スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こないだの買物・中盤戦 (IMPELLITTERI etc...)
ANBERLIN (2003) / BLUEPRINTS FOR THE BLACK MARKET [¥250]
CAMEL (1993) / DUST AND DREAMS [¥400]
DARK TRANQUILLITY (2000) / HAVEN [¥250]
FAIR WARNING (1993) / LIVE IN JAPAN [¥250]

IMPELLITTERI (1994) / ANSWER TO THE MASTER [¥450]
IMPELLITTERI (1996) / SCREAMING SYMPHONY [¥450]
NEVERMORE (2005) / THIS GODLESS ENDEAVOR [¥750]
PINK CREAM 69 (2001) / ENDANGERED [¥480]
POISON THE WELL (2003) / YOU COME BEFORE YOU [¥250]


PUDDLE OF MUDD (2001) / COME CLEAN [¥100]
RIK EMMETT (1991) / ABSOLUTELY [¥250]
SEPULTURA (1991) / ARISE [¥250]
SOMETHING CORPORATE (2002) / LEAVING THROUGH THE WINDOW [¥250]
SPOCK’S BEARD (1995) / THE LIGHT [¥250]

前回の続き。お時間のある方、どうぞ。

超高速ギタリスト、クリス・インペリテリ率いるIMPELLITTERIはこないだ聴いた「CRUNCH」が良かったので思わず手が伸びてしまった。2枚ともセールで¥500引きだったのよ。しかしまあ、実に「潔い」作品だとしか言いようがないね、こりゃ。両方とも全9曲、約35分の一本勝負。似たような曲が多すぎて「金太郎飴」の批判はどうしても免れ得ないだろうが、「嫌なら聴くな」と言わんばかりの開き直り方に危うく惚れてしまいそう。インギーさんとはまた違う形でブラックモア大先生の遺産をしっかりと継承していて、RAINBOWはもとよりさらに遡ってDEEP PURPLEのエッセンスをも感じる場面多数。ホントに好きなんだね。ロブ・ロックもこれぞメタル・シンガーの鑑たる最高の仕事をしてくれていて、どこまでも気持ちよ~く伸びるハイトーンは圧巻至極(“You Are The Fire”を聴いてみなされ!)。冷静に聴くと特にヴァースとブリッジで歌メロが平坦になりがち(上手く説明できないけど「音が並ぶ」感じがする)という指摘もこの圧倒的な勢いの前では無意味か。

全体に楽曲は良く出来ているが、2枚ともラスト3発に手抜きなく良い曲を固めてくれていて聴後感は抜群。こと7曲目の“Answer To The Master”と“Rat Race”の爽快感は異常なほど。一定の様式の中で楽曲のバラエティを模索した「ANSWER~」、速くて重くてザクザクのIMPELLITTERI印を極限まで突き詰めた「SCREAMING~」ともに間違いなく好盤と言える。リズムギターのまさに“crunch”な気持ちよい音作りはインギーも見習うべき美点(特に「SCREAMING~」は素晴らしい)。気合を入れたいときにサクッと聴ける2枚としてこれからも愛聴しそう。いやあ、いいね!

とうとう聴くことができたNEVERMOREは音楽的なカテゴライズが大変難しい、あえて言えば極めて丹念に構築された重層的な「ダークメタル」だが…バンド5人がまさに一丸となって生み出す「音」そのものの突進力・破壊力が凄まじすぎ。“Born”の最初の10秒で大笑いしてしまった(僕には衝撃的な作品に出会うとついつい笑う癖がある)。「ブルータルであること」を第一の売りにしているそこいらのスラッシュ/デスメタル・バンドが裸足で逃げ出すレベルだよ、これ。ギターチームの奏でる複雑怪奇な螺旋状のメロディとマシンガンのようなリフ、そして意外なほど旋律美重視のソロワークも素晴らしいが、何てったってヴァン・ウィリアムスの緩急自在のDsが作り出す流れるような曲展開が実に見事で、彼こそがNEVERMOREの肝なのでは。ウォーレル・デインの気持ち悪すぎるヴォーカリゼーションについては、本人に「どうしてこういう表現形式を選んだの??」と思いっきり質問してみたい気分だが(笑)、この気色悪さがジワジワとクセになるのもまた事実。もちろん基本的な技量は間違いなく高くて、唯一のバラード調ナンバー“Sentient 6”での朗々とした歌い方をはじめ、時折かのジェフ・テイト様を思い出したのは僕だけじゃないはず。こうした音の性質上どうしても聴き疲れする点は否めないけれど、各所での高い評価にも大いに納得の一枚。メタラーやって8年目になるけど、こういう初めて聴くような音像を示してくれるバンドとの出会いはいつだってホントに嬉しい。

メロディアス・ハードロックの老舗PINK CREAM 69はこれで3枚目。全体的に非常に手堅くまとめたベテランらしい作品という印象。「ELECTRIFIED」での“Shame”や“Break The Silence”、あるいは「THUNDERDOME」の“Here I Am”や“Shelter”などに代表されるこれぞの名曲は聞かれないものの、ゆったりとしたマイナー調で泣かせる“Promised Land”や、“Over The Fire”を思い出させるハードロッキンな“Enslaved”あたりは佳曲。看板であるデイヴィッド・リードマンの歌唱は相変わらず上手すぎて思わず尊敬してしまうが(ADAGIOの1stも凄かったっけ)、一方であまりにクソ真面目すぎて歌の面白みや表情に少々欠けるという損な一面も相変わらず。もう少し「遊び」や「抜き」を入れてもいいと思うけどなあ。この硬さが実力の割に日本ではいまいちパッとしないバンドイメージにも繋がっているような。もちろんそれは彼らの誠実さの現れであり、また魅力でもあるけど。アンディ・デリス時代の作品を長々探しているのだけど意外と見つからない。。。

