スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
先週のお買い物 (CRYSTAL BLUE etc...)
(新譜)
BLESSED BY A BROKEN HEART (2008) / PEDAL TO THE METAL

(旧譜)
CRYSTAL BLUE (2003) / DETOUR
LOUDNESS (2005) / RACING (English ver.)
THE ALAN PARSONS PROJECT (1999) / THE DEFINITIVE COLLECTION
ROOSTER (2006) / CIRCLES AND SATELLITES
PETER CETERA (1997) / YOU’RE THE INSPIRATION : A COLLECTION


上3枚はそれぞれ¥500、ROOSTERは外盤を¥100で発見。ふふ。そして「100万ドルの声を持つ男」は¥250なり。

BLESSED BY A BROKEN HEARTはレビュー書きました。よろしければご覧ください。

スウェーデンのCRYSTAL BLUEはこれぞ!の北欧ハードポップをじっくりと堪能できる至福の一枚。ヨラン・エドマン先生の声を若々しくしてクセを減じた感じのマイルドなVo(時折ハッとさせる節回しもグッド)、歪みを抑えつつ要所でキラリと光るGの歌心、全編を柔らかく包み込む優しげなKeyの雨、そして心に染みる叙情性たっぷりの楽曲…美しいバンド名のイメージそのまんまの音楽性を示してくれている。STREET TALKとURBAN TALEを足して2で割ったような、どこか郷愁を誘う適度なポップさ加減が何ともいい感じ。ハードな感触は希薄だがそんなことはどうでもよいのだ。全曲及第点以上を与えられる出来ながら、あえてのキラーは“Never Say Surrender”!

オリジナルアルバムを聴くのはこれが初めてのLOUDNESS。全編に渡ってヘヴィなヘヴィメタルが貫かれているが、実験性が顕著な中盤以降はちょっとダレる。二井原さんの特徴的な声ってウド・ダークシュナイダーとかその辺の歌い手に近いですね。この声によってメタルな質感がグッと高められているのは分かるけど、軟弱な僕にはちょっと慣れが必要かも。アルバム序盤の展開はスリリングで、3曲目の“Lunatic”はSLAYER~後続のメロデス/デスラッシュ・バンドを思わせるクールなリフが聴ける佳曲。楽器のことがまったく分からない僕にも高度すぎる演奏技術は十分伝わってくるが、せっかくの超絶Gソロにヘンなエフェクトの類をかけるのはやめて欲しい。名高き80年代の作品に触れてみたいな。

2枚組のベスト盤を買ったTHE ALAN PARSONS PROJECTはどうやらアルバムごとにメンバーを入れ替える文字通りのプロジェクト・バンドだそう。道理でリードシンガーが10人以上もいるわけだ(笑)。音は都会的な音色使いが印象的な大人のポップスで、曲によっては少々のプログレ風味もありといったところ。全体的にもう少しキャッチーに聞かせてくれても…と思わなくはないが、ほのかに切ない“Eye In The Sky”あたりには強く魅かれる。幻想的なインスト曲が挟みこまれているのも面白い。オリジナルアルバムを丸ごと聴いたほうが良いのかも。本作はBGMとしては最高に使えそう。

英国のグッド・ルッキングな4人組ROOSTERは2ndにしてラストアルバム。なぜかBURRN!誌でも大きく取り上げられていましたね(ハードロックの枠に閉じ込めるのは少々苦しかったと思う)。古き良きロックの21世紀型アップデートヴァージョンとでも言うべき洗練された音像は不変ながら、アレンジがさらに多様化したためか1stよりもさらに外向的かつお洒落な雰囲気が強まり、その代わりにアルバム全体のロック的な勢いが減じたような印象を受けた。どうもサラリと心地よく流れすぎて分かりやすい引っ掛かりに欠ける。完璧すぎて物足りない、とゼータクな物言いを受け続けるのに我慢できず解散したのだろうか、なんて。実は英国っぽさがあまり感じられない無国籍な感じも何気にマイナス面だったのかな。本当に質の高い音楽なんだけどね。印象的な曲は1stのほうがずっと多かったと思う。

元CHICAGOのベテランシンガー、ピーター・セテラは変則ベスト盤。聴く前から質の高さが分かりきっているのが嬉しい一枚。CHICAGO時代のリメイク3曲はすべてメロディの良さを浮き彫りにするような素朴なアレンジが良なり。やっぱり“You’re The Inspiration”は名曲だあ。それと女性Voとのデュエットがここまでハマる人も珍しい。改めて最高の声の持ち主だと認識…と言いつつ、CHICAGO最高の名曲は彼が脱退したあとの“Will You Still Love Me?”だと信じて疑わない僕ですが(笑)。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2008/11/27 16:28】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<失恋はメタル味。 | ホーム | BLESSED BY A BROKEN HEART (2008) / PEDAL TO THE METAL >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/124-b5270f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。