スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
EMERALD RAIN (1999) / AGE OF INNOCENCE
emerald rain 1. No Saviour
 2. Desperate Heart
 3. Never Surrender
 4. Don't Tell The Rain
 5. Sleeping In The Fire
 6. Endless Grey
 7. Never Let You Go
 8. Barely Holding On
 9. Age Of Innocence
 10. Method
 11. Come Clean
                         12. Your Disguise

新譜を買う枚数が何となく減りそうな予感がする今日この頃だから、自分の長年愛聴している作品たちへの切々たる想いをちょいとまとめてみるのもありかな、と思い立った。ということで1枚目はEMERALD RAINのコレ。
出身地、音楽性、人脈、そして登場時期などからHAREM SCAREMの良質な焼き直し、きつく言えばエピゴーネンのような扱いを受けていた可哀想な彼ら。確かにハーレムと比べれば、Voの歌唱力は一段落ちるし(特に低域は明らかに弱い)、加えてプロダクションもハリー・ヘス&ピート・レスペランスのチームが作り出すあの重厚さ・爽快さにはとても及ぶべくもあらず、そうした冷ややかな見方を突き詰めれば、彼らを永遠の二番手・三番手と見る向きも理解できなくはない。しかし、彼らEMERALD RAINの音には中期以降のハーレムが手放してしまった「美意識」が備わっている。それを確認するためだけにでも彼らの音楽に耳を傾ける意義はあると思う。

バンド名一つをとってもそうだ。HAREM SCAREMから一時はRUBBERとまで名乗った「本家」の、(おそらく多分にハリーのパーソナリティに由来する)いくらか道化じみた自嘲的な響きはそこにない。名は体を表すと言うが、彼らの場合も同じ。そのことを証明するかのように、正直の上にバカがつきそうなくらい、彼らの音楽は目いっぱいの純粋さや素朴さを内包している。それを野暮ったく感じるか微笑ましく思うかはリスナーの好みと感性次第だが、僕の場合は、断然、後者だ。

3rdアルバム「PERPLEXED IN THE EXTREME」でも珠玉のメロディがたっぷりと聞かれるが、その表現技法にはややもすると粗さが見られるため、僕はより繊細で精妙な哀感が漂うこの2nd「AGE OF INNOCENCE」を強くお勧めしたい。と言っても、残念なことに僕はこの2枚にしかまだ耳を通していないのだが。

本作では、(すまない、やはり引き合いに出してしまう)初期HAREM SCAREMの音像をCAUGHT IN THE ACT(=GUILD OF AGES)、あるいはその師匠格のAXEの方向へ振ったかのような、透明感あふれる切ないドラマを全編にわたって堪能できる。幾重にも丁寧に折り重ねられたコーラスの美しさはまさに圧巻の一言。また、リードGもピート・レスペランス同様「歌えるギター」を小奇麗に奏でるタイプで(この辺も不幸にして物マネっぽさを煽ったのだろうか)、聴き所は十分だ。

そして、収められた12曲の色合いがほぼ統一されているのも、このバンドのキャラクターにはマッチしていて実に魅力的なのだ。まるで捨て曲はないが、特に“Don't Tell The Rain”やタイトル曲“Age Of Innocence”における(哀愁×爽快)の比率は神ワザ的ですらある。

最近のHAREM SCAREMのアルバムに8割がたは満足するけど、残りのところで微妙に肩透かしを食ったような気分になる人(僕がそうです)は一度試してみると病み付きになるかもしれない。少なくともこのアルバムにリスナーをやきもきさせる斜に構えたようなアティチュードは見当たらないから。地味だけど誠実、EMERALD RAIN、いかがっすか?

余談だが、このアルバム実は高校時代に友だちから借りたCDをMDに録音してからそれっきり。いまだに中古盤が見つからない。かくして僕はこのMDを7年間も大事に大事にずっと聴き続けている。そういう意味でも非常に思い入れの深い1枚なのでした。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2008/02/29 07:03】 | HR/HM 旧譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最近の買い物 (MESHUGGAH/DARK LUNACY etc...) | ホーム | 先日の買い物 (ROYAL HUNT etc...)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/50-d157d9a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。