スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1週間ぶりの独り言
・ああ、何にも考えずダラダラと書き下ろすこの形式に染まりつつあるなあ。

・ストラト新作、“Halcyon Days”のチャラいアレンジが素晴らしいっすね。

・“Dragons”のサビメロには一周目で瞬殺されたし。

・“Kill It With Fire”が日本盤限定というのも太っ腹。

・最終盤、涙を絞り取られそうな“If The Story Is Over”から、戦火ジャケそのまんまの高揚感にゾクゾクするタイトル曲へ連なる流れは、前作の大曲“Elysium”の衝撃になんら引けを取らない。

・話は変わって。かの「FIGURE NUMBER FIVE」以来、久々に聴いているのがSOILWORK。

・その「FIGURE~」で良くも悪くも「型」を完全に作り上げてしまったなと感じた僕は、その後の作品とはなんとなく疎遠になっていて。

・いつかレビューしたように、僕のお気に入りはメロディック・ダーク・スラッシュの大傑作と言うべきアグレッシブな3rdなので。

・今回買ったのも単に2枚組で¥1300という外盤の値段に釣られたから。

・マーキーさんごめん。

・まだ2・3周しかしていないけれども、これ、なかなかいい作品じゃないですか?

・全編にビシリと芯を通すビヨーンの上手さ、ていうか「巧さ」はもちろん、ちょいちょいと琴線に触れるアレンジの豊富さに感服。

・2枚組にしたバンドの決断を100%支持できるかどうかはさておき、ほとんどの曲が一定の水準を超えているのは間違いないかと。もう少し聴きこんでみよう。

・最後はW.E.T.のお話。どうやら日本盤ボーナスが素晴らしい曲のようで…ちと早まったか。

・ただ、以前の独り言で書いたように、本編は無難に落ち着きすぎちゃったかなあ。

・具体的に言うと、前作にあった「ビールのCMで使えそうな楽曲」(大野さん@B!誌)がほとんど見当たらないのが食い足りない。

・“One Love”に“Invincible”、そして“My Everything”みたいなさ。

・WORK OF ARTとECLIPSEの現時点での新作が本当に素晴らしかっただけに、ハードルを上げすぎてしまったのかしら。

・もし3rdが作られるのなら(そうであって欲しい!)、その時はあの分かりやすい爽快感と、ワクワクするようなスケール感の復活を希望!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2013/03/24 21:13】 | 独り言シリーズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<SHYLOCKの新譜が素晴らしい! | ホーム | 2週間ぶりの独り言>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/281-890b4061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。