スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
JEFF SCOTT SOTO (2009) / BEAUTIFUL MESS
jss.jpg 1. 21st Century
 2. Cry Me a River
 3. Gin & Tonic Sky
 4. Hey 5. Broken Man
 6. Mountain 7. Our Song
 8. Eye 9. Bring It Home
 10. Testify
 11. Wherever U Wanna Go 12. Kick It
 13. Heart Starts Healing
 14. Take U Over with Me 
 15. Gin & Tonic Sky (piano)

5月の新譜、HEAVEN AND HELLやSTRATOVARIUSをスッ飛ばしてこれ1枚のみを買った人は、日本全国を見渡しても僕とあともう2人くらいしか居ないのではなかろうか。永遠のフェイヴァリット・シンガー、ジェフ・スコット・ソートのソロアルバム。

メロハーファン感涙、時に北欧風なほどメロウな旋律美を満喫できる秀作「PRISM」、そこから骨太なアメリカンハードロック方面にグッと接近しつつ、その熱き歌唱の得がたき魅力を再確認させてくれた「LOST IN THE TRANSLATION」と、ジェフはソロアルバムを作る時にそれぞれに異なるコンセプトを掲げるお方のようで。人によってはそれを腰の定まらなさと揶揄するのかもしれないが、これはホントに一切の誇張なく何でもかんでも歌えちゃうシンガーだからこそ出来る芸当なのだ。なんちゃって、全然メタルじゃないという噂の1stソロ「LOVE PARADE」はなかなか見つからないのだけど。

というわけで本作も当然ながらこれまでのソロ作とは趣を異にする。僕はジャケのクールなたたずまいから考えてチェケラヨーかつファンキーモンキーベイベーな肉感的ロック路線で勝負してくるかと思ったのだが…その期待は90%くらい外された。ゆったりとしたループ的感覚に打ち込み音もバリバリ、どうにかハードロックの枠に括れそうなのはせいぜい真ん中に配された“Our Song”のみで、むしろこの手にしては楽器陣もちょいちょい活躍するオトナのR&B×モダンロック作と評するのが適当かしら。

ジャンルが何であれメロディさえよければ楽しめる僕だけども…うーん、本作に「これぞ!」と膝を打ちたくなるような楽曲が見つかるかと言うと。。。結論を言えば、これはジェフの熱心な「声ファン」以外に強くお勧めできる類の作品ではない。もちろんジェフの歌唱は水準以上の質をキープしているが、甘いバラードでさえ無駄に熱く仕上げてしまう彼の本領が120%発揮されるのはこういうヌルいコンテンポラリー路線じゃない…と思うのはやはり僕が腐ってもメタル者だからだろうか。でもこの程度のメロディの質では一般層へのアピールも難しいと思うなあ。余計なタルい曲も多いし、これは作曲ほとんどを担当した今回のパートナー、パウロ・メンドーサなる人物の問題なのかも。歌神グレン・ヒューズと声の伸びを競い合った“I Want To Take You Higher”とまではいかなくとも、あのTALISMANに唯一無二の個性を与えている天性のバネと瞬発力を存分に見せ付けられるような華々しい楽曲を揃えて欲しかったなあ。“Testify”なんか絶対にもっとカッコよく出来たと思う。一時加入したJOURNEYでのしんどい経験を忘れるためのセラピーのような意味合いが込められた内省的作品なのかしらね。

なんて、こーんな毒にも薬にもならないどっちつかずの凡作でもついついレビューで取り上げてしまいたくなるのがファン気質。きっつい辛口になってしまうのも彼の圧倒的な能力と可能性を信じきっているからこそ、ということでどうぞご勘弁を。拙ブログ「はぐれメタラーの音遊生活」はこれからもジェフ・スコット・ソートをあくまでも密やかに応援します。TALISMANの新作、およびECLIPSEとのコラボ作に超・期待、です!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2009/06/22 21:38】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<FAIR WARNING (2009) / AURA | ホーム | 先週のお買い物 (THE MOB etc...)>>
コメント
お久しぶりです。
いつも楽しみに拝見してます。
僕もジェフの歌声が好きで、フェイヴァリット・シンガーの一人です。ジャーニーに加入したときはこれでいろんな人に知ってもらえるといううれしさとタリスマンでのソウルフルなヴォーカルが聴けなくなるという寂しさが半々でした。脱退(せめてアルバムは出してほしかった)後はタリスマンでまた聴けるといううれしさジャーニーで聴きたかったという寂しさが半々。都合よすぎですけど・・・。
 マルセルは難病でプレイヤーとして限られているので、タリスマンの新譜楽しみになりました。
 むーじゅさんのブログはほんとに一枚一枚聴き込んでらして、参考にしています。むーじゅさんとは音楽の好みが近いようで、とても嬉しいです。僕のブログにリンク貼りたいのですがよろしいでしょうか。
【2009/06/25 01:12】 URL | ゼンキ #-[ 編集] | page top↑
ゼンキさん、こんにちはー。コメントありがとうございます。

僕もジェフのJOURNEY加入~離脱劇に心を大きく揺らした一人です。アーネル・ピネダが最高の仕事をしてくれているのは重々承知ですが、ジェフ版JOURNEYに未練がないと言えば嘘になります。彼が「PRISM」でカヴァーした“Send Her My Love”はオシャレなアレンジも含めて素晴らしかったですし。ま、僕たちには麗しのTALISMANがありますから!

相互リンクの件ですが、こんなどうしようもなく適当な僕のブログでもよろしいのでしたら、喜んで。こちらでも早速リンクを貼らせてもらいました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
【2009/06/26 15:28】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/165-a60e0bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。