スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2006年度 best albums & tunes
いやいや、ブログって案外面白いかもしれない
アレンジやら何やらを勝手に綺麗にまとめてくれるから、何だか自分が凄い事をやっているような錯覚に陥りますなー。

と、いうことで調子に乗って本日三回目の落書き。徐々に文体&文章構成が崩れていってるのがよく分かる(笑)。

さて、僕も典型的なメタル村民の例に漏れず某B!誌を愛読しておりまして。編集方針とか何とかに言いたいことは数多くあれど(いつか記すことになるでしょう)、まあそれでもなんだかんだ文句を言いつつ、やはり心からは憎めない愛読誌なわけですね。いまとなっては、ちゃ~んと発売日に買わなきゃ気が済まない立派なメタル・スレイブに自己調教済みなのであります。ぶってぶって。

で、毎年楽しみにしているのが毎年4月号恒例の人気投票!
と言っても、読者投票そのものより、その後ろにくっついてる編集部員さん&ライターさんが選出する年度10選が本当にいつも興味深くて。僕も当然ながらそれを眺めつつ、こっそりと自分なりのベストを選んできたわけですよ。

ところが先述の通り、現在僕の周りにはメタラーの紳士・淑女がおりませんで、得意げに発表する機会もなくメタル年齢7歳の秋を迎えてしまったわけですねorz

しかし、せっかく慣れないブログにやっとこさ手を出したからには!率直に申し上げて、セルフバーニングランキングをやりたいがために開設したといっても過言ではないのです!全国で2人くらい見てくれたら幸せかもしれない!

ということで手始めに去年、2006年度のベストアルバムと楽曲を。

<2006 BEST ALBUMS>
①WIG WAMANIA / WIG WAM
②CHRIST O / VANDEN PLAS (import)
③FREEWAY / USER
④THE DIARIST / DARK LUNACY
⑤SILENCE / A.C.T
⑥SATURN SKYLINE / LAST AUTUMNS’ DREAM
⑦COME CLARITY / IN FLAMES
⑧HUMAN NATURE / HAREM SCAREM
⑨WAITING IN THE WINGS / SEVENTH WONDER (import)
⑩RUNWAY TO THE GODS / ZENO

<2006 BEST TUNES (in alphabetical order) >
①The New Order / BLIND GUARDIAN
②Generation Jedi / FAIR WARNING
③Dynamo / FINAL FRONTIER
④Arriving Somewhere But Not Here / PORCUPINE TREE
⑤Tell Me Baby / RED HOT CHILI PEPPERS
⑥Time / STRIDE
⑦Fame And Fortune / SUNSTORM
⑧Talkin’ Bout Love / SURVIVOR
⑨I Wish I Could / USER
⑩In My Dreams / WIG WAM


おお~、こうして並べてみると何だかそれっぽいすね。うーん、やっぱりブログってすごいんだなあ。ちなみに楽曲はアルバム10選以外からチョイスしました。ここいらもちょっとB!誌ふう。

軽く寸評すると(重複形容?)、アルバム上位3枚はまさに甲乙つけがたし。WIG WAMは当然「HARD TO BE A ROCK N'ROLLER」も素晴らしかったのだけど(実際僕にとってのkillerはこっちのほうに多い)、バラードの質の高さと全体の構成の妙で2ndに軍配。VANDEN PLASはお願いですから日本盤を出してたもれよ。ちとプログレがかった粘っこい色気のあるHMはもはや孤高の域に達していますよ。USERは1stと同様、切なさと甘酸っぱさ全開のガールズ・ポップ・ロック。もっともっと幅広い層のリスナーがこの素敵さに気づかなきゃ嘘だ。この3枚には90点くらいあげていいな。

DARK LUNACYはウリとされる弦楽器アレンジ云々より、暴力性の純粋な発露としての一面を持つメタル・ミュージックのツボをきちんと抑えたリフ&曲作りに感心。上手いよ、シレノス。A.C.Tは特に組曲'Consequences'のテーマメロディの美しさに脱帽。それから、SEVENTH WONDERは今後が楽しみなメロディアス・プログレ・メタルの新鋭として是非ご注目を。ギターはネオクラふう、歌メロはちょっとD.C.クーパーぽいのよ(あれほど上手くも熱くもないけど)。楽曲10選のアルバム以外だと、AMORPHIS「ECLIPSE」、STREET TALK「Ⅴ」あたりをよく聴いたかな。聴いた絶対数が少ないので、のちのち中古盤で穴埋めしていきましょう。ランキングもあくまで現時点での途中経過ということで。

ちょっと期待はずれだったのがFAIR WARNING「BROTHER'S KEEPER」。当然悪くはないが過去4枚のどれにも及ばない出来で少し肩透かし。

完全に外されたのはQUEENSRYCHE「OPERATION:MINDCRIMEⅡ」とEVANESCENCE「THE OPEN DOOR」。悪口は書きたくないので詳しく言及はしないが、結構つらい内容だったなあ。特に前者はこの出来で続編扱いするなんて、と愚痴の一つもこぼしたくなる。

でも、全体的には小粒ながら良作が揃った1年だったのではないかな。
あー、言いたいことが言えてすっきりした!!ブログ開設の目的が半分達成された気分です(笑)。他の年度に関してもおいおい書いていこう。

今日のBGM②
Gonna Get You Someday / WIG WAM
先輩メタラー諸氏からすれば、「これ何てBON JOVI?」と言いたくなるのかもしれませんが、良いんです、楽しければ。良いんです、聴き手を幸せにしてくれればそれで。僕が生まれた頃に世間を賑わせていた(らしい)華やかなりしHR/HM黄金時代の一つの美点(=ポップであることを恐れたりしない)を、照れも衒いもなく素直に受け継いでくれた本当に貴重なバンドですよね。サビメロは一発で覚えました。大好きだぜ!



【2007/10/01 19:12】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<NIGHTWISH (2007) / DARK PASSION PLAY | ホーム | HR/HMとの出会いを振り返ってみる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/3-7b7888a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。