スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こないだの買物・前半戦 (CAMEL etc...)
ANBERLIN (2003) / BLUEPRINTS FOR THE BLACK MARKET [¥250]
CAMEL (1993) / DUST AND DREAMS [¥400]
DARK TRANQUILLITY (2000) / HAVEN [¥250]
FAIR WARNING (1993) / LIVE IN JAPAN [¥250]


IMPELLITTERI (1994) / ANSWER TO THE MASTER [¥450]
IMPELLITTERI (1996) / SCREAMING SYMPHONY [¥450]
NEVERMORE (2005) / THIS GODLESS ENDEAVOR [¥750]
PINK CREAM 69 (2001) / ENDANGERED [¥480]
POISON THE WELL (2003) / YOU COME BEFORE YOU [¥250]

PUDDLE OF MUDD (2001) / COME CLEAN [¥100]
RIK EMMETT (1991) / ABSOLUTELY [¥250]
SEPULTURA (1991) / ARISE [¥250]
SOMETHING CORPORATE (2002) / LEAVING THROUGH THE WINDOW [¥250]
SPOCK’S BEARD (1995) / THE LIGHT [¥250]

久しぶりにやっちまった物欲爆発。枚数が多すぎるので感想は三回に分けて。14枚で約¥4700だから結構いい買い物だったとは思うけど、こう列記してみるとジャンルから何からもうてんでバラバラで自分でも笑っちゃう。

名前だけ知っていたANBERLINの1stはいかにも「Tooth And Nail」のテンプレ通りなモダン・ポップロック(もちろんメンバーはクリスチャン)。が、このバンドのメロディは結構良いね。ピロピロしたギターソロも入れてくれた1曲目の“Readyfuels”は単純に爽やかなハードロックと言ってもいい感じだし、何だかATARISを思い出させる2曲目の“Foreign Language”は男女のコミュニケーションの齟齬を題にとったシンプルな歌詞に思わず「あるある」。全体として音像が地味な印象は拭えないけれど、そこいらの浮ついた「エモ」バンドより断然好感が持てるな。柔らかい声を持つVoが一切叫ばずに淡々と歌っているのもプラス。このあとの作品も評判が良さそうなので頑張って探してみましょう。

見つけて思わず小躍りしそうになったCAMELを聴くのは名作の誉れ高き「THE SNOW GOOSE」以来2枚目。消えそうに淡くはかない青色と緑色の繊細なグラデーションを思わせるような静かなギターインスト作だった「THE SNOW GOOSE」に対して、この「DUST AND DREAMS」ではアンドリュー・ラティマーのGの音作りにしろメロディにしろ、Keyをふんだんに用いたアレンジ面にしろ、かなりポンプ的な俗っぽい要素が加味されていて、これまた実に素晴らしい出来ばえなんですよ皆さん。「郷愁」ということばそのまんまの音に意識がフッと遠のいてしまいそうなほど美しいメロディアスロックは、時に壮大な映画のサントラちっくでさえある。マイルドな声で歌われるヴォーカル曲が4つほど入っているのも歌モノ好きの僕にはありがたい(ハイライトの“Rose Of Sharon”のVoは現BEAGLE HATのデイヴィッド・ペイトン。いい声ね)。それから非常に丁寧に記された日本盤ライナーノーツの存在も嬉しいな。メタルでもなんでもないけど、美麗な音楽に目のない人は絶対に聴いといたほうがいい傑作だと思う。

これで聴いたのは5枚目になるDARK TRANQUILLITY。この「HAVEN」はダートラ独特の疾走感を期待して聴けば「THE GALLERY」、「THE MIND’S I」当時の制御不能な濁流を思わせたアグレッションが希薄なヘタレ作としてバッサリと断ぜられる危険・大。でも虚心に接すればKeyがロマンティックなほの暗いヘヴィメタルとしての質は抜群に高く、これはこれで全然アリだと思う。「俺はもう唸らない」発言で周囲をやきもきさせたであろうミカエル・スタンネのデスVoの美しさ、そして表現力の高さはやはり特筆すべき武器。兄弟バンドと言えるIN FLAMESが音楽性を変化させまくっているのに対して、多少の逡巡はあったにせよ、こちらはそのあまりにクールなバンド名に違わぬ音楽をずっと貫き続けてくれている孤高のブランドと言えそう。とりあえずんとこダートラのアルバムにハズレはなし(ちなみに僕がもっとも愛しているのは「CHARACTER」)。残すは現在のスタイリッシュ路線の端緒になったと思しき「PROJECTOR」と、巷での評判が非常に良さそうな「DAMAGE DONE」、ですね。

意外と見つからなかったFAIR WARNINGのライヴ盤はトミー・ハートの歌うZENOナンバーを聴いてみたかったので購入。“Eastern Sun”は悪くないものの、“A Little More Love”はキーがグッと下げられていて爽快感はオリジナルの4分の1以下。マイケル・フレクシグの限りなく透明に近い声の得がたい存在感を思い出した…と文句を言いつつ、FAIR WARNINGの超傑作1stから“Crazy”以外の11曲をゼータクに収録(って、初来日だから当たり前だけど)、とても安定感のあるライヴ盤なのは確か。ホントにいい曲しか入っていない1stアルバムの魅力を再確認。と同時に、最近のFAIR WARNINGには色々と言いたいことがあるのを思い出したので、ヒマを見つけて旧譜レビューを書きたいところ。

【2009/04/07 17:34】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<こないだの買物・中盤戦 (IMPELLITTERI etc...) | ホーム | 購入した新譜のまとめ (BAD HABIT etc...)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/153-ab0ea93a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。