今日のBGM・その19
USER (2006) / FREEWAY

ひっさびさに聴いてみて、リンダ・カールステッドの声の可愛さにしばし悶絶。彼らには不似合いな重めの曲も、彼女のしなやかさ・軽やかさによって救われている。オープニングの"Don't Stop Loving Me"は永遠の名曲。この出来をもってしてもさほど売れなかったのはホントに残念。

DARK TRANQUILLITY (2002) / DAMAGE DONE

この頃の"The Treason Wall"っぽいMAIDENがかった粗めのメタル曲はもう書いてくれないのかな。「WE ARE THE VOID」は死ぬほど高品質な作品なんだけど、あまりにも優美に洗練されていてほとんど心に引っかかってこなかった。僕にとってのDTはここから「CHARACTER」にかけてがピーク。新作の出来はどうでしたか?

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2013/06/17 21:21】 | 今日のBGM | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日のBGM・その20 | ホーム | 今日のBGM・その18>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/303-dadb1bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |