スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
正月休みのお買い物・その3-1 (TREAT etc...)
TREAT (1986) / THE PLEASURE PRINCIPLE
WARMEN (2002) / BEYOND ABILITIES
ANDREA CORR (2007) / TEN FEET HIGH


同じお店で買った作品たちを二つの記事に分割。こちらは¥125組。TREATのライヴ入り再発盤には少なからずビビった。

そのTREATは2ndでこれが初体験。スウェーデン出身のこの人たちはどうやら結構本気でアメリカ進出を狙っていたのだろうなと思わせる確かな作りで、失礼ながら意外なほどマイナーっぽさの薄い堂々とした作品に仕上がっている。同時期にLAを席巻し始めていた本場のバンド群と比較されてもナメられることはなかったはず。唯一野暮ったさの残るヘタウマVoにはやや難あれど、初期BON JOVIを楽しんで聴ける人ならおそらく余裕。注目のメロディの質に関して言えば、いわゆる哀愁の北欧メタル的な側面よりもアメリカナイズされたやや大味な印象のほうが強く、その伝説的なバンド名から勝手に膨れ上がっていた僕の期待ほどではなかった、というのが正直なところ。それでもハイライトたる“Fallen Angel”と“Caught In The Line Of Fire”にはどこか英国のSHYにも通じる哀感が漂っていて素晴らしいし(特に前者)、その2曲に先行するバラード“Take My Hand”のゆったりとした慕情はいかにも北欧産。どの曲でも丁寧なGソロがきびきびと叙情的なのもポイント高し。ところでDsのリーフ・スンディンってマイケル・シェンカーとかジョン・ノーラムと仕事してたあのエリック・マーティンっぽい人と同一人物?近々発表の再結成作にもちょっと注目。

CHILDREN OF BODOMのお気楽but超絶Key奏者としてお馴染みのヤンネ・ウォーマンのソロ・プロジェクトWARMENも2nd。インストと歌入り曲がほぼ半分ずつの配分で、ティモ・コティペルトとキンバリー・ゴス(プラス、謎の野卑声シンガー)をゲストVoとして迎えている。どこかストラトっぽい曲を用意されたティモの歌唱は正直「お仕事」っぽいが(特に“Spark”は力の入り方が7割程度)、一方のキンちゃんはHEARTの名曲カヴァー“Alone”でその意外なほどしっとりと女性らしい繊細な声(超失礼!)の魅力をきちんと発揮してくれていて嬉しい。SINERGYでも硬軟自在の歌唱をたっぷりと聞かせてくれた実力派の彼女、隠遁生活を送るにはまだ早いと思うのだけどいまいずこ。アルバム全体に感じられる「存在の軽さ」はいかにもソロ作的ながら、上述の“Alone”以降のインスト曲の充実ぶりは確かに耳を引く。B!誌の藤木さんが絶賛していた記憶のある“Salieri Strikes Back”はいかにもあの人が好きそうなネオクラーっぷりで、僕も思わず笑みがこぼれた。

最後は非メタル作品。僕が大好きだったTHE CORRSのメインVoだった三女、アンドレア・コアーのソロ転向第一作。オープニングのあまりに実験的な“Hello Boys”で「ヤバい!」と思ったものの、全体的にはアンドレアの稀有なる可憐声を生かしたモダンポップスで及第点。僕はタイトル曲の“Ten Feet High”を聴けただけでもよかった。この曲はCORRSに匹敵しますな。

THE CORRS “Old Town”

アイルランドの大先輩、フィル・ライノットのソロ曲カヴァー。最高でしょー?僕がまだメタラーになる前に、衛星第二テレビで放映されたCORRSのアンプラグド・ライヴは僕の音楽観を大きく変えてくれた良き思い出。その名も「UNPLUGGED」(1999)はホントに名盤なので安価で見つけたら是非。兄妹4人揃っての活動再開はいつになることやら。。。ちなみに僕は長女のシャロンおねーたまが好きでした。一番左ね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2010/01/29 17:30】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<W.E.T. (2010) / W.E.T. | ホーム | 正月休みのお買い物・その2 (MADINA LAKE etc...)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/184-9d2a6e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。