スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
OVERLAND (2009) / DIAMOND DEALER
overlandealer.jpg 1. Train, Train
 2. You Lift Me Up
 3. Where Is The Love 4. Brave New World
 5. Roll Back The Years
 6. City Of Dreams
 7. I'm Still Breathing
 8. Rise 9. Hearts Don't Lie
 10. After The Storm
 11. Bring Me Water
 12. Coming Home

現在のHR/HM界において僕が何のためらいもなくトップ5シンガーのひとりに挙げちゃう「先生」こと、スティーヴ・オーヴァーランド(FM)のソロ・プロジェクトOVERLANDの2ndアルバム。2009年発表だけど僕の中では新譜扱いということで。日本盤をずっと待っていたんだけどなあ。

こちらのレビューでダラダラと記したとおり、OVERLANDの1stはGRAND ILLUSIONのバンマスである天才アンダース・リドホルムとの意外なコラボ作だった。僕はこの2人が引き起こす化学反応の行く末をせめてもう一回は見守りたかったので、今回のコンビ解消にはいささか残念な気持ちもあるのだが、アンダースが本家のGRAND ILLUSIONを復活させるのに忙しいとなれば話は別。近い将来に2人がどこかで再び手を携えることを願いつつ本作を購入。割とシビアかつドライな性格の僕がCDのいわゆる「声買い」をする歌い手は、先生を除いてほとんど存在しないのだ。

かように深く敬愛する私の先生が国宝クラスの英国声を託す新たなパートナーはトール・タッレ(Tor Talle)というノルウェーのマルチ・ミュージシャン。この人は2005年に豪華ゲスト多数の北欧メロディックロック・プロジェクトNORTHERN LIGHTを主催していたので日本でも名前は多少知られているかと思う。僕もそれに耳を通して彼が確かなセンスを持ったメロディメイカーだと記憶していたので、これはこれで楽しみな組み合わせとなった。その一方で、NORTHERN LIGHTでちょいと気になった2点― ①芯のない弱々しい音作り ②生半可なギターヒーロー志向がある人なのか、突然フッと飛び出すガサツな速弾きリード…これらの問題が解消されているのかどうか少々の不安を感じていたのも確か。

で、本作。アンダースの手による個性的な音像だった1stと比べるまでもなく、予想通り伝統的な叙情ハードポップの王道を行くマイルドな作風。トールのGが主役のバッキングは特別にモダンだとかどんよりとヘヴィだとか過度にブルージーだとかそういった不確定要素もほとんどなく、安心して先生の声に集中できるクオリティの曲を揃えてくれてひと安心した。これまでの先生絡みの作品ではTHE LADDERにもっとも近い雰囲気。先述したプロダクションの問題は、北欧のこの界隈で徐々に重要人物となりつつあるマーティン・クロンルンドにプロデュースを任せることでほぼ解決。聴感上の心地よさはメジャー級と言っても決して褒めすぎじゃないレベル。トールのGプレイに関しては、たまーに聞こえるゴチャゴチャと窮屈な演奏が先生の世界観とミスマッチに陥りかけている場面もあるのだが、それでも概ね及第点の出来だと思う。

楽曲単位で強く強く胸を打つような名曲は見つからないものの、オープニングに相応しい“Train, Train”、ハイライトの“City Of Dreams”、LADDERの1stを想起させるキュートなサビメロに微笑んでしまう“I’m Still Breathing”、活きの良い曲調で終盤の流れを引き締めてくれる“Bring Me Water”など、小さめながらなかなか粒揃い。予想していたよりも控えめなKeyの使い方も洗練されていて素敵。作曲家としてのトールの株はまたグッと上昇したね。

オーヴァーランド先生の歌唱に関しては、1stのレビューで思いのたけを語りつくしたのでもはや特に言うことなし。ある程度の質の楽曲さえ用意されればあとは先生の独壇場なのだ。こんなにも胸が切なく締め付けられるのに、聴後感はどこまでも気持ち良くポッピィ。この両要素が何の矛盾もなくごくごく自然に溶け合ってしまう魅惑のオーヴァーランド・ワールドへようこそ。この中庸な音楽性は先生の声に初めて触れる人向けのサンプルとしても適切かもしれない。興味を持った方、ぜひお試しあれ。いま聴き直すと購入当時よりもさらに面白いことに気づかされる意欲作の1stも余裕があればどうぞ。


ここからちょいと新譜レビューが続きます。よろしければお付き合いください。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2010/09/10 00:17】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<GRAND ILLUSION (2010) / BRAND NEW WORLD | ホーム | 夏休みのお買い物・その2 (TOBRUK, PHOENIX DOWN)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/201-2df735fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。