新譜の小レビュー×2 (CIRCUS MAXIMUS, IT BITES)
CIRCUS MAXIMUS (2012) / NINE
IT BITES (2012) / MAP OF THE PAST


お次は技巧派の作品を2枚ご紹介。

circusmaximus2012.jpg まずは新世代プログレメタルの筆頭格たるCIRCUS MAXIMUS待望の3rd。本作でも「メロディアスであること」を「主」、「プログレッシヴであること」を「従」とした、非常にとっつきやすい音楽性は健在で嬉しい。その核になっているのは言うまでもなくマイケル・エリクセン(Vo)。歌唱表現力の高さ・抜群のリズム感はもちろんのこと、声質そのものがポップかつクリアなのも大きな武器で、世界中の同系統バンドが「こんなVoが欲しい!」と羨望の眼差しを送っているに違いない。楽曲的には中盤に配された開放感あふれる“I Am”、非常に爽やかなテーマメロディを持った終曲“Last Goodbye”の存在感が際立つ。加えて、聴き始めはピンと来ないような地味目の楽曲にも実は魅力的なメロディが仕込まれており(“Namaste”なんか好例)、ちょっとしたスルメ盤とさえ言えるかもしれない。ただ、衝撃の2nd「ISOLATE」に比べると、聴き手を彼らの懐深くへとグイグイ引きずり込んでいくような濃密な物語性/ダークがかった神秘性は薄れたような気がする。“Used”や“Burn After Reading”などで聞かれるスリリングな間奏パートがやけにDREAM THEATERっぽいことも、そうした「磁場」の減少に繋がっているのだろうか。僕個人の所感はさておき、再び何かを語りたくてウズウズするプログレメタル作品を作ってくれたのは確かなので、あとはぜひご自身の耳で中身を確かめていただきたい。


itbites2012.jpg 2枚目は前作「THE TALL SHIPS」(レビューはこちら)が2009年の年間ベスト作品になったIT BITES。キャリア初のコンセプトアルバムとのこと。その前作が非常に眩しい色彩感覚を目の前に呼び起こす鮮烈な作風だったのに対して、本作ではセピア色に統一されたどこか懐かしい音楽を聞かせてくれるという印象。ジョン・ベック(Key)と並んで、もはや立派な中心人物と言えそうなジョン・ミッチェル(Vo,G)のマイルドな声もこの路線にピッタリ。派手な演奏をあえて控えたような穏やかさが単調に響く瞬間もあり(魅惑のVoハーモニーも今回はかなり抑え目)、山あり谷ありのアルバム構成があまりにも素晴らしすぎた前作と比べると率直に言って分は悪い。が、各曲を見ればさすがに良いものを揃えている。特に4曲目の“Clocks”は「子守歌系」の楽曲としては最高級品に属する名曲で、あまりにも温かくて優しすぎるメロディに恥ずかしながら涙腺が緩んでしまった。ミッチェルの素朴な声にじっくり浸るための歌モノアルバムだと考えれば、これはこれでアリ。というより前作があまりにも凄すぎただけ。ボーナス盤のライヴ6曲は「IT HAPPENED ONE NIGHT」というDVDの音声をそのまま使っているが、こちらも聴き応え十分(6曲で57分!)。日本盤収録のボートラ“Come On”はどんな曲なんだろう?

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2012/07/22 21:40】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<2012年のお買い物(新譜32枚) | ホーム | 新譜の小レビュー×2 (H.E.A.T、THE RASMUS)>>
コメント
お久しぶりです。
CIRCUS MAXIMUSは購入。
初めて知りました。有名なんですね。
The Magnificentでマイケル・エリクセンを知ってからの~で入り方が逆だったのですが
2曲目聴いてなんだこのDream Theaterは?が第一印象でした。
良いバンドだと思いました。
It BitesはThe Tall Shipsしか持っていないので機会があったら是非購入してみたいと思います。
【2012/10/31 00:48】 URL | thunder #OARS9n6I[ 編集] | page top↑
thunderさん、お久しぶりです。せっかくコメントを頂いていたのに長らくそのままにしていて申し訳ありません。

CIRCUS MAXIMUS、いいでしょう?thunderさんのようにメロハー系を愛されるリスナーさんにはぜひ前作の「ISOLATE」も聴いていただきたいです。特に“Abyss”と“Arrival Of Love”の2曲は、なまなかの技巧偏重型プログレメタル・バンドにはとてもじゃないけど作りえないメロディを持っていますから。逆に僕はTHE MAGNIFICENTをまだ聴いていないんですよね。折を見てゲットしたいと思います。

IT BITESの新作は前作にも増して穏やかな癒し系ポップロックの秀作です(僕は前作のほうが好きですが…)。こちらも機会があれば、一服の清涼剤としてぜひどうぞ。なんちゃって、もう買われているかもしれませんね。
【2013/01/01 19:13】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/274-66de0920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |