スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新譜の小レビュー×3 (TURISAS etc…)
DAVID COOK (2011) / THIS LOUD MORNING (deluxe edition)
KARMAKANIC (2011) / IN A PERFECT WORLD
TURISAS (2011) / STAND UP AND FIGHT


この形式の記事を増やそうと思っている新譜の小レビュー。外盤3枚で¥2600くらいだから悪くないはず。今年は久しぶりに結構買っています。

davidcook2nd.jpg  かのモンスター番組「アメリカン・アイドル」出身にもかかわらず、浮付いたところのまるで感じられないその真っ直ぐな音楽性が好感度・大だったデヴィッド・クックの2nd(日本盤も発売された1stのレビューはこちら)。この作品でも「シングルヒットで一発ミリオンセールス狙ったる!」みたいな商売っ気はほとんど感じられず、タイムレスなニュー・アメリカンロックをゆったりと楽しめる。言い換えればこれぞの1曲には欠けるわけだけど、アルバム全体をじっくりと聞かせるこの職人的な路線ならほとんどキズにはならない。どの曲も、昔から知っているように錯覚するほど優しく懐かしくスッと胸に染み渡ってくる。非常に控えめなストリングスの使い方にも「らしさ」が表れているようで何か嬉しい。付属のDVDは作品のメイキングとちょっとした曲紹介。非常にキレイな瞳をした彼が話す姿を見て、僕が抱いた印象は「アイドル」などではなく、むしろ「木こりの青年」(笑)。が、ひとたび歌い始めるとやはり凄い声量、そして表現力。うーむ、この人の「うたの力」はもっと広く知られてしかるべきだな。


karmakanic.jpg  北欧のプログレマスター、ヨナス・レインゴールドが率いるKARMAKANICの音楽を初入手。なんちゃって、僕はこのヨナスという人をかなりメタルなMIDNIGHT SUNでしか知らなかったんだけども。FLOWER KINGSとかでその筋には有名な人みたいね。このバンドのリードVoは大好きなヨラン・エドマン先生で、僕にとってはそれが大きな購買理由(そしてもちろん比較的安かったから)。音楽性はプログレ「メタル」というほど硬質ではなく、先生のクッキリとした声もあいまって、もうちょいライトかつ牧歌調の雰囲気が支配的。たとえばシングル曲のキャッチーな“Turn It Up”なんかは、先生がかつて歌ったKHARMA(バンド名も似てるね)の好盤「WONDERLAND」が好きだった人にも受けそう。なんだけど、先生以外の誰かがメインになって静かに囁き始めると、途端に90年代MARILLIONっぽい内向きの暗さが押し出されてなかなか面白い。自由度の高い演奏はさすがに余裕しゃくしゃくで、クセのあるリズム・意外な曲展開に耳を奪われることもしばしばだが、メロディの質はIT BITESやA.C.Tと比べるともう一歩二歩。ところで5曲目の音飛びは仕様かしら?


turisas.jpg  こちらもお初にお目にかかるフィンランドのTURISAS。通常盤はボートラや映像こそないものの、amazonで¥700程度の安さに魅かれて購入。なんでも自称バトルメタルとか何とか。僕はRHAPSODY的なRPG型メタルも、笛がピーヒャラしているような流行りのフォークメタルも体質的にさして好きではないので、聴く前には少し身構えていたんだけど…うーん、ごめんなさい。これは普通にカッコいいですね。大「Century Media」が目をつけたのもむべなるかなと思わせる、とにかくスケールのバカでかい映画音楽的なヘヴィメタル。2曲目“Take The Day!”の女性Voをハメたアレンジは大好きなNIGHTWISHにも通じる気がする。ダンディなノーマル声と荒々しい濁声を巧みに使い分けるVoの存在感が素晴らしいし、要所でスッ飛ばす疾走曲・パートの絶妙な配置も爽快。4曲目(タイトルが読めない)のファンファーレみたいなオープニングに笑ってしまった自分は、きっとこの手のメタルの完全なる信者にはなりきれないのだろうけど、そんな不埒な僕でもアルバム全体をまるまる楽しんで聴けるのだから、こいつは確かに充実の一枚だと思う。ハイライトは文句なく8曲目の“End Of An Empire”!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2011/10/09 22:59】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ANUBIS GATE (2011) / ANUBIS GATE | ホーム | GOTTHARD (2011) / HOMEGROWN – ALIVE IN LUGANO>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/250-39a94d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。