スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
EDEN'S CURSE (2007) / EDEN'S CURSE
ECURSE.jpg 1. Book Of Life (intro) 2. Judgement Day 3. Eyes Of The World
 4. Stronger Than The Flame 5. Voice Inside
 6. After The Love Is Gone 7. Fly Away
 8. What Are You Waiting For 9. Eden's Curse
 10. Don't Bring Me Down 11. Heaven Touch Me
 12. Bruce (intro) 13. Fallen King 14. We All Die Young
 15. After The Love Is Gone (acoustic) 以下略。

某B!誌の某編集長さんによってなぜだか激プッシュされていた「で、お国はどちらで?」的・多国籍バンドのデビュー作。ちなみに僕がこの作品を購入する気になったのは、彼のレビューよりもず~っと信頼しているとあるサイトさんで「初期FIREHOUSEをドラマティックにした感じ」と形容されていたため。おっ、それは聴かなきゃならんでしょう。

なるほど、⑥を骨組みだけにしたボーナス⑮なんかはまるで「GOOD ACOUSTICS」の世界。いまにも'♪Bye-bye baby bye-bye~'なんて聞こえてきそうね。アルバム全体を見渡しても、確かにFIREHOUSEをはじめとしたメロディ重視派の米国ハード・ロック/メタル勢に通じる爽やかさ、音の抜けのよさが印象的。うーん、やっぱり僕にはこうやって安心して身を委ねられる音がないと、きっとしなびきったカラカラの人生を歩むことになるだろうなあ。弾きすぎてもイヤミにならないGのセンスも良いし、個人的には間違いなく大好きなタイプです。

ただね、「これこそがメロディアス・ハードの真髄!」的な持ち上げ方をするのは未だ発展途上のバンドにも、そしてこのジャンル自体にとってもなんだか不幸な気がする。だってこのEDEN'S CURSE、まだ持っているポテンシャルを完全に発揮しているとは思えないもの。「メロハーの最高到達地点ってこのレベル?」と他ジャンルを聴く人に思われてしまうのはいささか心外だ。

まず、曲。僕がもっとも気に入っているのは先述の⑥だが、これ以外もすべて平均点以上の出来でまとめられている。キャリアに裏打ちされたこの安定感は賞賛されてしかるべきだと思うが、厳しく言えば、「む、これぞ!」と唸らせるような必殺の楽曲が存在しないこともまた事実だ。これでHR/HMの他ジャンル・ファン、あるいはメタルを聴かないリスナーに強くアピールするのは難しいのではないか。

それからヴォーカル。甘く鼻にかかったような伸びやかな歌唱は時にあのトミー・ハート(FAIR WARNING)を彷彿させ(褒めすぎ)、また⑪のようにグイッと力をこめると、かの名シンガー、テリー・ブロック(THE SIGN etc...)ふうにも聞こえる逸材だ(また褒めすぎ)。ただ、その節回しの甘さは、時として妙なマイナーっぽさも同時に醸し出してしまっている点は指摘しておきたい。例えば、佳曲⑥のサビメロの一節、'town'が「てゃうん」、'down'が「でゃうん」に聞こえるこの微妙さをマイケル・エデンの微笑ましい個性と受けとるかどうかで評価は分かれそうな気がする。僕個人は(あくまで音だけで判断すると)彼らがメジャー志向のバンドだと思うだけにやや勿体ないと感じてしまうのだ。

FIREHOUSEに似ているという先入観が強すぎるのかもしれないが、せっかくだから彼らを例に挙げてもう一点。C.J.スネアが高く評価されるのは、卓越した歌唱力はもちろんのこと、そのリズム感の素晴らしさと“キャッチーなことば選び”の妙があったからこそだと思う。耳に残りやすいフレーズを絶妙のリズム運びで楽曲に乗っけるあの巧みさをマイケルにはぜひ見習ってほしいな。

まだまだ絶賛するには至らないけど、メディアの気まぐれに潰されるには惜しい。いまどきこういう素直な音は貴重だからきちんと保護してあげなければならないのだ。次回作でのさらなる成長に期待します。

【2007/11/08 21:36】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<昨日の買い物~東京出張編+ | ホーム | BURRN!2007年12月号感想>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/20-8dfcbfc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。