スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今週のお買い物 (NATIONAL PRODUCT etc..)
NATIONAL PRODUCT (2008) / LUNA

AEROSMITH (1998) / A LITTLE SOUTH OF SANITY (2 Discs)
GRIP INC. (1997) / NEMESIS


NATIONAL PRODUCTは去年発売の日本盤が¥480!へっへっへ。下2枚はおなじみの¥250なり。

ハワイ出身という情報が目を惹くNATIONAL PRODUCTは…ああ、こういう音楽にだったら僕がどうしても好きになれない「エモ」ということばを冠してもいいな、ってくらいに清々しいポスト・ハードコアを聞かせてくれる。似たタイプのSAOSINの音が上品な透明感や神々しいほどの高踏感を醸し出しているのに対し、こちらはもっと俗っぽく、またメッセージ面も含めてとても女々しく甘酸っぱい印象。勿論いい意味で。オープニングの必殺曲“By All Means”の一節、“Embrace and watch it die~”での突き抜けたハイトーンVoを聴くためだけに買っても損しないと思う。このポップさ加減、おそらくメンバーに80年代音楽の愛好者が多いんじゃないかなあ。ホロリとさせる「静」からメロコア的なリズムを配したノリノリの「動」まで、振り幅の大きい多彩な楽曲の数々を無理なく楽しませるだけの技量もアイディアも十分。特に“Love Me”や“Where Do You Go”、ラストの“Explode”のようなバラード調をじっくり聞かせてくれるのはポイント高いっす。爽やかなハーモニー主体のハードロックが好きな人にもきっとアピールするはず。いやあ、いいですねえこりゃ。

AEROSMITHは2枚組のライヴ盤。MDでしか持っていなかったので¥250になったのを機に買い直し。僕は「なんかエアロを聴きてえ気分だなあ」と思ったら真っ先にこれに手が伸びます。エアロといえばまずは「どわなくろ~ずまあ~いず♪」だと思っている同級生に対して、「それは違うんだぜ!」と知ったかぶってみたい中高生メタラーのエアロ入門編にも最適(笑)。なんちゃって、実は僕もエアロに関してはほとんど素人もいいところなんだけど、僕が分かる限りにおいては選曲もかなり的を射たベスト的なものだし、ショウが進むにつれてどんどん熱を帯びてくるパフォーマンスもグッド。意外なほど演奏が雑じゃないんだよね(失礼!)。僕は値下がりを待ったけど、これなら¥500出しても惜しくないと思うな。ブックオフに大量に並んでるはずなのでよろしければ是非お求めを。

現SLAYERのスーパー・ドラマーであるデイヴ・ロンバードがSLAYER離脱中に興したGRIP INC.の2nd。1stでも聞かれたSLAYER調のスラッシュチューンや、Keyの使い方がインダストリアル系に通じる冷ややかな曲を合間に挟みつつ、基本的にはミッドテンポ主体でゴリゴリうねる奇怪なメタル。様々なリズムを波動のごとく自由自在に操るデイヴのドラミングの凄まじいことは言うまでもないが、このバンドの主役は間違いなくヴァルデマー・ゾリクタ(G)。リフ作りも巧みながら、何てったってこの人は時折チラ見せするメロディックで官能的なソロがたまらないのよ。ゾクゾクします。で、いま聴いててふと思ったんだけど、このGRIP INC.の音って最近聴いたばかりのNEVERMOREに通じるところが多いのでは。安易なジャンル分けを拒むダークでヘヴィな「音の壁メタル」という意味でね。ガス・チェンバース(最近亡くなったんだったっけ)のVoはダイレクトなノーマル声主体なのでNEVERMOREよりもずっと聴きやすいし、僕は1st以上に気に入りました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2009/04/16 18:08】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<GOTTHARD (2001) / HOMERUN | ホーム | こないだの買い物・後半戦 (SEPULTURA etc...)>>
コメント
>おそらくメンバーに80年代音楽の愛好者が多いんじゃないかなあ。
鋭いですね(笑)
彼らは来日公演でDEF LEPPRADの"Photogrph"をちょっとだけやったそうです。
でも観客の反応は鈍かったとのこと。
エモファンはLEPPSなんて知らないんでしょうね。
YouTubeで見ましたが唄い方がJoeソックリでした(笑)

【2009/04/16 19:07】 URL | RABI #mxdmXl.w[ 編集] | page top↑
RABIさん、こんにちはー。

ははあ、LEPPSですか。しかも“Photograph”とはいいセンスしてますねえ。「80年代好きが居るのでは」というのは全くの勘で書いたことで、具体的な影響源までは分からなかったのですけど。なるほど。

この人たちの音楽はとにかく伸び伸びと心地よいです。「僕はもう、つかんだ君の手を放さない」ってな甘酸っぱさに胸がキュンキュンです(笑)。
【2009/04/20 18:26】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/156-2bdc8499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。