スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こないだの買い物 (GRAVE DIGGER etc...)
GRAVE DIGGER (2003) / RHEINGOLD
ERIK NORLANDER (2003) / MUSIC MACHINE
HELLFUELED (2005) / BORN Ⅱ ROCK


まだまだ続きそうな感じがするワンコイン・メタル祭り。3枚とも新品で¥500なり。エリクのなんて2枚組よあなた。ああ、これでまた新譜を買うのが馬鹿馬鹿しくなっていく。。。

お恥ずかしながら初体験の独産メタラーGRAVE DIGGER。これが…くあああっこいい!!こんなに素敵なメタルを鳴らしているなんて、大きな驚きと喜びを隠せないわ、私。いちいち印象に残るリフの数々、時にオペラちっくでさえある勇壮なコーラス、スラッシュでもイケそうなクリス・ボルテンダールの野性的なVo、名手マンニ・シュミット(ex.RAGE)の流麗なGソロ。これぞメタル。メタルの上に「ど」とか「バカ」とか「野郎」がつくメタル。気分を高揚させるオープニングSEから唸りっぱなし、首が動きっぱなし。RAGEと同じく狭義のジャーマンメタルとは一線を画す、ヴェテラン・バンドならではの味わい深さ。単純簡潔な曲タイトル連呼型のサビメロは80年型メタルの古き良き美学の表れかしら。「NIGHTFALL~」以降のBLIND GUARDIANの3作はちょっとお芸術的過ぎるんじゃない?と思われるようなリスナーさん(僕です)なんかに強く強くお勧めしたい。とにかく気持ちいい!他の作品も頑張って探します!

LANA LANEのブレインとしてもお馴染みのキーボーディスト/アレンジャー、エリク・ノーランダーは豪華ゲストを集めての3rdソロアルバム。LANA LANEを集めるのに手一杯で、エリクのソロを聴くのはこれがお初。本家同様、「この人ホンマにアメリカ人かいな」とマジで疑わせる、極めてヨーロピア~ンなプログレッシヴ・ハードロックを2枚組100分超に渡ってじっくりと堪能できる。BLUE OYSTER CULTのドナルド“バックダーマ”ローザーが主役の慕情ソング“Lost Highway”は歌もギターも涙腺に来ますよ。名作「GARDEN OF THE MOON」あたりから顕著になってきたモダンなKeyサウンドの導入およびメタリック化がLANA LANEに合っているとは決して思わないが、このソロ作ではそれらの要素が上手いこと噛み合っていてなかなかにスリリング。それでいてキャッチーな歌メロ作りにもしっかりと配慮が行き届いていて嬉しい。ここらは人柄の良さにも定評のあるエリクの絶妙なバランス感覚がなせる業か。「調整型の天才」エリクのキーボードという楽器への飽くなき探究心が眩しいカラフルな一枚。

スウェーデン出身、Voが「あの人」のそっくりさんということで知られるはずのHELLFUELEDも初体験。これが2ndアルバム。HEAVEN ‘N’ HELLなんか目じゃないくらいの激似っぷりに聴き始めて30秒で笑いがこみ上げてきたが、すぐに「これは真剣に耳を傾けるに値するバンドだ」ということに気付く。カラッとした音像が何とも心地よいオーソドックスなHR/HM。特に細やかなリフ作り・華々しいリードの両方に非凡さを見せるヨッケ・リュンドグレンのGは絶品。全編を通してノリがよく、ダレずに気持ちよく聴ける11曲38分間でございました。疾走する“On The Run”や“I Don’t Care”を聴けば誰もこのバンドを馬鹿にしたりは出来ないはずだよ。ザック期のオジーのファンのみならず(あ、言っちゃった)、幅広い層のメタラーにアピールしうる音楽だと思う。

いやー、今回はどれも「当たり」で本当に幸せな買い物でした。音遊。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2008/09/08 18:21】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<先日の買い物 (HEARTLAND etc...) | ホーム | 先週の買い物・その2-2 (HANOI ROCKS etc...)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/101-0d4ef2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。