スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1月終わりのお買い物・その4 (CRASHDIET, FATES WARNING)
CRASHDIET (2005) / REST IN SLEAZE
FATES WARNING (2000) / DISCONNECTED


最近は忙しくてなかなかブログの更新が出来ませんが、それでも買い物はけっこうしています。この2枚は1月の積み残しの残り。前者の国内盤が¥360で、後者の外盤は¥100のワゴンセールにて発見。ラッキー。

スウェーデン発のCRASHDIETはこれが1stにして、故・デイヴ・レパード(Vo, G)を擁した唯一の作品。メンバーフォトの中でそのデイヴだけが黒髪なのはMOTLEY CRUEの真逆を意識したのかな。往時のLAメタルに由来する「華」と「毒」をところ構わずまき散らすエネルギッシュな音像には粗さや雑さが見え隠れしていて、完成度そのものは高くないと思うけど、決して勢い一発の出オチ的な音楽には陥らず、思わず一緒に叫びたくなるような良質のメロディが少なからず聞ける点に好感が持てる。シングルの“Riot In Everyone”はさすがに頭抜けて強力だし、中盤を引き締める疾走曲“Ticket”、作中唯一すこーしだけメロウな面を覗かせてくれる“It’s A Miracle”、さらにはラストのキャッチーな“Back On Trakk”と、要所に佳曲が散りばめられている構成も○。Gソロは意外にも落ち着いた感じで聞かせるタイプ。かなりの頻度でメタリックに叫ぶデイヴのVoは正直ヘタウマ系ながら、特に大きなマイナスにもなっていない…かな。アルバムごとにVoが変わるなど苦労をしつつも着実に地力を付けているバンドのようなので、また出会いがあればこれ以降の作品も聴いてみたい。

プログレメタル界の裏番長的な存在?FATES WARNINGの作品を聴くのはこれが初めて。それぞれの課外活動でも名前をよく目にするジム・マテオス(G)、レイ・アルダー(Vo)、マーク・ゾンダー(Ds、現在は脱退)の主要メンバー3人に加えて、サポートBにジョーイ・ヴェラ(ARMORED SAINT)、そしてゲストKeyには何とケヴィン・ムーア(CHROMA KEY / ex. DREAM THEATER)が参加という凄い布陣。本作で聞かれる非常に思索的かつスペーシーな音楽は言うなれば「微キャッチー」レベルのとっつきやすさで、メタルらしい派手さを控えて終始淡々と進行していく。したがって元来がベタなメロハー者である僕がその良さを完全に理解できたわけではないが、それでも各人の技術の高さは圧巻で、特にマーク・ゾンダーときたら…好ヘルプを見せてくれたTENの新作でさえ実力の半分程度しか示していなかったのではないかと疑わせるほどの仕事量。楽曲的には様々に音色を変化させるケヴィンの繊細すぎるKeyが大きな聴き所になっている16分の大曲“Still Remains”が間違いなくハイライトでしょう。作品の冒頭で流れる不穏なサイレン音で再びラストを締めるアルバム構成も印象的で、聴き終わったあと心にずっしりとした余韻(必ずしもポジティブなものではない)が残る。もう少し聴き込んでみようっと。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2011/04/23 23:51】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<2月~4月のお買い物まとめ | ホーム | 1月終わりのお買い物・その3 (SPIRITUAL BEGGARS etc...)>>
コメント
通りすがりですが、ちょっと書き込みさせて頂きます。

TENが新作を出していたことを、今日始めて知り驚きました。
久しくHM/HRのジャンルから離れていて全く知りませんでした。

自分もかつてTENが好きで、アルバムも大体持っています。
1st、2ndは傑作だと思います。
けれど個人的に5thくらいからのアルバムはどれも今一で、活動が停滞してからはほとんど失望して情報を追うのもやめてました。

けれど新作が出ていいたことと、ここの新作の感想を読んで新作を聞いてみたくなりました。

どうもありがとうございます。
【2011/05/03 00:54】 URL | 通りすがり #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
通りすがりでコメントをくださった方、どうもありがとうございます。

先日発表された新作「STORMWARNING」に大傑作1st・2ndほどのゴージャスな即効力があるとは決して言えませんが、淡々とした流れの中にスッと浮かび上がる叙情メロディが胸を締め付けることもしばしばです。あの煮え切らない、そしてそれが何とも愛おしいゲイリー節の健在をアピールする佳作だと思います。

TEN / Stormwarning

http://www.youtube.com/watch?v=WYiUR_x3mi0

かの名曲“After The Love Has Gone”の一回り離れた弟(?)のようなこの曲を紹介しておきます。どうでしょうか。
【2011/05/05 11:20】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/236-f333fc07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。