日本ハムのヒルマン氏、ロイヤルズ監督就任へ
携帯から更新。

今日は天気がよく気持ち的にも穏やかな一日。よってBGMもMY DYING BRIDE、TIAMAT、PAIN OF SALVATION……(以下略)の欝コンボではなく、BON JOVI、WIG WAM、TERRA NOVA etc...とポジティブなものをチョイス。まあ論文は遅々として一向に進みませんが……。

本題。日本ハムの監督として現在クライマックスシリーズで奮闘中のトレイ・ヒルマン氏が、MLB・カンザスシティ・ロイヤルズの次期監督に内定とのこと。

いや~、これはめでたいニュースですな素敵っぽい人柄はもちろん、何よりその堅実な手腕に注目していた僕としては、アメリカに戻ったらメジャーのどこかが目を付けてくれないかな、とは思ってたけど。

そしたら意外と早く報せが届いた。しかも行き先はロイヤルズとな!この選択がまた個人的にツボ。何せ近年のKCは弱小球団まっしぐらで、それはもう可哀想になるくらい。資金力もないらしく、いい選手を育てたかと思えばすぐさま他に掠め取られるという典型的な草刈り場(昔はベルトランとかいたもんね)。今年は投手陣の整備が予想以上に進んだものの、とにかく打てないメジャー最低レベルの貧打がたたってまたも最下位。このまま暫く負のスパイラルに陥るのかと思っていましたが…。

そこにヒルマンが。いや、これはKC上層部のセンスにGJと言わざるをえない。日本でも投手陣を中心としたしぶとい野球でパリーグを二度も制覇した屈指の名監督。FA市場の強打者獲りレースでも苦戦が予想されるKC再建にはまさに適任だと思う。日本流の細かい野球に触れ、自らもそのエッセンスを掬いとって実践し、大きな成果を挙げた経験が絶対にプラスに作用するはず。最下位チームということでプレッシャーもなく思い切り辣腕を振るえるだろうし。嬉しいな、これでまた一つ来年の楽しみが増えたなぁ。

ヒルマン監督、おめでとうございます。日本での実績が評価されて、とうとう憧れのメジャーへ…これもある種のシンデレラ・ストーリーですな。日本一を手土産に出来たら最高ですね。陰ながら応援しています!!

で、前にも書いたけど、トーリ監督辞任で先行き不透明な松井秀喜選手、思い切ってKC入りはどうですか?甲子園のスター、球界の盟主ジャイアンツ、そして言わずと知れたヤンキースへと、日の当たる王道を歩み続けたその野球人生に唯一足りないものがそこにはあると思うのですが、どうでしょう?日本人選手への理解が深いヒルマン監督就任を機にぜひご一考をば。

【2007/10/20 15:25】 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日の買い物 | ホーム | 今日の買い物>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/12-161b58db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |