2月あたまのお買い物 (STRAMONIO etc...)
STRAMONIO (2000) / SEASONS OF IMAGINATION

DIFFUSER (2004) / MAKING THE GRADE
STARSHIP (1987) / NO PROTECTION


上は¥250、下二枚は¥105なり。

STRAMONIOというバンド名は耳にしたことがなく、C級ヘタレメロスピっぽいジャケもあってさほどの期待をせずに聴いてみたらば…これがなかなかの品質を誇るプログレメタル作で嬉しい驚き。多分にもれず「IMAGES AND WORDS」に衝撃を受けてこの音楽性を志した世代なのだろうか、しばしば顔を見せるフュージョン調のパートも含めて、その「I&W」を第一の模範にしたことが見え隠れする音像。さりとて決して無個性なわけではなく、イタリア産という情報にもなんとなく納得してしまうどこか優雅で柔和な雰囲気の良さが自分好み(フルートとヴァイオリンの使い方も効果的)。「I&W」と同様、「メタルであること」にはさほど重きを置いていない印象だが、目まぐるしいと形容してもいいほど自由度の高い楽曲の数々は十分にスリリング。線の細いVoも繊細な表現力を駆使して大健闘を見せているが、ところどころで楽曲展開のせわしなさについていけない場面が耳について、そこはちょいと惜しい。この手のバンドのVoはやっぱり損な立場だよなあ。それでも本作がメロディアスなプログレメタルを好むライトなリスナーの多くにアピールしうる優れた作品だという感想に変わりなし。安値で見つけたらお試しあれ。

エイベックスの“Cutting Edge”から発売されたDIFFUSERもそれまで名前を知らなかったバンド。やる気のなさそうなジャケだけ見るとありがちなお子様パンクバンドかしらと思わせるが、さにあらず。確かに爽快なメロディックパンクっぽい背景も感じられるが、振り幅の広い曲作りの巧妙さはそこいらの勢い任せの人たちとは明らかにレベルが違う。きちんと歌えるVoの魅力的な声質もあいまって、あの素晴らしきSR-71を思い出すこともしばしば。超キャッチーな“Get It On”や“Here’s To You”あたりは一般大衆にも受けそうな佳曲。どこかNICKELBACK系のシリアスな雰囲気を漂わせているパワーバラード“Why”や、ちょいとLINKIN PARK調のヴァースを持った“Avoid The Friction”なんかも面白い。全体的な音作りも意外とヘヴィで聴き応えがあるし、いやはやこいつは思わぬ掘り出し物だった。中古屋で埋もれさせるには惜しい。だらけたジャケに惑わされず、モダンなポップロック・ファンはご一聴を…と、ここまで褒めておいて、本作がにっくきコピーコントロール製品だったことに気が付く。あなや!

STARSHIPは改名後の第二弾・・・と書きつつ、僕はこの人たちも初体験。いやあ、いまのいままでSTARSHIPが男女Voを擁する編成だったとはしらなんだー。音楽性はキラキラとしたポップス寄りの非常にライトな産業ロック/AOR。オープニングを飾る“Beat Patrol”の時代を感じるピコピコアレンジには「全曲こんな感じだとしんどいなあ」と思ってしまったが、なんのなんの。続く大ヒット曲“Nothing’s Gonna Stop Us Now”はこれぞダイアン・ウォーレン作!と言うべき最高の80’sデュエットソングでニッコリ。癖のない声をのびのびと聞かせるミッキー・トーマスも流石だが、女性Voのグレース・スリックもちょい「男前」系のパワフルな声でよろしい。全11曲、優秀なBGMとして聞き流せる軽快なビート感を保つ一方で、聴き込みにも十分耐えうる良質のメロディをしっかり備えている高品質作。本作では正直あまり目立たないGのクレイグ・チャキーソって名前はどっかで聞いたことあるなあとしばし考えていたら…そうか、1998年にアルバムを発表したBIG BAD WOLFのバンマスなんだ。確か出来はそこそこながら、“I Can’t Get Over You”の1曲がえらく耳に残る作品だったっけ。

【2010/03/12 15:35】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<2月中旬のお買い物 (ジョン・ノーラムetc...) | ホーム | 1月半ばのお買い物 (TRIUMPH!)>>
コメント
STRAMONIOはオイラも同じような感想書いたにやー。意外な掘り出し物でしたね。
てか、むーじゅさんは250円でずいぶんおいしいもの買い集めてますねーΣ( ̄△ ̄;)ウラヤマシス
【2010/03/15 08:51】 URL | 一志 #-[ 編集] | page top↑
一志さん、こんにちはー。

おお、一志さんもSTRAMONIOを聴かれていたんですか。妙にマニアックなところで話があうことが多いですよね(笑)。あまり期待していなかっただけにちょっぴり嬉しい買い物になりました。

いえいえ、掘り出し物を探しに行っても見つかる確率は低いですし、戦果なしで引き上げることのほうがずっと多いですよ。目から血が出るほどの集中力でギッと探索している涙ぐましいほどの努力を認めてもらえれば嬉しいですね(笑)。
【2010/03/16 18:06】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/188-545dc313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |