L.R.S. (2014) / DOWN TO THE CORE
LRS.jpg 01. Our Love To Stay
 02. Livin' 4 A Dream
 03. I Can Take You There
 04. Never Surrender
 05. Almost Over You
 06. Shadow Of A Man
 07. Universal Cry
 08. To Be Your Man
 09. Down To The Core
 10. I Will Find My Way
 11. Waiting For Love 12. Not One Way To Give

ジョシュ・ラモス(THE STORM, TWO FIRES etc..)とマイケル・ショットン(VON GROOVE)を組ませるまではいかにも「Frontiers」的な人選だが、まさかラストピースに隠遁生活中(?)だったトミー・ラ・ヴェルディ(21 GUNS)を引っ張り出してくるとは驚いた。彼が歌った"These Eyes"や"Just A Wish"は本当に名演でしたね。というわけで期待に胸ふくらませつつ購入。

音楽的にはJOURNEYを小型にしたような安心の80's 産業ロック路線で、キラーこそないものの粒の揃った秀作。どこかVON GROOVEを思わせる"Livin' 4 A Dream"や、ショットンの作曲能力の高さを示したシリアスな"Universal Cry"などがお気に入り。

気になるラ・ヴェルディの歌声は往年よりも「丸まり度」を増していて(抽象的でゴメン)、初めは音楽とのミスマッチ感を少々覚えたのだけど、聴き進めていけば何のことはない。カドのない柔和な表情の声にただただ癒されるばかり。いいね。


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2014/06/02 21:52】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2015年の新譜まとめ | ホーム | RUBICON CROSS (2014) / RUBICON CROSS>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/314-ec60baf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |