スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
9月初めのお買い物・その2 (BONFIRE etc...)
BONFIRE (1989) / POINT BLANK
CRASH KELLY (2006) / ELECTRIC SATISFACTION
TRIBE OF GYPSIES (1998) / REVOLUCION 13


さ、どうにか気を取り直して平常運転に戻りましょう。旅行編の第二弾はすべて¥250なり。どれも初めて目にする作品ばかりで胸が高鳴った。

ドイツのBONFIREは評判の良さげな3rd。「欧」と「米」(特にLA方面)のいいトコ取りをした普遍性重視のハードロックは、前作2nd「FIREWORKS」よりもさらにメジャー方面に研磨されていて何とも心地よい。共作者にはデズモンド・チャイルドやジャック・ポンティの名前も。インタールードの2曲を含めて全17曲で60分弱という80年代末期にしてはかなり冒険的な構成だが、どうぞご安心を。そのほとんどが長くても4分ほどの尺にギュッと収められているし、曲調も適度にバラエティに富んでいて飽きが来にくい。マイケル・ワグナーによる産業ロック的とさえ言える洗練されたプロダクションもあいまって特に苦痛もなく最後まで聴き通せるのだ。特に終盤の流れは素晴らしく、12曲目の爽快な“Say Goodbye”以降の佳曲連発には自然とテンションが上がる。同郷の大先輩、クラウス・マイネ(SCORPIONS)に多大な影響を受けたであろうクラウス・レスマンの親しみやすい歌声はまさしく「中庸」という形容がピッタリで、ゼータクな僕としてはもう少し繊細な表現力と強引な熱さが欲しいところだけれど、本作の「初めて聴いた気がしない」感には大きく貢献している。ここから加入したエンジェル・シュライファー(G/マイケル・ヴォスとDEMON DRIVEを組んだ人)も立体的かつ滑らかなプレイを聞かせるかなりのテクニシャンでとても美味しい。正直1stと2ndのカップリング盤を聴いたときにはさほどの感銘を受けなかった僕だが、この出来なら80年代のメインストリーム型HR/HMを愛する人々の多くにお奨めできそう。

オープニングの“Hang Out Where You Matter”開始3秒で飛び出すツインギターのポッピィなハモりで思わず「当たり!」と叫びそうになってしまったのが、カナダはトロント産のCRASH KELLY。日本デビュー作の2ndアルバム。中心人物はショーン・ケリー(Vo, G)で、バンド名は彼の敬愛する叔父さん(故人)のニックネームから頂戴したのだそう。本作の中身は肩肘張らない自然体の音像がとても印象的なレトロ志向のポップンロール。僕はショーンがフェイバリットに挙げるT.REXやSWEETあるいはデイヴィッド・ボウイといった英国グラム勢に関してはほとんど聴いたことがない未熟者なのでうかつなことは言えないが、そんな僕でもBEATLESやTHIN LIZZY、CHEAP TRICK、はたまたHANOI ROCKSあたりの影響は確かに感じ取ることが出来る。ショーンのヘタウマVoは耳にだらーんと心地よく、ほのぼのとした郷愁を誘うTHIN LIZZY譲りのギターハーモニーが随所で良いアクセントになっているし、Dsの巧みなロール感もなかなか爽快。いかにもメロハー的な整然とした美旋律を求めると外すかもしれないけれど、上記のバンドやENUFF Z'NUFFなんかが好きならこれは一聴の価値ありありよ。「和み系ゆるパワポップ」(笑)の逸品です。

こないだ聴いたミニアルバム「NOTHING LASTS FOREVER」が死ぬほど素晴らしかったTRIBE OF GYPSIES。その「NOTHING~」に続いて発表された2ndフルを入手。うーむ、随分おとなしくなったなあ。ラテンの薫り漂うエキゾチックかつグルーヴィな音楽性の大枠は保たれているんだけど、今回はそれが土着の祭祀音楽っぽい厳かさや環境音楽的な静謐さが支配的な暗めの音像に変化している。ハードロック特有のガツンと来る刺激と快感を追い求めればほぼ確実に肩透かし。そして何より「NOTHING~」最大の魅力だった舞い上がるようなポップ性がほとんど感じられない。自らのアイデンティティの真髄により深く迫るのはいいけど、端的に言ってこれはちょい渋過ぎる。僕が彼らの本質を見誤っていたのかな。ただし、主役たるロイ・Zの官能的な泣き濡れGが随所で優しくトロトロと耳をくすぐってくれるのは流石。タイトル曲(8分超のインスト)における淡い泣きはもはやCAMELの域に達しているかも…と、ここまで書いて、本作はむしろCAMEL的なプログレッシヴロックとして接するのが正しい聴き方なのかもしれないと思った。うん、発想をちょい転換すれば決して悪くない。バンドに対する印象は大きく変質したが、依然として興味深い存在だ。頑張って集めよう。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2010/10/17 11:38】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<9月初めのお買い物・その3 (CROSSFADE, RED) | ホーム | 追悼、スティーヴ・リー (GOTTHARD)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/211-adf715bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。