スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
9月下旬のお買い物・その1 (HINDER, JONAS BROTHERS)
HINDER (2005) / EXTREME BEHAVIOR
JONAS BROTHERS (2008) / A LITTLE BIT LONGER


ブックオフの半額セールにて。両方とも\250なり。

パワーバラードの逸品“Lips Of An Angel”が注目を集めて、本国アメリカで大ヒットしたHINDERのデビュー作はセクスィなジャケにピクリ。事前の予想通り、リフの切れやメリハリよりもむしろズッシリとした全体的なグルーヴ感で勝負する高完成度のモダン・ハードロック。バンドがモットーに掲げる「ロックは楽しくなきゃダメじゃん!」という享楽的なアティチュードは音で判断する限りさほど前面に出ておらず、むしろシリアスと言いたくなるような印象。特筆すべきはオースティン・ウィンクラーなる逞しい声のVoで、あの恐ろしきブレント・スミス(SHINEDOWN)ほどの衝撃度ではないにせよ、ワルそうな図太さと柔らかな包容力をバランスよく兼ね備えた素晴らしい歌い手だと思う。歌唱面以外の分かりやすい個性にやや乏しい点は否めないが、このVoを中心に音楽の芯がしっかりと固まっているので最後まで気分よく聴き通せる。そうそう、この手のバンドが志向する「80年代っぽさ」にDEF LEPPARDが…ていうか多分お化けアルバムの「HYSTERIA」が与えている影響の大きさをふと感じさせる作品でもありますな。2ndも探して聴いてみたい。

全米きっての人気者(らしい)、皆さん揃ってお顔が濃い目のJONAS BROTHERSはこれが3rdアルバム(完全に余談ながら、僕もやや濃い系の顔立ちなので自然と共感を覚える/笑)。もちろん彼らの音楽を聴くのは初めて。ティーンのアイドル的存在の三兄弟バンドといえば当然ブラジルのKRISIUN……じゃなかった、同じくアメリカのHANSONが思い浮かぶけど、音楽的にも彼らとさほど距離は遠くない感じ。と言いつつ、HANSONは土と風の香りがほんのりと漂う軽やかなポップス寄りの音像なのに対して、こちらさんはメインVoを分け合う次男&三男の粘っこい声(残念ながら僕は両者のハッキリとした区別がつけられない)を派手めのアレンジでロッキンに盛り立てるタイプ。普通にハードロックと評されても不思議でない曲がたくさん見つかって、僕のようなはぐれメタラーにはかなり美味しい路線。ど真ん中に配された“Tonight”~“Can’t Have You”の流れをハイライトに終盤まで佳曲が並ぶ。アイドル云々のプラスアルファを差し引いても音楽だけで十分に楽しめるポップロック作品なので、興味のある方はレンタルでもいいから聴いてみてくだされ。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2010/10/30 20:42】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<9月下旬のお買い物・その2 (THE CLICK FIVE etc...) | ホーム | 9月初めのお買い物・その3 (CROSSFADE, RED)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/213-5f4eeddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。