スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Cry, the Guitar, Cry.
あのゲイリー・ムーアが急逝したとのこと。つい先ほど知って驚きました。

ハードロック時代のゲイリーをリアルタイムでは知らない世代の僕ですが、THIN LIZZYの「BLACK ROSE」を含めて彼が主役を張っている作品を6枚ほど(+ライヴ盤の「WE WANT MOORE!」)後追いで聴きました。勿論それらの出来はおしなべて見事だったのですが、僕がこの人に強い思い入れを抱いてしまうのは、男がこっそり独りで泣き濡れるための反則的なベスト盤「BALLADS & BLUES」(1994)との出会いが最も大きな理由だったりします。


GARY MOORE / One Day


そうそう、ふとした瞬間にこの“One Day”が聴きたくなって、オリジナル作よりもこの曲が収録された「BALLADS~」に手を伸ばす回数のほうが多くなったものでした。いま久々に聴き返しながら記事を書いているのですが…なんだか自然と目が潤んで困っちゃうな。



お疲れさま、ゲイリー・ムーアさん。今度は天国に住むロックファンから沢山の涙を搾り取ってあげてください。盟友フィル・ライノットにもどうぞよろしく。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2011/02/07 23:46】 | 音楽語り | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<BAD HABIT (2011) / ATMOSPHERE | ホーム | TEN (2011) / STORMWARNING>>
コメント
こちらでも、こんばんは。
ビックリしましたね~この訃報は。
今年もまた巨星が逝ってしまいました。
僕も完全後追いですが、
泣きはほんと絶品でした。
58歳・・・まだ若いですよ。
R.I.P
【2011/02/08 17:44】 URL | 敏紫 #-[ 編集] | page top↑
こんばんは。
僕もむーじゅさんと同じく「BALLADS & BLUES」で初めてGaryのギターを聴き涙した1人です。確かHR/HM歴2年目の1996年だったと思います。それ以降、80年代のオリジナル作品も何枚か聴きましたが、気がつけば「BALLADS & BLUES」に戻ってきてましたね。
僕のブログでは故人を偲んでライブ音源を紹介したいという意図から、ライブ音源が見つからなかったOne DayではなくStill Got The Bluesを貼りましたが単純に好きな曲を選ぶとなるとOne Dayですね。いきなり涙腺を刺激しまくりのイントロ、サビメロもさることながら2分過ぎの「Say Goodbye To The Lonely Nights~♪」から始まるCメロパートが堪りません。
素晴らしいギターをありがとうGary Moore、どうか安らかに…。
【2011/02/09 23:02】 URL | よしよ #-[ 編集] | page top↑
敏紫さん、こちらでもこんばんはー。

うーん、最近のHR/HMコミュニティではどうにも負の連鎖が止まらないですね…。特にゲイリー・ムーアに関して言えば、健康状態に何か問題があった等の話を聞いていなかった分だけ、なおさら驚きました。

それにしても「泣き」を代名詞にしていた人の音楽を聴きながら追悼するのはけっこうしんどいですね。。。僕の父親よりも年下ですよ。うーむ。
【2011/02/09 23:56】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
よしよさん、こんばんはー。

ああ、よしよさんも「BALLADS & BLUES」がお好きなんですね。こういう悲しいニュースに接した際、近しい人と似たような記憶や思い出を共有できるのは心の癒しになります。僕が「反則的」と書いたようにとことんまで徹底して彼独特の「泣き」が堪能できる素晴らしいベスト盤でした。

“One Day”最高ですよね。この感動の前にもはやことばはいらないでしょう。ささやかながら日本からご冥福を祈りたいと思います。

【2011/02/10 00:08】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/230-f31e67ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。