BURRN!2008年1月号感想
今月も愛読誌B!の感想をばちょっくら箇条書きで。まったくまとまりはないが気にしない。
・表紙のBON JOVIにはもう殆ど心がときめかなくなってしまったなあ。前作「HAVE A NICE DAY」は好盤だったけど・・・。ちなみに僕が一番好きなアルバムは「THESE DAYS」…ってこれも十分BON JOVIファンの本筋からは外れているのか。

・「リフを考える」企画を見て、僕がふと存在を思い出したのがHEAVEN ‘N’ HELL。これは最近復活したロニー様たちのアレではなく、2003年末に「SLEEPING WITH ANGELS」でデビューしたフィンランド産のバンド。まったく新人らしからぬその質の高さの割にHR/HMのコミュニティではそれほど話題になっていなかったような気がするんだけど、1曲目の’Turn Me Around’のリフは最高中の最高、ほかにもHRとHMのちょうど中間を行くようなエネルギッシュかつ味わい深い名曲が満載で(‘Take My Hand’なんかもうあなた!) もっと評価されてもおかしくない一枚だった。確か大メジャーのユニバーサルから出たんだっけ。あれからもう丸4年経つけどいまはどこで何をしていることやら・・・。

・さて、今回もっとも目を引いたのは毎年恒例のメロディック・ロック祭「FIREFEST Ⅳ」の記事。一日目は前夜祭的な要素が強いのか面子がやや地味かも。さておきこの中では、大衆性を十分に兼ね備えた(だからこの場に居るんだよね)メロディアス・プログレ・メタル・バンドTHRESHOLDを一度見てみたいな・・・・ってマック(vo)は脱退したの?なんと勿体無いことを。彼の特徴あるポップな声がTHRESHOLD独特の浮遊感ある空間作りに大貢献していたと思うのだが・・・。

グリメット先輩は相変わらずライブでは叩かれていてワロタ。

・2日目のラインナップはかなり豪華。まずはあまり評判が良くない組から。結構きついこと書かれているヨルン・ランデはここぞとばかりにMILLENIUMの名曲を演ればいいのに、彼の中ではもう封印された過去の1ページなのかな。でも未だ白蛇のカヴァーに頼ってるくらいなら、ね。それと非常にお節介ながらもう少~し外見に気を遣われたほうがよろしいのでは。色んな意味でちと怖いぞ。

・それとHAREM SCAREMはイギリスでも空気の読めない選曲が叩かれてますな。しかし「FIREFEST」を見に来るくらいのメロディック・ロック・マニアになると、欧州人でも“メロディアス”の感覚が日本人のそれと似通ってくるんだね。その点にはなんだか安心した。

・口を開けたヒューゴはやっぱりあの人にそっくり。これで燕尾服着てれば完璧だったな。

・限定復活のTYKETTO見たかった!!自分が聞きたい曲はほぼ全部やってくれてるじゃないの。TYKETTOと言えば1st「Don’t Come Easy」の’Forever Young’ ~’Wings’ ~ ’Burning Down Inside’のアタマ3発はどう考えてもメロディック・ロック史上に残る奇跡の名演もちろん’Standing Alone’や’Sail Away’も最高だし、いくらか印象の薄い2ndにもタイトル曲や’Resque Me’、’Catch My Fall’、’Meet Me In The Night’などなど彼ら独特のリズミックな和み系(?)の佳曲がたっぷりで、改めて素晴らしいバンドだったと再確認。もうこれで本当に終わりなの?だったら何か変な方向に行きかけてるSURVIVORを助けてよ、ダニー・ヴォーン先生。

・そしてトリは再結成FM!!うあ~’Bad Luck’から’Closer To Heaven’てな流れの字面を見ただけで昇天しそう。もう少し傑作2ndから選曲されてればなお良かっただろうけど。特にマーク・フリーも歌ってた切なすぎる名曲’Someday’あたりをね。この曲、僕はハイトーンでの絶唱が麗しいマーク・フリー・ヴァージョンから入ったけど、節回しの巧みさと絶妙な哀感の醸し出し方で心を鷲掴みにするスティーヴ・オーヴァーランド大先生verも最高なのだ。現在動かしているLADDERや SHADOWMANだって当然悪くないけど、やはり彼が帰るべき家はFMなんじゃまいか。で、来年も出演する意向を決めたっぽいすね。こんなにも彼らの復活を待ち望んでいた人々が居るのだから、この流れに乗って真の復活を期待!

・てかイギリス行ってみてえ~。まだ欧州には足を踏み入れたことがないんだよなあ。でもこれからは燃料代が上がる一方だからますますフライトが難しくなるのかOTL

・インタビュー掲載を機に正直に告白しますが、僕はまだSAXONの音源を一度も聞いたことがありません。妙にマニアックなものには耳を通しているくせに、実は基本の「キ」とされるものを意外と外していたりします。いま思いつくだけでも、ジェフ・ベック、SLADE ・JETHRO TULL・デイヴィッド・ボウイ、BAD COMPANY・ELP・YES・RUSH・DIO・RATT・POISON・TWISTED SISTER・RAVEN・TANK・EXODUS・VOIVOD・DESTRUCTION・VENOM・CELTIC FROST・CANDLEMASS・TROUBLE・MORBID ANGEL・DEATH・CARCASS・AT THE GATESなどなど。うーん、まだまだメタル人生は道半ば。精進せねば、なんつて。

・割と近くに居を構えながら都合でLOUD PARKに行けなかったのは痛恨の極み。THERION怪しい!クリスティーナ・スカビア(LACUNA COIL)やっぱエロい!ALL THAT REMAINSかっこいい!…くう。

NIGHTWISH来日決定か…。アネットおねーたまが過去の名曲をどう料理するのか、新たなNIGHTWISH像をどのように築き上げていくつもりなのか、こりゃ是非とも見てみたいが、2月のMAIDENのほうにもお金をとっておきたいんだよなあ。うーむ、貧乏学生のつらいところよ。

・HELLOWEENからは興味が遠のいて久しいが、マーカス・グロスコフ主導のベース弾きプロジェクトは結構面白そう。独スラッシュの重鎮シュミーアとトム・エンジェルリッパーが一枚の写真に納まるなんてかなり珍しい?

・「はみだしレビュー」の欄に載ってるEYEWITNESSはぜひ聴きたいぞコノヤロウ。てかラルフ・サントーラはそろそろメロディック・ロックの世界に戻っておいで。あそこまで僕好みのロマンティックな感性を持つ作曲家&ギタリストはアメリカ中探してもそうは見つからないぜよ。ソロアルバムや幻の(?) MONARCHも集めたいなあ。

・MEGADETH来日の記事はむしろサポートのBREED 77のほうが気になる。買おうかどうか結構迷ったんだよなあ「IN MY BREED」。実は案外ラテン系の音楽にも興味ありあり。例えばNUCLEAR VALDEZだのルーク・モーリーのソロだのエンリケ・イグレシアスだのDREAM THEATERの’Hollow Years’のスパギだのには心がキュンとときめくのよ私。

・国産ではANTHEMHEAD PHONES PRESIDENTも聴きたい!ANTHEMは再結成後の「OVERLOAD」しか聴いたことがないんだけど、結構いい曲が詰まっていた記憶があるんだよな。HPPはAnzaさんのちょっと病んでる感じに惹かれますね。あまり近づきすぎると火傷しそうな雰囲気もありますが。

・今月の新譜で確実に購入するのは前作が素晴らしかったLAST AUTUMN’S DREAMのみ。大野さんのレビュー見るとSIXX:A.M.もかなり気にはなるんだけど…実は今月はじめに愛用していたチャリンコがとうとうお陀仏して、約¥18000もの出費が これはまったくの予定外でど凹みだったんだけど、僕の住む街では自転車がないととても生きて行けないからやむなし。NEW TROLLSはCDじゃなしに通常盤のDVDを買おうっと。

・最後にそのLADに一言。インタビューの写真を見るとミカエル・アーランドソン以外のメンバーのTシャツがそれぞれFAIR WARNINGTALISMANTREATって…おまーらLADにほとんど心あらずだろ!!(笑)そんなことだから所詮は日本限定の金稼ぎ集団だって揶揄されんのよ。来日を果たしたとは言えレコーディングの過程なんか見てもやっぱ全然本当のバンドっぽくないもん・・・まあそれでもいい曲を書いているうちは騙されてあげるけど!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2007/12/14 15:21】 | BURRN!誌 感想 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<先日の買い物 | ホーム | 昨日の買い物>>
コメント
B!は買っていないのですが、非常に読んだ気になったw(毎月たのんますw)

噂でヨルンの叩かれ記事は聞きましたが、まぁ、残念ながら当たらずとも遠からずといったところでしょう。声がかっこいいだけに、あれはないね。
HAREM SCAREM とFMも好き。(詳しくはないけど)オーヴァーランド先生しか知らないんですが、最高ですな、激しく同意です。切なく苦しく締め付けられる声たまらん。

このお祭り行きたかったなぁ。

LADのシャツの件 ワロタ。画像探しの旅に出ます。(つか、買えよってw)
【2007/12/15 00:18】 URL | JMJ #9wbkgK9.[ 編集] | page top↑
JMJさん、お久しぶりです~。コメントありがとうございます。ヨルン&AVANTASIA関連の情報はちゃんとそちらでチェックさせてもらってますよー。AVANTASIAは正直1stにはそれほど感銘を受けなかったのですが2ndでの成長が著しかったので、両方とも中古で入手した僕も今度は新譜で買おうかなと思ってます。楽しみですね。

LADの写真には彼らの音楽性と同じく妙な哀愁が漂っていましたwぜひ本屋さんで覗いてみてください。

スティーヴ・オーヴァーランドの声には温もりと情感がた~っぷりと込められていて僕も大好きなんです。聞くたびにとろけちゃいます。反面、曲が大したことなくても声に騙されていい曲だと洗脳されることもしばしばございますがw

HAREM SCAREMは以前記事にも書いたのですが、是非1st「HAREM SCAREM」と2nd「MOOD SWINGS」をお聞きください。ブックオフに行くと大抵¥250で売られていますんで(すでにお持ちでしたら失敬)。プチ情報なんですが、トビアス・サメットも実は初期ハーレムのファンなんですよ。いつぞやのB!の来日こぼれ話にこっそり載っておりました。

ヨルン・ランデって面構えに似合わず(失礼)、そのルーツの主要部分がAOR/産業ロックに拠っていると認識していますが、MILLENIUMではその素養の一端が示されて(その上ラルフ・サントーラとの相性も最高で)本当に素晴らしい出来になっていましたよね。

ただ、彼がその本領を最大限に発揮するのはもしかしたらそうした「聖」の楽曲よりも、少しダークがかった「邪」の楽曲を歌うときなのかな、という気もします。

ニコロ・コツェフのロック・オペラは聞かれましたか?僕はもちろんJMJさんほどヨルン関連の作品には触れていないのですが、何故かこれは高校時代に入手していて。

で、僕が度胆を抜かれたのが1枚目の#10'Inquisition'。ここではヨルン扮する宗教裁判官が、かのジョー・リン・ターナー演じる主人公ノストラダムスを「この異端野郎!」と激しい口調で詰問するのですが……もうこの時のヨルンの熱唱の格好よさといったら筆舌に尽くしがたい程、まさに歌神、いや鬼神って感じで鳥肌が立ちました(こう言っちゃアレですが完全に相手のジョー・リンを喰っちゃってます)。このショックもあってか、個人的にはこういう悪いヨルンwにもまた強く引き付けられるんです。

とは言ってもやっぱり爽やかに歌い上げるヨルンも最高なわけで……(どっちやねん!ww)「FIREFEST」のようなメロディック系フェスではお得意のダークな一面は封印してもらってwどんな曲でも歌いこなせる最強のオールラウンダー・シンガーとしての地位を確固たるものにしてほしいですね。しかしMILLENIUMの曲を持ち駒にしてないのはやはりつくづく勿体ないなぁ。

B!に突っ込みを入れまくりながら読むのが僕の趣味なのでwまた来月以降も偏りに偏った感想を書いていこうと思います~。またお付き合いくださいませ。

【2007/12/15 06:07】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
HAREM SCAREMはもちろん「MOOD SWINGS」をお持ちですよw
なぜなら、誰もがコレを強く推すからだ。
そして、私も御多分にもれず激しくイイと思っています。
テンポと 澄んだギターの音と 適度な重み、分厚いコーラスとヴォーカルの声が自分にストライクなんですよ。
カナダっていうところも、覚えやすかったですし。
フィオーレも、知らずに好感度高かったですよw

で、ヨルンの「どっちやねん!ww」ですけど、非常によくわかります!
私も実は、悪いヨルンが好きなんです。
ノストラダムスでは、鬼気迫る、まさに鬼神。
いい役もらったな!てか、うまいキャスティングだと思ったし、応えちゃってるじゃないですか。
プロジェクトに引っ張りだこな彼ですが、どんな要求にも応えてますもんね。表現力の幅がずば抜けている。
悪いヨルンを堪能するなら、「BEYONDTWILIGHT」もいいかと。ただ、好き嫌いのはっきり分かれるバンドかと。(ヨル専で、試聴あるんでよかったらw)

でもでも、でもでも、同じくMILLENIUMが最高にすきなわけでw
ライヴで歌えば好評なのまちがいないのにねぇ!!

ハァハァ 人様のコメント欄で書き散らしまして、申し訳ないです。
かなり発散できました。
【2007/12/18 00:28】 URL | JMJ #9wbkgK9.[ 編集] | page top↑
いまノストラダムスを聞き返していますが、やっぱり素晴らしい!ライナー読むとヨルンはあのロニー・ジェイムズ・ディオの代役みたいですね。こりゃすごい。まー選んだニコロ・コツェフがいいセンスしてます。あの歌唱の存在感は、元祖!歌神のグレン・ヒューズとタメ張るって言っても過言ではないかと。

BEYOND TWILIGHTも気になりますねー。そうですか、これも悪いヨルンwですか。確かスロー・テンポ主体の重くドラマティックなメタルってイメージが。くぅ、聴いてみてえ~。てかソロ作もARKもVAGABONDもSNAKESも欲しいぞう!どうですか、お金ナイナイのくせにこの欲望の際限なき溢れっぷりは!ww

あと、少し未練がましいですが天才貴族wイングヴェイ・マルムスティーンともし喧嘩別れしてなかったらと、僕は今でもちょっと思っちゃいます。ヨルンの歌う'Rising Force'聴いてみたかったなぁ……。
【2007/12/18 02:15】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/34-0c139210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |