スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
去年のお買い物・その2 (PAIN CONFESSOR、TAKUI)
PAIN CONFESSOR (2006) / FEARRAGE
TAKUI (2004) / VIVAROCK


上が¥500で下が¥250なり。

フィンランドのPAIN CONFESSORはこれが2ndアルバムだそう。日本盤のライナーでB!誌の前田さんがご指摘の通り、ノーザンメランコリーな哀感を湛えた音楽性はSENTENCED直系といって差し支えないだろう。4曲目の“Fall On Evil Days”なんかすぐさま「AMOK」の世界観を思わせる。ブルータルすぎず耽美すぎずの絶妙なラインを行き交うこの路線は「どっちつかずの中途半端」という評価を下されてしまいそうだが、僕はけっこう好きだなあこれ。タネリ・ヤルヴァとスパイスを足して2で割ったようなムサい野郎系のVoは要所できちんと歌えるし、Gコンビのメロディックな仕事も○。正式メンバーとして抱えられているKeyも暗黒空間の演出家としていい働きぶり。地味ながら、ボディブローのようにじわじわとメロディが効いて来る非常に良質なメタルを作っていると思います。

1st「NUCLEAR SONIC PUNK」で洋楽志向のメタラーの僕をもトリコにしてくれた日本人ロッカーTAKUI(中島卓偉)の2004年作。いやあこれまた実に素晴らしい。その1stよりもヘヴィな感触は押さえ気味ながら、やはりどことなくZIGGYに通じる色鮮やかなポップンロールをバラエティ豊かに聞かせてくれて嬉しい。何せ歌がホントに伸びやか、かつメロディがいちいちアホみたいにキャッチーなものだから、その強引すぎる説得力に無理やり飲み込まれてしまうのを止められない。最初は正直言って気恥ずかしさを覚える「青さ上等!」な等身大すぎるメッセージも、何度か回して聴き慣れてしまうとむしろ快感…かな(笑)。本作で特に秀逸なのは6曲目の“鼓動”で、モラトリアム期の若者の焦燥感を完璧なまでに切り取った歌詞(と、僕には読めた)、あまりにも切ないメロディライン、それらを引き立てる軽めのリズムアレンジ、まさに三拍子揃った名曲。YouTubeで見つからないのが残念。まるでキンモクセイみたいにレトロな歌謡曲の“言葉に出来ない”も面白い。調べてみるとこの人はかなりの多作のようだから、じっくりコツコツ集めていこうかなと思っております。


(おまけ)

PAIN CONFESSOR / Fall On Evil Days

単なるSENTENCEDフォロワーにとどまらないセンス。


TAKUI / 蜃気楼

これぞJ-ROCKの王道!理屈抜きのカッコよさ!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2012/03/25 19:41】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<生きていますよ、の独り言 | ホーム | DESTROPHY (2011) / CRY HAVOC>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/270-769e975f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。