いメタル者(僕です)をジャンル分けの罠に見事ハメてくれそうなこの「THE BLUE」。そうした難しさもあってか日本盤のライナーではまずOPETHが比較対象に挙げられていたが、それは少し違うかも。作り手の強い執念を感じる点では確かに共通項もあろうが、OPETHの音楽の主眼がいにしえのロックと現代性の融合、および新たな枠組みの再構築にあるとすれば、このNOVEMBREが第一に追求しているのはそんなに小難しいことではなく、やはりただひたすらにゴシック的な「美」に他ならないと思う。そして僕はそんなNOVEMBREのほうにより強い親しみと共感を覚えた。

アレな前置きはともかく中身をば。官能的なクリーン声で歌われるメロディの質自体はANATHEMAやらMY DYING BRIDEあたりの正統派ゴシック・メタルを僕に想起させたが(両方とも90年代の作品1枚ずつしか持ってないけどね!/笑)、全体の音像はそれらよりずっとずっと派手で、むしろ騒々しいくらい。第一声で飛び込んでくるデス・ヴォイス(ノーマル声の裏で使われることもしばしば)、やたらと手数足数の多いDs、間違いなく様式派メタル大好きっ子なリードGによる鮮やかな場面転換、突然気合の入ったブラストをかましてみたりもする実に興味深い楽曲構成…確かにこの個性をゴシックの狭い枠の中に閉じ込めておくのは苦しかろう。

例えるなら、夕暮れ時の街角の公園で沈鬱な表情をしている文学青年がベンチから突如立ち上がり、「僕はいま非常に長く苦しい懊悩の真っ只中に居るのです!」と、周りにいる無関係の人々に大声でアピールし続けているかのごとき音なのだ…って、なんだそりゃ(笑)。とにかく、ある意味でものすごく自意識過剰かつナルシシズムに溢れた音楽だと僕は感じた。もちろん大いなる賛辞を込めて。その点だけを抜き取れば、ENTWINEの「DIEVERSITY」に触れた時の感銘にも近い。

アレンジ力も当然高く、特にアコギを使って時折スッと静謐さを漂わせる演出は実に巧み。楽曲をいちいち切り取ってこの作品を紹介するのは野暮というものだから、素直な声質の女性Voを起用した唯一の曲“Nascence”、7分強のインスト“Zenith”の配置はグッドだ、とだけ記しておこう。

ものすごく濃密なドラマが全編に満載されているからだろう、70分弱の収録時間に反して体感時間は少なくとも100分オーバー。そして聴後には心地よい疲労感が残る。楽曲単位ではなく常にアルバム一枚を丸ごと聴いてどっぷりとその世界観に浸りたい一枚だ。歌メロを一緒に口ずさめるようなキャッチーさはほぼ皆無なので、そういう要素を求める方には決してお奨めしませんが、暗く美しい作りこみ型の音楽が好きだという自覚のある諸氏はまず試聴から。雰囲気モノにして雰囲気モノにあらず、この不思議な感覚はなかなか説明しがたいものがある。

最後に忘れずに触れておかなければならないのがイマジネーション…ていうか妄想を大いに膨らませてくれる蒼白く美しいジャケット!これが確かにNOVEMBREの音楽性と絶妙なリンクを見せている。久しぶりにアートワークの大いなる力を感じました。これを見てひそかな胸騒ぎを覚えるようなメタラーさんは是非。その予感はおそらく当たります。


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2008/04/14 19:09】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<すみません、ヴォーカルの方チェンジでお願いします。 | ホーム | 先日の買い物 (NOCTURNAL RITES etc...)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/63-1628e89b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。