スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
LAST AUTUMN’S DREAM (2010) / YES
lad.jpg 1. I’ve Fallen Into You
 2. The Sound Of A Heartbreak
 3. Another Night 4. Fool’s Game
 5. If I Could Change The World
 6. To Be With You
 7. Michelle Don’t Live Here No More
 8. In This Thing Too Deep
 9. Still Standin’ Where Ya Left Me
 10. Kissin’ Goodbye My Tears
 11. Survivor 12. I Forgive You
 13. Alive

拙ブログにお越しの皆さま、あけましておめでとうございます。年をまたいでしまいましたが、2010年の新譜ラストは当然この人たちです。LAST AUTUMN’S DREAM(以下LAD)の8thアルバム。(2011年1月9日、加筆しました。)

本作ではミカエル・アーランドソン(Vo)とジェイミー・ボーガー(Ds)がほぼ半々の割合で作曲を担当している。ジェイミーとマルセル・ヤコブ(B/R.I.P.)のリズム隊がLADへの参加を要請されたのは、ほぼ間違いなく日本のレコード会社主導による言わば「お仕事」的な経緯だったと推測するのだけど、いやはや、このバンドにとってジェイミーがここまで大きな存在になってくれるとは予想できなかった。そして何より、ミカエルとジェイミーの個性がそっぽを向き合わずに、高次元で調和しながら「LADらしさ」にきちんと昇華されているのがファンとして嬉しい。

そのジェイミーが書いたいかにもTALISMANっぽい“I’ve Fallen Into You”が緩やかなオープニング曲なので、パッと聴きの推進力はここ2作に比べると少し弱く感じられるが、最後まで通して聴けば本作もこれぞLADたる安心印の一枚に仕上がっている。前作「A TOUCH OF HEAVEN」がマルセルの悲劇を振り払うかのようにあえてちょい陽性のポップさを所々で印象付けていたのに対して、本作ではこのバンド特有の柔らかな哀感と温もり感の配分の巧みさが耳に残る。ジェイミー作の泣きたくなるほどメロウな“Another Night”やパワーポップのお手本的なハイライト曲“To Be With You”、そしてアンディ・マレツェク(G)のリードまで哀愁ダダもれの“Still Standin’ Where Ya Left Me”あたりには一発でトリコになってしまったし、天才ミカエルがロックソング作りでも相変わらず非凡な才能を示した“Survivor”~“I Forgive You”(日本盤ボーナス)の流れは終盤のダレを防ぐ意味でも効果的に働いている。

最近のLADのアルバムの全体的な印象は強力な終曲のそれに引っ張られることが多くて、例えば「DREAMCATCHER」だったら“When My Love Has Left Your Heart”による青春映画のエンドロールのような清らかさだったり、前作の場合は究極のどんでん返しといえる険しい絶唱曲“Jenny’s Eyes”がもたらす凍てつくほどの深い悲しみだったり。本作を締めくくる“Alive”は非常にゆったりと時間が流れる穏やかなバラードで、これもまた「心に灯るキャンドルライト」みたいな僕の本作に対する勝手なイメージを増幅させてくれる。

他にもいくつか特記を。再びドイツからスウェーデンに飛んでレコーディングに参加したアンディの繊細美麗なGソロは曲の中にごく自然な形で溶け込んでいて、僕が中期までの作品で時折感じていた「お客様感覚」がすっかりと払拭されている。おなじみになりつつあるカヴァーの選曲は前作よりもさらに素晴らしく、特にジェフ・パリスの未発表曲だという“Kissin’ Goodbye My Tears”はいままでカセットテープの片隅に埋もれていたことが信じられないくらいのポッピィな佳曲だ。それから、時折挟まれるジェイミーの家族たちによる軽やかなハンドクラップがこのアルバムのキーワードである「多幸感」を端的に示しているようで、聴いていて思わず微笑んでしまう。

2011年1月9日追記:僕がここで使った「多幸感」ということば、少し定義を間違えていたようです。精神的な高揚というよりもむしろ穏やかな落ち着きを形容するうえであまり適切ではなさそうですね。特に深く考えることなく書いてました。「多幸感」→「幸せ感」に訂正します。それからレビューの段落構成も一部変更しました。)

