スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
昨日の届き物 (ANNIHILATOR/HIM etc...)
NEW TROLLS (2007) / CONCERTO GROSSO TRILOGY LIVE (DVD)

ANNIHILATOR (2001) / CARNIVAL DIABLOS
ANNIHILATOR (2002) / WAKING THE FURY
DESTRUCTION (2003) / METAL DISCHARGE (Ltd.)
THE DUSKFALL (2005) / LIFETIME SUPPLY OF GUILTY
HIM (2003) / LOVE METAL
 

今回の買い物のコンセプトは「新品でも可能な限り安いものを探す!」、それに尽きる。で、DESTRUCTION(日本盤には未収録のMETALLICA&ENTOMBEDのカヴァーつき二枚組!)やDUSKFALLは\1000未満で買うことが出来ました。ANNIHILATORの2枚組はちゃんと1枚ごとにケースが分かれているのが嬉しい。合計で\8800ちょい。
ただまあこの注文、去年の暮れに頼んだものなんだよね…。やはりHMVの「~日で入荷します」をあまり当てにしてはいけません。結局一ヶ月以上かかっちゃった。ま、ほかにも聴くものはたくさんあったし、ここはじっと我慢の子で。結論としては一枚たりとキャンセルしなくて良かった。どれも一聴してクオリティの高さが判明する作品ぞろいで幸せです。

HIMはいままで聴いた中でもっともアグレッシブな一枚。もちろん耽美メロディをたっぷり織り込んだ聴きやすい音像は健在なり。一般的なHR/HMファンはここからHIMを聴き始めてもよいかも。

DUSKFALLは初体験。彼らの前身バンドとも言えるGATES OF ISHTARの「AT DUSK AND FOREVER」は聴いたことあったんだけど、Gの音があまりに薄くて萎えたあの頃とはもうまったくの別バンドと言っていいほど、すっかり垢抜けたメジャー感あふれるスタイリッシュなメロディック・デス・メタルを披露してくれている。僕は泣きメロ大好きっ子を自認しているけど、彼らの場合は安易な泣きに流れない硬派なセンスがむしろかっこいい。10曲で40分弱、すっきりと聴けます。

DESTRUCTIONも初体験。僕はこの作品を聞いてすぐにMEGADETHの初期2枚を想起した。けっこうメカニカルで引っかかりのあるメタルですな。彼らに関してはまったく詳しくないので、この作品がDESTRUCTIONにとってどういう意義を持っているかは分からないが、聞く前に抱いていた「(意図的に)バカっぽいヘドバン・スラッシュ」という失礼なイメージからは遠い音だ。ダニ・フィルス(CRADLE OF FILTH)にも近いシュミーアの特徴的な叫びは結構クセになりそう。“The Butcher Strikes Back”のデモが無茶苦茶かっこいいすね。

ANNIHILATORはVoがジョー・コミュー時代の2枚。うん、これぞ正統派のヘヴィ・メタルです。僕はジェフ・ウォーターズの都会的な叙情センスが大好きで、激烈なメタル曲の合間にふと挟まれる美麗なクリーン・トーンGには思わず拳を握ってしまう。やっぱいいね。「CARNIVAL DIABLOS」の#10“Epic Of War”では展開が突然MAIDEN化、ジョーの声もここだけディッキンソンそっくりになっているのが可笑しい。楽曲の幅が広い「CARNIVAL~」のほうがやや単調な「WAKING~」よりも僕好み。

いろいろ書きましたが、今回のハイライトはなんといってもNEW TROLLSの「CONCERTO GROSSO」3部作の再現DVDにつきます。このごろは涙腺が緩くなってしまって困っているのですが、これ見て泣くなって言うほうが無理です。曲が終わるたびに僕も観衆と一緒になって思わず拍手してしまいました。LEVERAGEよりもまずはこちらからレビューします。

【2008/02/06 16:02】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<NEW TROLLS (2007) / CONCERTO GROSSO TRILOGY LIVE (DVD) | ホーム | 最近聴いた音源たちの数々>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/43-e7c6870c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。