何気にバンド名が恐ろしいPOISON THE WELLは典型的なメタルコア…というよりは純粋なガナリ声ハードコアにメタリックな装飾と怪しい浮遊感(ポストロック的と形容すべきなのかしら?)をプラスしましたといった感じの音楽性だが、その属性のどれもこれもが中途半端。リフがカッコいいわけでもなければ、印象的なメロディが聞かれるわけでも勢いで圧倒するわけでもなく、正直言って僕には良さが分からなかった。巷ではどんな評判なんでしょう。さ、これで残り5枚!

【2009/04/10 17:34】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<こないだの買い物・後半戦 (SEPULTURA etc...) | ホーム | こないだの買物・前半戦 (CAMEL etc...)>>
コメント
Impellitteri懐いですねー
流石に飽きてCrunch以降は買ってないですが。Rat Raceはかなり聴きこみました。
93年のVictim Of The Systemがお薦めです。
全5曲のミニアルバムですがImpellitteriとは思えない位バリエーションに富んでいて聴き応えがありました。
マンネリといえば最近のpc69にも言えるかなぁと。好きなんでそれでも買ってしまうのですが。アンディの時代はリアルタイムで聴いてなかったせいか思い入れがないので僕はリードマンの時代の方が好きです。一般評価はアンディ時代の頃の方が断然ありますが。
というかアンディの声を聴くとハロウィンを思い出してしまって・・・あんなにマイケルキスクから変わった時にに有り得ないと思っていたのに。
【2009/04/11 02:12】 URL | thunder #-[ 編集] | page top↑
いい買い物しましたね~(*^-^)//"どこで買ってるんですか?ブックオフ?
「SCREAMING SYMPHONY」はオイラも愛聴してまっす(o^-')b
ピンクリは歌詞も意外と真面目なんですよね。貧困とかテーマにしたりして。ふざけているのはバンド名だけ(笑)
ネバーモア、ポイズンザウェル・・・聴かなくては(´ω`;)なかなか片付かなくて困ってます。
【2009/04/11 20:19】 URL | 一志 #-[ 編集] | page top↑
thunderさん、こんにちはー。

IMPELLITTERIは日本での人気が未だ高いからかCDがなかなか安くならないようで、このたびようやく代表作といわれるアルバムに耳を通せました。いかにもメタル!な彼らの音楽は即効性十分、あとは飽きないことを祈るばかりです(笑)。お勧めの「VICTIM~」も頑張って探してみますね。

現布陣のPC69の生真面目な音像には好感を抱いていますが、どうしても「まとまりすぎ」なイメージがついて回りますね、個人的に。うん、ひどい言いがかりですね。

アンディ時代は確か2ndの評判が良いんでしたっけ。彼が他のバンドで歌っていたというのも若造の僕には正直ピンときません。僕個人がマイケル・キスクというシンガーにはさほど思い入れがないこともあって(もちろん上手い人ですけど)、アンディはHELLOWEENの顔だと考えていますから。声そのものは正直そんなに好きじゃないんですけど、彼のメロディセンスには一目置いています。
【2009/04/13 12:06】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
一志さん、こんにちはー。

はい、僕も一志さん同様ブックオフの愛好者です。行っても99%安物の棚しか見ませんけど(笑)。いままでの購入履歴の中で[¥250]と記したアルバムはすべてブックオフで買ったと思ってもらって結構です。怪しいまでの真剣さで棚をギッと凝視しているので、知り合いとかにそのさまを見られたらもう間違いなくアウトです(笑)。

一志さんも「SCREAMING~」をレビューされてましたね。確かに気分の乗らない朝方に気合を注入するにはぴったりの鋭角的なアルバムです。

PC69のバンド名に関しては…「PINK」 かつ「CREAM」で、その上「69」ですもんねえ。ホント結成時の彼らは何を考えていたんだか(笑)。確かに覚えやすくはありますけれどもー。
【2009/04/13 12:16】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
お久し振りです。

インペリテリ、個人的にはインギーより好きです。どこが好きかと問われると、何とも言えないのですが。笑

最近、就職活動のせいでブッ○オフ巡りが出来ていません。250円~750円コーナーを漁るのって楽しいですよね。笑
【2009/04/20 11:18】 URL | Metalaholic #by/m.wUY[ 編集] | page top↑
Metalaholicさん、こんにちはー。お久しぶりです。長きにわたる戦いもどうやら佳境に入ってきているようですね。どうか体調にだけはお気をつけて。

IMPELLITTERI(←何も見ないでスペルが打てるようになりました/笑)
カッコいいですね。僕はもっとインギーに近い音を予想していたのですけど、全然違いますよね。根強いファンを持つであろう音楽だと感じられました。

そうそう例の安物コーナー!「たぶんこれは¥750だろうなあー」と思っていたCDに¥250の値札が付いているのを発見した時の快感は異常です(笑)。
【2009/04/20 18:32】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/154-34c8e277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。