一年にほぼ一枚という最近のHR/HM業界では珍しいハイペースで佳作を発表してくれるLADだが、マーキーの締め切りに追われて大急ぎで間に合わせました、みたいな埋め合わせ曲の見当たらない余裕たっぷりの完成度にはただ拍手あるのみ。このバンドの最初の数枚を聴いてアッサリ見切りを付けた方々、ここ最近の彼らの充実ぶりはちょっとハンパじゃないですよ。いよいよ寒さが本格的になる季節に、ジャケットを見ているだけで胸が温かくなるポッカポカの本作「YES」をぜひどうぞ。おススメです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2011/01/04 23:58】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<2010年最後のお買い物 (CINDER ROAD, LAST AUTUMN'S DREAM) | ホーム | CINDER ROAD (2010) / DAMAGE CONTROL>>
コメント
あけましておめでとうございます。
2011年一発目からむーじゅさんらしい見事なレビューですね!僕はまだ本作を記事にしてませんが、僕が頭の中でモヤモヤと考えていたことを綺麗に文章化してもらったような気さえします。僕のブログで本作について書いた時は、むーじゅさんの記事と内容が被りそうですがご了承ください(笑)。
昨年は「はぐれメタラーの音遊生活」が休止から思いの外、早く復活してくれて嬉しかったです(B!誌読者年間ベストPresure部門が僕のブログにあれば間違いなくランクインするほど)。本年もよろしくお願いいたします。
【2011/01/05 19:50】 URL | よしよ #-[ 編集] | page top↑
よしよさん、あけましておめでとうございます。

LADのこれは、聴いていてとにかくホッとするふんわりとした作風を愛でたいですね。寒い寒い朝晩に自然と手が伸びてしまいます。

いやあ、敬愛するよしよさんにこんなに持ち上げられてしまうと、どうにか復活してよかったなあとしみじみ思いますねー。一年後のBore部門に「音遊生活、二度目の過ち!」などと書かれないためにも(笑)、無理のないゆったりマイペースで更新していこうと思っています。今年も良きお付き合いのほど、どうぞよろしくお願い致します。
【2011/01/07 00:30】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
良いアルバムでした。
これから寒くなるこの時期にピッタリのアルバムですね~。
ほんとジェイミーの存在は大きいですね。
ジェフ・パリスの未発を持っていたってのもファイン・プレーだったのではと思いました。
朝、寒すぎて起きれない僕にとってめざましアルバムになっています。逆にAliveはおやすみソングです。
今年も宜しくお願いします。
ゆったり、マイペースでがんばりましょう~。
【2011/01/10 18:11】 URL | 敏紫 #-[ 編集] | page top↑
敏紫さん、こんばんはー。

ザクザクしたハードさがほとんど感じられないまろやかな音なので、目覚まし・おやすみの時にピッタリですよねー。あまりの心地よさに二度寝が加速してしまいそうな気もしますけど(笑)。

北海道はいまとんでもなく寒いんじゃありませんか?実は僕、非常に珍しくちょいとカゼをひいてしまって…ほっこり温かなLADを聴きつつ、敏紫さんもどうかご自愛くださいね。
【2011/01/10 22:08】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
こんばんは。
たしかに二度寝加速しそうです^^
体調どうですか?
北海道は寒いっす。氷点下7度。。。
僕も年前に風邪をひいて、寝込んでましたよ。無理なさらないでくださいね。
【2011/01/11 22:59】 URL | 敏紫 #-[ 編集] | page top↑
敏紫さん、こんばんはー。ご心配いただいて恐縮です。どうもありがとうございます。

その後えらく熱が長引くなあと思って、遅まきながら病院に行ったら見事にインフルエンザA型でございました。うーむ、我ながら鈍感にもほどがありますね(笑)。

強制休養の甲斐あって、タミフル抜きでも熱はどうにか引きました。本調子になるまでもうしばらく安静にしています。敏紫さんもどうかご用心あそばせ。
【2011/01/13 19:51】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/223-3e88161d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。