HR/HMとの出会いを振り返ってみる
僕のメタル歴はもうすぐ7年。あれは20世紀もそろそろ終わりに差し掛かる頃、当時高校生だった僕が学校の休み時間に友人のMDプレイヤーをなんとなく貸してもらって聞かせてもらった音楽こそが…

そう、忘れもしない PRETTY MAIDSの「ANYTHING WORTH DOING IS WORTH OVERDOING」(長い!)だったのでした。

     
PRETTYimages.jpg



当時の僕はいわゆるトップ40もののような実にコンテンポラリーな音楽を愛好していたので、初めはその音圧やスピード感に戸惑ったのですが(そんな音楽がMDに入ってるとは予想だにしてなかったし)、腰を据えて聴いてみるとこれが実にカッコいい!特にアタマ3曲はいま聞いても1999年度屈指の流れの良さですよね。

僕にとって幸運だったのは、その友人が自らのメタル属性を(…そう、現在の僕のようには)隠そうとせず、むしろ押し付けるぐらいの勢いで明らかにしてくれたこと、そしてそのうるさい音楽に拒否反応を示さないだけの感性の下地を偶然にも僕が持ち合わせていたということなんじゃないかといまになって思うのです。

そうそう、もちろんPRETTY MAIDSの音楽そのものがとても魅力的だったことも忘れてはいけません。スピード・パワー・メロディの三大要素を程よく備えた、「ザ・HR/HM」といっていい典型的かつ理想的な音像を体現していたんですね。これがもし、CRYPTOPSYとかCATHEDRALにチェリーを奪われていたとしたら…考えるまでもありませんね(笑)。

興奮を隠し切れない僕をニヤリと眺めた友人がその次の日に持ってきた2枚、それがMILLENIUMの「HOURGLASS」とIN FLAMESの「CLAYMAN」でした。

CLAYMAN.images.jpg


この2枚で完全に僕の音楽の嗜好が固まりましたね。ヨルン・ランデの濃ゆ~い声・アンダース・フリーデンの血涙ダダ漏れシャウトの両方を何のためらいもなく「やばい!すごい!!」と叫んでしまったが最後、「こいつはこれで大抵のモノは聴けるな」と友人にめでたく判断され、そこからはもうずんどこずんどこHR/HM道まっしぐらなのです。でも、決して避けるべき悪魔の道に引きずりこまれただなんて思ってません。人生の友を得たことに心から感謝しています。

ありがとうH田、最高のリトマス試験紙を用意してくれて。
俺はいまでもお前の教えてくれたメタルを聴いて聴いて聴きまくってる。
近頃は疎遠になっちゃてるけど、またいつかあのときの話をしたいよ。

今日のBGM①
I Will Follow / MILLENIUM
いまになって本当の良さが分かるブルージーな名曲。教えてもらった当時は正直ピンと来なかったんです。僕もちょっとは成長したのかな。歌神ヨルンと泣きの職人ラルフ・サントーラの奇跡のコラボ!

MILLEMNIUM.jpg


【2007/10/01 17:02】 | 音楽語り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<2006年度 best albums & tunes | ホーム | はじめに>>
コメント
えぇ、話やぁ(涙)
私も友達きっかけに、何気なく聴かされて もう心臓バクバクで、のめり込んでいったクチです。
ヘビメタなんて眼中なかったんですけどねぇ。
全然違いましたネ(笑)
BON JOVIからはいり、師匠が愛してやまないプリチーメイズで拍車をかけ、アングラ、そしてヨルンランデと ディープなお導きのお陰で、すっかり心満たされる生活を送るようになりました。

いやぁ いいですな!!HR/HM♪

(はじめまして)

【2007/10/04 09:38】 URL | JMJ(metal歴3年) #aXvzjISo[ 編集] | page top↑
JMJさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。ブログ開設数日で読んで頂ける方が現れるなんて、こちらの方が心臓バクバクです(笑)。

そうそう、JMJさんや僕のように、おそらくHR/HMに親しんでいるほとんどのリスナーが予期せぬ偶然の出会いによってこの音楽のトリコになっているのだと思います。きっかけは友人か、親兄弟か、ラジオか、あるいはメタル・バンド参加のロックフェスか…。決してメジャーな音楽ではありませんし、聞かず嫌いの人も多いでしょうね。実は僕も「ヘビメタぁ?髪を逆立てた強面の兄ちゃんたちがわめいてるアレ?」くらいに思っていたような記憶があります(笑)。

でも、そういった先入観なしに音だけを取り出して聴いてもらえれば、もっともっと多くの人たちに好まれても不思議ではない普遍性のある音楽だと信じています。実際、ここに約二名ほどそういう経験をした人間がいるのですから。

実生活では何となくメタル属性を隠してしまっている僕ですが、ここでは7年前のあの時に確かに感じた「メタルってかっこいい!」の初心を忘れずに色々と書き留めていきたいと思います。

折を見てまたぜひ立ち寄ってくださいね。

【2007/10/04 15:22】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/2-83f71207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |