AMARANTHE (2011) / AMARANTHE
amaranthe.jpg 1. Leave Everything Behind
 2. Hunger
 3. 1.000.000 Lightyears
 4. Automatic 5. My Transition
 6. Amaranthine
 7. Rain
 8. Call Out My Name
 9. Enter The Maze
 10. Director's Cut
 11. Act Of Desperation 12. Serendipity


魅惑のトリプルVo体制で話題を呼んだスウェーデンのAMARANTHE、デビュー作。

音楽的にはここ数年のメタル界のトレンドをすべてひとまとめにしてぶち込んだかのごとき超・ゴージャスな売れ線系ハイブリッド型だが、各成分の調合・配合ぶりが非常に巧みで感服。ここまで聴感上の即効性に優れたメタル作品にはそうそうお目にかかれない。このメジャー感、まさかあのDRAGONLANDの人がブレインだとはにわかに信じがたいところだ。キャッチーな音の壁が一気に押し寄せてくる序盤の数曲も凄まじいが、最高級の北欧エクストリームポップス(なんだそりゃ/笑)を聴いている気分になる“Call Out My Name”のサビメロとダンサブルなアレンジがことにお気に入り。

フィーチュアされた3人の歌い手の中で特別な光を放つのはやはり女性Voのエリゼ。非ソプラノ系の力強い歌声の中に女性的なたおやかさをスッと忍び込ませるタイプで、これは間違いなく僕好み。もうひとつのベストチューン候補“Amaranthine”での美しいパフォーマンスには思わず息を呑んだ。この曲ではDREAMLAND(!)のVoでもあるジェイク.Eも揃っていい仕事をしている。

ただし、バンドコンセプトの根幹に関わる部分ながらあえて言えば、デス声はほとんど必要ないと思う。これほど質の高い作品なのに、僕がなんとなく積極的な聴き込みをする気になれない要因は、ただでさえ情報過多のケがある音楽にさらなるせわしなさを持ち込んでいるこの声の存在だ。前述の“Amaranthine”なんかはこのVoを完全に持て余している例。エリゼとジェイクの相性は素晴らしく、それを支えるヘヴィな演奏陣だけ切り取っても十分にスリリングなのだから、デス声は数曲で彩りを加えるゲスト参加程度で十分ではないか。それを正式メンバーに抱えていると、必然性に関係なくどうしても「使わなければいけない」場面が増え、結果的にバンドの表現力を制限、あるいは画一化してしまうような気がしてならないのだ。

といったこともあって、僕にとっては何度も重ねてリピートをする作品ではなく、むしろ数週間に1回くらい気の向いた時に引っ張り出して「おっ、やっぱりカッコいいじゃん!」とニヤつくのが正しい付き合い方ということになりそう。繰り返すけど即効性は最高レベルなので、メタルをきちんと聴いたことのないロックリスナーさんにこそお奨めしたい。僕には不評のデス声も普通に「かっけー!!」かもしれないしね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2011/09/24 20:22】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新譜の小レビュー×3 (SYMPHONY X etc…) | ホーム | LIONVILLE (2011) / LIONVILLE>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/246-b260e389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |