スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
とりあえず3周してみての独り言
以前のように「Dsが曲を牽引する」力強い感触はなくなったものの、「軽やか」「爽やか」とさえ形容したい心機一転の本作では、マンジーニさんのその溶け込み具合がむしろ心地よい。

ペトさんとルーデスさんの絡みも「バトル」ではなく文字通りの「掛け合い」。スリリングでありながらどこかピースフル。

そして何より嬉しいのは、ラブリエさんが無理をしている場面がほぼ見当たらないところ。おかげで情感溢れる自然体の歌唱とメロディがじわりじわりと胸をゆっくり締め付ける。



レビューをする前に思わずこんな独り言を書きたくなる、そんな素敵な新作です。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2011/09/07 21:21】 | 独り言シリーズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<IN FLAMES (2011) / SOUNDS OF A PLAYGROUND FADING | ホーム | 珍しく写真つき。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/242-ae82dd7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。