スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
先日の買い物 (STAGE DOLLS etc...) & 昨日の「ベストヒットUSA」
STAGE DOLLS (1992) / STRIPPED
STEVE PERRY (1994) / FOR THE LOVE OF STRANGE MEDICINE
MR.BIG (1996) / BIG, BIGGER, BIGGEST!


何故か\100で置かれていたジャミロクワイのベスト(外盤)。一聴して「これは俺の手出しする領域じゃねえな」と売り払ってみたら、これになんと\800の値が。世の中分からんもんだ。で、この予想外の収入で買ったのが上記3枚。ポリドール盤のSTAGE DOLLSは\500と少しお高めだったが、まあこういう時くらいはよかでしょう。下2枚はそれぞれ\79なり。
初体験のSTAGE DOLLS。ああ、だから俺はこの手のハスキーなヴォーカルに弱いんだってば。。1曲目の能天気な“Stand By You”を聞いた時点では結構やばい予感がしたものだが、その後はきっちりと立て直して実に味わい深いAOHR(AOR+HR)を聞かせてくれる。80年代のブライアン・アダムス、リチャード・マークスなんかの世界を思わせる音だが、僕が近いかなと思ったのは97年に好盤「TROUBLE IN PARADISE」を発表したRANSOM。あれをもっとあっさり・すっきりさせた感じかな。母国ノルウェーの香りは殆ど感じられないアメリカ志向。個人的には「もっと泣きを!」とも思うが、朝から心地よく聞き流せる一枚なのは間違いないところ。評判のよい過去作も気になってきたぞ。

僕認定、“世界3大スティーヴさん”の一人、ペリーの2ndソロは少し苦しい。待ってましたの産業ロック路線ながら肝心のサビメロが面白みに欠ける。前作1stにはもっとキャッチーな佳曲がそろっていたと記憶しているが…。ただ当時はこの世界遺産レベルの声がシーンに戻ってきたという事実こそが重要だったのだろう。彼はこの後JOURNEY再結成に参加、「TRIAL BY FIRE」にその声を刻み込む。

MR.BIGはレンタルである程度聴いてそれほどのめり込めなかった身なので、手元に置くにはこの軟弱なベストで十分。この外盤は日本盤と違い、時代順に楽曲を並べてあって○。バンド本体よりもポール・ギルバートのカラフル&ポップなソロ作のほうが断然好きな不届き者の僕には、彼が歌う“Unnatural”の存在が嬉しい。和む和む。

さて、話題は変わって昨夜(てか今日の早朝)夜更かししてたら、偶然にも「ベストヒットUSA」にマーティ・フリードマンがゲスト出演しているのを発見!小林克也さんの質問が殆ど当を得ていなかったのにはガッカリしたけど、そこは流石マーティさん、相変わらずのサービス精神を発揮してたっぷりと楽しませてくれた。身長が足りなくてKISSのオーディションに参加できなかったってのはマジなの?(笑)

新曲“Simple Mystery”も紹介されなかなかの出来だったが、やっぱり嬉しいのがMEGADETH時代のPV。その“Symphony Of Destruction”は金をかけていないのがありありと分かる切ない出来ながら(笑)、デイヴ・ムステインのギラギラとした目つきにはやはり痺れる。この頃の編成が最強だと思っているファンも多かろうね。

TOP20のランキングにはDAUGHTRYやTHREE DAYS GRACEなどの名前が。それはなんとなく予想の範囲内だったが、びっくりしたのはあのBUCKCHERRYの“Sorry”が5位ってこと。しかもどうやらまだまだ上昇中っぽい。僕個人はバラードにさえヤケクソっぽさが溢れていた痛快な2nd「TIME BOMB」が3枚の中で一番好きだけど、これは実に喜ばしいニュースだ。しかし2005年のバラードがなぜに今頃?

最後にリクエストで流れたASIAの“Don’t Cry”のシュールなドラマ仕立てのPVには爆笑。名曲なのに。。

それと蛇足も蛇足ながら、マライア・キャリーさん(38)の肉感的極まりないPVを見て、その、まあ、男性特有の生理現象が…(笑)。すげー中身がギチギチと詰まってそうなカラダをしていらっしゃいますよね、彼女。ふくよかな女性が好きだとの意識は常日頃からあったのですが、これはまったくの不覚でございました。タイトルが“Touch My Body”ってのも確信犯的(笑)。実にけしからん(笑)。

【2008/03/28 16:33】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<先日の買い物 (IN FLAMES & NOVEMBRE) | ホーム | 夕方の独り言>>
コメント
通りすが郎さん

ご覧になっていますか。禁止項目を少し緩くしたので、おそらく書き込めるかと思います。
【2008/03/29 01:23】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
> むーじゅさん
了解しました。
返信ありがとうございます。

>“Sorry”が5位
バックチェリーの3枚目はhinderのように地道に全米ツアーをするというプロモーションが成功して去年100万枚売れプラチナ・アルバムを獲得しました。だから、今さら3年前のシングルがヒットしてもおかしくないと思います。
【2008/03/29 20:16】 URL | 通りすが郎 #/5Bg5sjM[ 編集] | page top↑
通りすが郎さん、コメントありがとうございます&お手数をおかけしました。

BUCKCHERRYの「15」はプラチナムだったんですね!不勉強で知りませんでしたが、ロードでの地道な活動が実を結んだのであれば素晴らしいことですね。

今回取り上げた“Sorry”も良いですが、僕は2ndのシークレット・バラード“Open My Eyes”が大好きで。叫び、喚き、噛み付くような荒々しい歌唱が身上のジョシュ・トッドですが、こういうロマンティックな曲もさらりとこなせるところがまた魅力的です。その意外な落差にヤラれるというか。

しかしBUCKCHERRYのようなR&Rど真ん中をいくバンドがチャートを席巻するのは何ともまあ愉快痛快ですなあ。
【2008/03/29 22:05】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/59-692fc115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。