CINDER ROAD (2010) / DAMAGE CONTROL
cinderroad2.jpg 1. The Worst Way 2. Sex Addict
 3. Losing Ground
 4. It Hurts
 5. Save Me 6. More
 7. Giving Up
 8. Breaking Me 9. 2 Hearts 2 Break
 10. Tennessee
 11. I Don’t Wanna
 12. The Devil Made Me Do It
 13. Without You

アメリカ発モダン・ハードロックの輝ける未来(になってほしい)、CINDER ROADの2ndアルバム。

各所で絶賛されたデビュー作の「SUPERHUMAN」は、着古すほどに色合いがこなれていくブルージーンズのような聴き込み対応型の好盤で、僕もレビューを書いてから時間を重ねるほどにお気に入り度がじわじわと増していき、いまでは「人生の友」的な存在にまでなっている。

ハードロックの攻撃性や尖りを丸い音色で抑え込みつつ、温もり感あふれる穏やかなメロディで聴き手の郷愁を誘うCINDER ROADの優しい音楽はこの2ndでも健在。人によってはこれを売れ線狙いの軟弱志向と切って捨てるのだろうが、僕としてはこの普遍的なポップ路線を引き続き追求してもらいたい。ポップといっても決して甘すぎない、明るすぎないところがミソなのよ。

アルバム構成も事前の期待通りで、聞かせどころを絞った4分以下のコンパクトな曲が揃う。うねるようなノリをもったアタマの2曲もB!誌で藤木さんが責めるほどには悪くないと思うが、やはり3曲目の“Losing Ground”からが彼らの本領だろう。このメロディセンスさえあれば、もはや無理にハードロックの枠にとどまる必要はないような気もする。下に貼った“It Hurts”は前作のどの曲にだって負けないこれぞの名曲。それ以降もしみじみ「いいなあ…」と呟きたくなる味わい深い佳曲が次々と見つかる。後半に挟まれた日本盤ボーナスの2曲も本編と遜色なし。

この音楽の核は当然メインソングライターにしてバンドの顔であるマイク・ルオッコ(Vo, G)。肩肘からいい具合に力の抜けた自然体の歌唱は何度だってリピートを促してくれる。THE EXIES、LYNAM、HINDERその他の人々を共作者に迎えつつ、完全にCINDER ROADらしさを確立させた作曲能力も並ではない。こういうフツーにいい曲をシンプルに書くのって、装飾でごまかしが効かない分ホントに難しいことだと思うんだよね。

もちろん若いバンドだけにまだまだ成長の余地はあって、例えばB!誌のレビューで藤木さんが指摘していたように、ロック度高めの曲で若干メロディの質が低減するのは僕も感じたところ。特に“Should’ve Known Better”のようなアップテンポのキラーがない分だけ、パッと聴きの印象点は前作にやや譲るかな。それからマイク以外のメンバーの顔が見えにくいことも、バンドとしてのこれからのキャリアを考えれば改善してもらいたい点。

と言っても作品そのものはいわゆる2枚目のジンクスとは無縁で、今回も聴きこむほどに愛着を増しそうなCINDER ROADならではの佳作に仕上がっていると断言できる。出来れば完全に音像を把握した1年後にもう一回レビューしたいくらい(笑)。下の“It Hurts”を聴いてピンときたあなたは、前作「SUPERHUMAN」(買うなら絶対にボーナス5曲入りの日本盤!)ともどもぜひお試しあれ。


余談ながら、「完全無欠のネオ・バッド・ボーイズ」っていう帯タタキのセンスはどうかと思うよ。だって全然ワルそうなところが見当たらないんだもの(笑)。元SIAM SHADEのDAITAさんのゲスト参加は…嬉しいけれど音楽的にはちょっとした彩り程度。ちなみに僕はSIAM SHADEもけっこう好きで、特に“Never End”や“グレイシャルLOVE”との出会いは一生モノです。


(おまけ)

CINDER ROAD / It Hurts

本作はもうこの一曲だけで買う価値がありました。行きつけの本屋さんでも時々流されていてドキッとします。もっともっと一般層にも浸透してしかるべき優れた曲でありバンドなのです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2010/12/29 00:00】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<LAST AUTUMN’S DREAM (2010) / YES | ホーム | 11月半ばのお買い物 (SKILLET)>>
コメント
こんばんは。
知らないバンドでした。
チェックしときます。
本年中はありがとうございました。
また来年もゆったりとした付き合いで宜しくお願いします^^
良いお年をお過ごしください。
【2010/12/31 00:50】 URL | 敏紫 #-[ 編集] | page top↑
敏紫さん、あけましておめでとうございます。いままでに引き続き、本年もどうぞゆったりとしたお付き合いのほどよろしくお願い致します。

このCINDER ROAD(というかマイク・ルオッコ)は「時代を超えて愛される普遍的な曲」を書くことができる逸材だと思います。敏紫さんのようにBON JOVIがお好きなリスナーさんにはぜひ名前を覚えて頂きたいバンドです。デビュー作の「SUPERHUMAN」の日本盤は全16曲収録でかなりお得なので、最初に手を伸ばすようであればこちらからお奨めします。
【2011/01/04 23:29】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/222-f72e18fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |