新譜の小レビュー×4 (BLOODBOUND etc...)
BLOODBOUND (2011) / UNHOLY CROSS
SUIDAKRA (2011) / BOOK OF DOWTH
VINTERSORG (2011) / JORDPULS
WHILE HEAVEN WEPT (2011) / FEAR OF INFINITY


すべて新譜。BLOODBOUND以外は予備知識ほとんどなしの状態で冒険してみました。理由は当然どれも安かったから&直感。すべて外盤で合計¥2900ちょい。

bloodbound.jpg 僕としては「あのSTREET TALKの」と説明したいフレデリック・バーグ(Key)率いるBLOODBOUNDの4thはビックリの¥609なり。彼らの作品を聴くのはマイケル・ボーマンが参加した好盤2nd「BOOK OF THE DEAD」以来。当時の怪しい黒塗りメイクこそやめているが、ジャケの気持ち悪さは不変。と同時に、MAIDEN&HELLOWEENからの影響をまったく隠そうという気配のないメロディック・パワーメタルの教科書的な曲作りもこれまた健在で一安心。パトリック・ヨハンソンなる新Vo(「んにょお~!!」の彼とは同名異人)の声が「パワー15%減のトビアス・サメット」という感じなので、自然とかつてのEDGUYの姿もチラつく。疾走曲に頼らなくてもきちんと聞かせられる力量が二線級との違いか。大好きな2ndと比べるとやや落ち着いた作風に少々の物足りなさを感じるものの、それでもこの手のファンなら聴いて損はしないはず。終曲“Unholy Cross”のサビメロが実に素晴らしい。


suidakra.jpg 「PAGAN / FOLK meets MELODIC DEATH METAL」のステッカーが躍るSUIDAKRAはドイツのベテランバンドだそう。ボートラ入りデジパックが¥810。音楽性はおおむね宣伝の通りだと思うが、例えばリードトラックの“Dowth 2059”やラスト前の“Fury Fomoraigh”でふと聞かれるGの刻みはメロデスというよりちょいと同郷のHELLOWEENぽかったり、女性Voに1曲まるまる主役を託した牧歌曲があったりと、僕のようなフォークメタル門外漢でも構えることなく聴ける敷居の低さがこの作品の魅力になっている気がする。随所で導入されたアコギの響きも美しい。既発曲をアレンジし直したらしいボートラのクラシカルなインストは別にあってもなくても。ん?この特徴的なバンド名は中心人物のArkadius氏を逆から読んでいるわけ?なーるほどね。


vintersorg.jpg おそらくMr.Vintersorg氏のソロプロジェクトと思しきVINTERSORGは¥700なり。歌詞は現地語(スウェーデン?)。この人がどんな経歴の持ち主なのかよく調べないまま記事にしてしまうけども、ほとんどのパートを独りでこなした旨のクレジットを見る限りかなりマルチな才能をお持ちのよう。基本は民謡メタル、ブラック風味。上記のSUIDAKRAよりもさらに攻撃性の薄れたシンプルな音像だが、その分だけ根っこのメロディの良さが素直に届いてくる非常に聴きやすい一枚。2曲目(読めない!)の哀メロは一発で気に入った。全編を通してノーマル声&Voハーモニーの上品な響きがとても印象的で、濁声パートは下手したらいらないくらい。細やかなこだわりを感じるアレンジもソロ作らしい自由度の高さで、「プログレッシヴ」と形容したくなる場面もしばしば。これは掘り出し物かもしれぬ。


whileheavenwept.jpg アメリカの7人組WHILE HEAVEN WEPTは美しいジャケにつられて¥800で購入。年代バラバラのクレジットから判断するに再録ベスト的な作品か、あるいは眠っていたデモの数々をきちんとレコーディングしたものなのか。何にせよ、ヴァージニア州に居ながらにして湿り気たっぷりのヨーロピアンな音を志向している人たちだ。その中身を上手く言い表すのはちょい難しいが、ロマンティックな重厚さの演出振りはおそらくロニー期SABBATHを一番の手本にしているのではないか。例えば “Saturn And Sacrifice”なんかはかの名曲 “Children Of The Sea”を彷彿させてとても良い。惜しむらくは、速度の上がるパートでVoがしばしば音を外しているように聞こえるところ(声質そのものは悪くない)。ドゥーミーにしてメロディアスな音楽性はいまどき貴重だと思うので、ちょっとその動向に注目してみたいバンドだ。

【2011/12/12 23:08】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新譜の小レビュー×4 (PENDRAGON etc...) | ホーム | TOBY HITCHCOCK (2011) / MERCURY’S DOWN>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/259-13997ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |