5月のお買い物・その1 (SHAKRA etc...)
更新頻度はアレですが、買い物の量はかなり増えています。

(新譜)
SHAKRA (2011) / BACK ON TRACK

・ このSHAKRAはずっと気になっていたスイスのバンドで、これが初聴。いやはや…実に素晴らしい。HR/HMの「/(スラッシュ)」の境目を絶妙に行き来する骨太かつ正統派な音楽。重心の低いリズミックな曲調には否応なく体が揺れる。やや粘りといやらしさを減じたマッツ・レヴィンのようなVoもグッド。しばしばPRETTY MAIDSっぽく聞こえるのも僕には大プラス。男らしいハードロック/メタルをがっつりと聴きたい諸兄には躊躇なくお奨め。哀愁のバラードもじんわり泣けます。

(旧譜・新品)
MASQUERADE (2008) / MASQUERADE (re-issue)
NOCTURNAL RITES (2005) / GRAND ILLUSION
T’BELL (2000) / REPLAY


MASQUERADEは敬愛するリンク相手であるよしよさんが絶賛されていたこともあって買った1枚。いやあ、これは痛快極まりないオープニングの“Gimme All Your Love”の時点でねじ伏せられました。あまりにもロマンティックな“Dawning Of The Day”の導入センスも最高。鮮烈なハイトーンVoもなかなか凄いけど、ことにHENTAIなのはロニー・ル・テクロ、あるいはピート・レスペランス系統に位置する弾きまくりギタリストで、リズム・ソロともにセンス良すぎ。楽しそうにプレイしている立ち姿がありありと目に浮かぶ。僕は路線変更した2ndが全然受け入れられなかったので、これでようやっと溜飲が下がりました。
ノクタのこれは総合力では「THE 8TH SIN」に譲るかもしれないけど、言うまでもなく完成度は激高だし、一聴した時点で「人生のサウンドトラック」入りが確定した究極の一発“Still Alive”が収録されているだけで傑作の資格十分でしょう。何回聴いても、いつも同じように胸が震えて困っちゃう。
T’BELLはVoのアダルティな声質もあいまってまっさきにDAKOTAを思わせる洗練され切ったAOR作。正直言うとメロディの質は聴く前の期待以上ではなかったし、もう少しアルバム構成にメリハリがあればなとは思うものの、ひたすら安心して耳を預けられる佳作には違いない。ジットリと鬱陶しいこれからの季節を爽やかに乗り切るのにピッタリ。


(中古盤・¥250)
EYES SET TO KILL (2008) / REACH
THRICE (2004) / THE ILLUSION OF SAFETY


・ EYES SET TO KILLは女性Voを擁するエクストリームメタル・バンド。うーん、DEADLOCKの「MANIFESTO」を聴いた時にも思ったことだけど、非常に質の高い音楽なのに、CDが停止したあとにメロディやリフがほとんど記憶に残っていないのはどういうわけか。こういうメタルには適性がないのかなあ。

(中古盤・¥125)
THE ALMIGHTY (1994) / CRANK
ASIA (1992) / AQUA
DANKO JONES (2004) / WE SWEAT BLOOD
EVERYDAY SUNDAY (2007) / WAKE UP! WAKE UP!
FLYLEAF (2006) / FLYLEAF
PINK CREAM 69 (1989) / PINK CREAM 69
RAGE (1989) / SECRETS IN A WEIRD WORLD
WARRANT (1992) / DOG EAT DOG


ALMIGHTYのこれはスカした軽薄さとは無縁の図太いうねりと重量感が備わっている男前なヘヴィロック。2011年の現在に売り出しても余裕で通用しそうなカッコよさ。1曲目の“Ultraviolent”なんか、ちょい柄の悪くなったNICKELBACKみたいな雰囲気さえ感じる。Voのリッキー・ウォリックは現在THIN LIZZYのフロントマンなのだそう。それは想像が付かないなあ。
PC69の1stはもしかしたら名盤の誉れ高き2nd「ONE SIZE FITS ALL」よりもアルバム全体の完成度は上かもしれない。ハイライト曲が上手いこと散らばっているからかな。ボートラのレゲエ曲(ライヴ)が案外良いのも○でございます。
RAGEは安心のクオリティ。気色悪くなる二歩手前くらいの奇異な歌メロを叫ぶピーヴィーと、隠れた天才マンニ・シュミットのキメ細やかなリフワークの掛け合わせは前作「PERFECT MAN」から大きくレベルアップ。疾走感は十分すぎるほど用意されているのに、そう単純には頭を振らせてくれないヒネクレ方・外し方が最高にRAGEらしい。僕は次回作「REFLECTIONS OF A SHADOW」よりも好きな作品かもしれない。
・ WARRANTは前作の1曲目が“Cherry Pie”。で、本作のオープニングは“Machine Gun”。この間、彼らにいったい何があったのか(笑)。その前作と比べてメロディの印象こそやや弱いものの、硬派路線でもそれなりのものを聞かせるのはさすが。


(おまけ)


THE ALMIGHTY / Jonestown Mind (音量注意)

MASQUERADE / Gimme All Your Love

NOCTURNAL RITES / Still Alive

PINK CREAM 69 / I Only Wanna Be For You

RAGE / Make My Day

SHAKRA / I’ll Be (「ANYTHING WORTH~」の頃のPRETTY MAIDSっぽくないですか?)

【2011/05/29 23:49】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<5月のお買い物・その2 (MILLENIUM, 21 GUNS etc...) | ホーム | 2月~4月のお買い物まとめ>>
コメント
こんにちは。
NOCTURNAL RITESの「Grand Illusion」は僕も好きなアルバムで少々だるさもあったのですが、このVoの凄さに惹かれてよく聴いてました。「Still Alive」この曲はほんと胸躍りますよね。イントロからしてやられます。サビの歌唱も絶品でした。いや~、今、棚から引っ張り出して聴いてますよ。浸ってます^^
【2011/05/31 14:20】 URL | 敏紫 #-[ 編集] | page top↑
敏紫さん、こんにちはー。

いやあ、この“Still Alive”は文字通りことばを失うほどの素晴らしさでした。何だか自分がヒロイックなドラマの主人公になって、立ちはだかる困難に立ち向かっているかのような錯覚さえ感じてしまいます。落ち込んだ時にテンションを上げるための相棒として長い付き合いになりそうな名曲ですね。
【2011/05/31 20:45】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
こんばんは。僕のブログを参考にしていただいているだけでなく「敬愛」だなんてありがたい言葉までありがとうございます!むーじゅさんは既にMASQUERADEの1stを持ってらっしゃるものと勝手に想像してたのですが、意外にも2ndから入られたんですね。彼等の1stは北欧メタルの隠れた名盤にして、それを日本に届けてくれたゼロコーポレーションの大ファインプレーだと思っています。2ndについては怖いもの見たさ(聴きたさ)はあるので安価で見つかったらゲットしてみようかと思ってます。
またNOCTURNAL RITESのStill Aliveは僕にとっても2000年代屈指の名曲です!

【2011/06/02 23:56】 URL | よしよ #-[ 編集] | page top↑
よしよさん、こんにちはー。

はい!してます、敬愛(笑)。丁寧かつ誠実に書かれた文章も、緻密なブログ構成も、近頃ますます磨きがかかっている感じですよね。対する僕は非常に心許ないリンク相手ではありますが、これからも変わらず仲良くしていただけると嬉しいです。

MASQUERADEの1stはずーーっとゼロ盤で探していたんですけど、さすがにこのレベルの作品を手放す人は少ないみたいですね。よしよさんが去年の旧譜ベストの中であげられていたことにも後押しされて、何かの折に新品を買おうと決めていました。期待を裏切らぬ実に素晴らしい出来です!

ヘヴィ志向を強めた2ndには擁護・支持の声も多く、必ずしも僕のような「否」の意見が圧倒的多数というわけでもなさそうです。ただし、この1stで聞かれるような煌めき感・ときめき感と無縁なのは確かだと思います。

“Still Alive”というタイトルとあまりにも劇的な曲調は、ひどく打ちのめされたいまの日本という国の応援歌になってもいいくらいのパワーを持っているような気がします。こちらもまた最高の出会いになりました。
【2011/06/04 09:18】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
ご無沙汰してます!覚えておいていただいてますでしょうか^^;
思うところあって、むーじゅさんが以前書かれた一文を引用させていただきました。ご迷惑でなければお許しいただければ幸いです。

SHAKRAの新譜はよかったですか!PVもよかったですし、欲しくなっちゃいますね。
WARRANTもいいアルバム作ったようですよ~。むーじゅさんならすでにチェック済みかもしれませんが。
ではまた('-^*)/
【2011/06/07 02:54】 URL | 一志 #-[ 編集] | page top↑
一志さん、こんばんはー。お久しぶりです。

自分がブログに書いて公開している文章は、どのように引用していただいてもまったく構いません。今回の一志さんのように一言いただけるとありがたいなあとは思いますが、そこいらは引用される方のご判断にお任せします。拙文が何かの役に立てば幸いです。

SHAKRA良かったですよー。スイス出身の正統派ハードロック・バンドということで、ふとGOTTHARDのことを思い出す…かと思いきや、意外とそのような場面は少なくて、ほかの誰でもないSHAKRAというバンドの個性と実力がはっきり示されていると感じられました。過去作も欲しくなりましたね。

WARRANTはブレインのジェイニー・レインがまた抜けて別のVo(名前を失念)が入ったんでしたっけ。ここいらの激しい出入りにはなかなかついていけません(笑)。ジェイニーはなかなか良いソングライターなんですけどねー。


それから、「轟音と美旋律でいこう!」のお気に入り欄に拙ブログを貼ってくださっていることにいまさらながら気付きました。もしかしてけっこう前からなのでしょうか?どうもありがとうございます。こちらからもリンクを貼りますのでお確かめください。改めてどうぞよろしくお願い致します。
【2011/06/08 20:41】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/238-a08d60d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |