スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
昨日の買い物
携帯から更新。はいはい病気病気。

IT BITES (1989) / EAT ME IN ST LOUIS
EMPEROR (2001) / PROMETHEUS:THE DISCIPLINE OF FIRE & DEMISE
CRAIG DAVID (2005) / THE STORY GOES...


EMPERORが\500で、ほか2枚は\250。た、高い……(笑)。

でも今回の買い物はかなり有意義だった!まずはようやく初体験のIT BITES。無理矢理ジャンルわけするならプログレ・ハード・ポップという感じで、あえて言えばA.C.Tあたりに近いか。曲によって音の表情が色鮮やかに移ろいを見せるところもそれっぽい。時に穏やかに聞き入らせてみたり、また時にはEXTREMEやITS ALIVEばりのファンキーなカッティングを挟んだりと興味深いアイディア満載。まさに音のオモチャ箱ね。よって、どこか人を食ったような皮肉っぽい雰囲気がないわけではないけど(さすが英国バンド!)、いまの感覚で聞いても十分にキャッチーなメロディがふんだんに盛り込まれていてそこらへんのバランス感覚にも長けている抜け目なさよ。こういう突然の出会いがあるから中古盤探しはやめられないのだ。確か最近になって紙ジャケ再発もされてるんだよな。お金集めてコンプリート目指そうかな。ま、気長にいつか、ね。

それからEMPEROR。僕はHR/HMの範疇にある音楽なら大抵のものは楽しんで聞けるありがたい(節操のない)耳の持ち主だけど、ブラック・メタルは苦手だと告白しなければならない。だって、文字にして表現すると「シャー」とか「ゴー」てな感じの音塊の密度の濃さに圧倒されてどうにも落ち着いていられないんだもの。メロディアスな部類とされるNAGLFARやANOREXIA NERVOSAでさえちと耳に痛かったもんなあ。(純ブラックではないけど)SLIPKNOTもあまり好きではないし、楽しんで聞けたのはCRADLE OF FILTHの「鬼女と野獣」(秀逸な邦題!)くらい。そんな僕だが、EMPERORに関しては(B!誌で持ちあげられていることもあってか)密かに聞いてみたいと思っていた。で、今回の値下げを機に思い切って購入。おそるおそる耳を傾けてみると……

なんだ、普通にかっこいいじゃないの。まず何より音が団子状になっておらず分離と粒立ちが非常に良好、なんてなんだか料理評論家みたいだけど、音に十分な空間と適度な隙間が与えられていて息苦しくない。これは切れの良いDsの功績が大かな。また嫌がらせのように細かく表情に乏しいリフを刻むだけではなく、きちんとメロディを聞かせるなど押し引きを心得たGも好印象(シュレッドの凄さは言うに及ばず)。だから音像だけで言うと真性ブラック・メタルというよりむしろ正統派のメタルに通じるところが多いような。ドラマティックなフックやアレンジが至る所に仕掛けられていて飽きさせないのも好意的に思わせる一因。特にあちこちに飛びまくるシンセ音の気持ち良さはサントラちっくでさえある。こりゃ絶賛されるのも納得だわ。先述のIT BITESとは真逆のベクトルを向いているけど、まったくもって芸術的な作品を作っている点は同等に高く評価されるべき。両者とも時間があるときに集中して聞きたい音楽だ。

クレイグ・デイヴィッドはBGM用に。確か'Fill Me In'の人だよね?2ステップって言うんだっけ彼のR&Bは。高校生の時に聞いた印象より都会のヒト的クールさが減じて普通の兄ちゃんっぽくなったような(?)、まあ無知だから何とでも言えるが、いずれにせよ部屋で流し聞きする分にはまことに気持ちようございます。これは安かったね。


(追記)
IT BITESはA.C.TよりもむしろMIND'S EYEに近いかな……なんて、僕はここで本来挙げるべきいにしえのプログレ・バンド群の知識に関しては素人同然なので、比較対象も自然と昨今のバンドになってしまうのがお恥ずかしい限りです。ただそれは逆に、IT BITESが89年の時点でいま現在の優れたプログレ・ポップ・バンドとなんら遜色ない高品質な音楽を作っていたことの証明になっているのでは。短命に終わった彼らの登場はもしかしたら早すぎたのかもしれない。

と、思ったら再結成したんですか、IT BITES!?どうやらかつての中心人物は居ないようですが…。ちょっと今後が気になりますね。


スポンサーサイト
【2007/10/31 14:22】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
HIM (2007) / VENUS DOOM
HIMvenusdoom.jpg 
 1. Venus Doom 2. Love In Cold Blood 3. Passion's Killing Floor
 4. Kiss Of Dawn 5. Sleepwalking Past Hope 6. Dead Lover's Lane 7. Song Or Suicide 8. Bleed Well 9. Cyanide Sun


ゴスで耽美なダーク・ロックと言えばこの人たち、フィンランドのHIM待望の新作。と言っても、僕は「RAZORBLADE ROMANCE」と前作「DARK LIGHT」しか持っていないゆえニワカもいい所なのだけどあえてレビュー。2枚とも素晴らしい出来だったからね。

続きを読む
【2007/10/29 19:14】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の買い物
携帯から更新。この購入癖はもはやビョーキなのか。まあiPod用の買い直しが多いけどもー。

ERIC MARTIN (2002) / I'M GOIN' SANE
DEVIN TOWNSEND (1998) / INFINITY
CONCEPTION (1995) / IN YOUR MALTITUDE
FIREHOUSE (1995) / 3
CHIP & DONNIE (1994) / BROTHERS

HANSON (2004) / UNDERNEATH
NELSON (1995) / BECAUSE THEY CAN



例のオープンセールが継続中。上5枚が合わせて\300、下2枚はそれぞれ\20。安すぎて金銭感覚がマヒしそう。てか今後の中古盤探しに悪影響を与えそうな気もする。「に、200円!?高っ!」みたいな(笑)。

しかしHANSONは叩き売りされすぎ。このヒトたちは業界で疎まれてるわけ?それだけ数が出回ってたってこと?だって04年発売よ、これ。そりゃ買い手目線からすれば文句はないけど…何だか可哀想さ。これがよかったら他の作品もこっそり集めようっと。

ズナフ関連はだいぶ集まってきました。それでもまだ半分くらいだけど。いまドニーは何してるんだろう?ブラブラ遊んでいるならもったいないことこの上なし。聴けば聴くほどクセになる捻れたポップ・ソングをもう一度。こんなにも個性的な曲を書ける人はなかなか居ないんだからさ。

その後、別のお店で新譜探し。まずウワサの(?)TACEREをチェック。ダンサブルな1曲目はいい感じなんだけど試聴時間45秒は短いよなぁ。。ひとまず保留。
あと気になったのがSOILWORK。段々と大衆路線へとシフトして行く様を見て「もういいかな…」という気分になってたんだけど(前作はパス)、今回の5曲目は傑作3rdの雰囲気に近いような気が。うーむ、お金のない学生の切なる悩みよ。こちらもとりあえず保留で。

【2007/10/28 16:55】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今日の買い物
携帯から更新。今日はアルファベット順に。

ALIAS (1990) / ALIAS
ATLANTIS RISING (1991) / ATLANTIS RISING
BLUE MURDER (1993) / NOTHIN' BUT TROUBLE
EXTREME NOISE TERROR (1995) / RETRO-BUTION
GARY MOORE (1989) / AFTER THE WAR
ROBIN ZANDER (1993) / ROBIN ZANDER
ROYAL HUNT (1994) / CLOWN IN THE MIRROR
SHAW/BLADES (1995) / MY HALLUCINATION
STBBING WESTWARD (2001) / STABBING WESTWARD
STEPS (1999) / STEPTACULAR
THUNDERHEAD (1991) / CRIME PAYS
Y&T (1985) / OPEN FIRE


某チェーンの大型店舗が近所にオープンとのことでちょっくら足を運んでみたらば。戦利品は12枚で……合計なんと\499!!繰り返しますが12枚でずばり\499のお値打ち価格です。最高でも\79(ALIAS)、ほかが\60・\20と安すぎワロタ。中でもSTABBING~とかATLANTIS~は聴いておきたかったのでニンマリ。何となく聴きそびれていた大御所やMDでしか持っていなかった作品も何枚かゲット。うふふ、いい日でした。

しかし調子に乗って買い漁ったはいいものの、二日前の買い物と合わせるとそろそろこっちの音楽許容量がオーバーしそう。これで今月の新譜はパスかなあ。ゴシック系のTACEREとかSOADのサージのソロ、北欧のアイドルシンガー(?)アリ・コイヴネンとかは気になるんだけど…ま、他の方のレビュー待ちですかね。

話は関係ないけど、お店で棚を見てたら隣の高校生3人組がDARK MOORやらを手にとってワイワイしているのがチラッと目に。本当に今時の高校生って感じの、言うなら髪もお洒落できっちりと眉のお手入れをしているような子たちが。そっか、(当たり前なのかもしれないけど)いまはこういう子たちもメタルを聴いているんだね。試聴しながら、「速え~!」「激しくね?」とかって皆で楽しそうに。ちょっと微笑ましい気持ちを覚えた僕は24歳にしてもうおっちゃんなのでしょうか。こんな感じでメタルを聞く若い子の人口と裾野が広がって行くとよいなぁ、なんちゃってね。


(追記)
STABBING WESTWARD、つまらなかった3rdからの化けっぷりに心底驚いた。メランコリックかつ内省的、それでいて塞ぎ込んでおらず、ヒットポテンシャルもたっぷりのキャッチーな音像に僕が想起した比較相手はTHE RASMUS。こりゃいいや。\60だったのに(笑)。
他も良盤が多くて、特にALIASとY&Tのライブ・アルバムはハマり。畑違いだけど哀愁のダンス・ポップスSTEPSも最高!しばらくは充実した音遊生活を送れそうです

【2007/10/26 00:14】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の買い物
久々にPCから更新。今日は値段順に。

MAE (2005) / THE EVERGLOW \980
ANTHRAX (2004) / THE GREATER OF TWO EVILS \623 (笑)
FORTUNE (1994) / FORTUNE \525
HUSH (1998) / IF YOU SMILE \380
TAXIRIDE (1999) / IMAGINATE \300
W.A.S.P. (1992) / THE CRIMSON IDOL \180
AWFUL TRUTH (1990) / THE AWFUL TRUTH \140


まったく節操のない買い方…。合計¥3128なり。以下一口コメント。

まず何が嬉しいってHUSHとFORTUNEの1stを見つけたことっすよ。ちなみにFORTUNEはボストンのバンドのほうね。後者の¥525が適正価格かどうかはやや怪しいが、とうとう手に入る喜びがその疑念を上回った。店の中で小躍りしたもの。蛇足だけどHUSHのジャケは勘弁してちょーだい。

メタル者のくせにANTHRAXを殆ど聴いたことがなかったのでこの変則ベスト盤はありがたい。ジョン・ブッシュはもう居ないんだったかしら?

MAEは僕にしてはちょっと思い切った買い物。まあこれもWAKING ASHLANDやMELEEが当たりだった経験があってこそ。やはり繊細で美しいメロディを期待します。

それからオーストラリア産のTAXIRIDEは恥ずかしながらそのバンド名すら知らなかったのだが、帯タタキの「完璧なメロディとハーモニーを兼ね備えたロック・バンド」というありがちな挑発にまんまと乗せられました。「なにぃ、そこまでぬかすなら聞かせてもらおうじゃないか、べらぼうめ!」みたいな。中級美旋律愛好家の悲しい性ですな。BBMAKみたいな路線を予想しているのですがどうでしょ?

W.A.S.P.の名盤はMDでしか持っていなかったので買い直し。90年代最高レベルのドラマティック・メタル・アルバム。

AWFUL TRUTHは僕の記憶が確かならGALACTIC COWBOYSの前身バンドだったような…。まあ安いからちとぐらい火傷してもいいかなと思って購入。

うん、なかなか充実した買い物ではなかったかと。家に帰って明日の発表の準備をしながら楽しみましょう。

明日が過ぎれば少し余裕も出来るはず。素晴らしい出来だったHIMのレビューはどうにかやりたいところ。ま、それもこれも明日次第ね!


(追記)
・ANTHRAXかっこよすぎです!いままで無視していてすみませんでした。このショックは同趣旨だったTESTAMENTの「FIRST STRIKE IS STILL DEADLY」を聴いたときのそれに近いわー。
・MAEは要所で胸を締め付ける清廉なピアノ・アレンジが素敵すぎ(特に'Painless'!)。山あり谷ありのお伽話を常にメロウなメロディ&ハーモニー(時に優しい子守歌ふう)で包み込んでいく心地よさといったら。「エモ」(笑)の一言で片付けるのはもったいない普遍性ありあり。
・HUSHは2nd同様、ヴォーカルの骨太な表現力がありがちなメロハーにならない一因かと。良いね。
・FORTUNEは意外とスルメタイプっぽいので要・聞き込み。
・それからAWFUL TRUTHのこれはGALACTIC COWBOYSの佳作「SPACE IN YOUR FACE」より好きかもしれん。適度に激しいパートを絡めつつ、それでもどこか冷めた音は共通してるけど、こっちはもっと正調プログレ・メタル寄り。しかも全編が妙に暗い。いやー、掘り出し物でした。


【2007/10/23 19:24】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本ハムのヒルマン氏、ロイヤルズ監督就任へ
携帯から更新。

今日は天気がよく気持ち的にも穏やかな一日。よってBGMもMY DYING BRIDE、TIAMAT、PAIN OF SALVATION……(以下略)の欝コンボではなく、BON JOVI、WIG WAM、TERRA NOVA etc...とポジティブなものをチョイス。まあ論文は遅々として一向に進みませんが……。

本題。日本ハムの監督として現在クライマックスシリーズで奮闘中のトレイ・ヒルマン氏が、MLB・カンザスシティ・ロイヤルズの次期監督に内定とのこと。

いや~、これはめでたいニュースですな素敵っぽい人柄はもちろん、何よりその堅実な手腕に注目していた僕としては、アメリカに戻ったらメジャーのどこかが目を付けてくれないかな、とは思ってたけど。

そしたら意外と早く報せが届いた。しかも行き先はロイヤルズとな!この選択がまた個人的にツボ。何せ近年のKCは弱小球団まっしぐらで、それはもう可哀想になるくらい。資金力もないらしく、いい選手を育てたかと思えばすぐさま他に掠め取られるという典型的な草刈り場(昔はベルトランとかいたもんね)。今年は投手陣の整備が予想以上に進んだものの、とにかく打てないメジャー最低レベルの貧打がたたってまたも最下位。このまま暫く負のスパイラルに陥るのかと思っていましたが…。

そこにヒルマンが。いや、これはKC上層部のセンスにGJと言わざるをえない。日本でも投手陣を中心としたしぶとい野球でパリーグを二度も制覇した屈指の名監督。FA市場の強打者獲りレースでも苦戦が予想されるKC再建にはまさに適任だと思う。日本流の細かい野球に触れ、自らもそのエッセンスを掬いとって実践し、大きな成果を挙げた経験が絶対にプラスに作用するはず。最下位チームということでプレッシャーもなく思い切り辣腕を振るえるだろうし。嬉しいな、これでまた一つ来年の楽しみが増えたなぁ。

ヒルマン監督、おめでとうございます。日本での実績が評価されて、とうとう憧れのメジャーへ…これもある種のシンデレラ・ストーリーですな。日本一を手土産に出来たら最高ですね。陰ながら応援しています!!

で、前にも書いたけど、トーリ監督辞任で先行き不透明な松井秀喜選手、思い切ってKC入りはどうですか?甲子園のスター、球界の盟主ジャイアンツ、そして言わずと知れたヤンキースへと、日の当たる王道を歩み続けたその野球人生に唯一足りないものがそこにはあると思うのですが、どうでしょう?日本人選手への理解が深いヒルマン監督就任を機にぜひご一考をば。

【2007/10/20 15:25】 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の買い物
携帯から更新。

LOS ANGELES (2007) / LOS ANGELES

ミケーレ・ルッピのカラオケ・プロジェクトの日本盤。また「Frontiers」の計略に乗せられてしまいました。しょーもない名義とまるで金がかかってないジャケには脱帽だぜ。が、商魂逞しい孔明の罠と分かっていても、引っ掛かってしまうのが中堅メロハー者の悲哀よのう。

だって、それでも、ルッピたんが歌うAOR曲がどうしても聞きたかったんだもの!彼の甘~い中域は完全にドツボ。もちろん爽やかに突き抜ける高音も最高だし、もう「あまりに上手すぎて笑うしかない」ってレベルなのね。いま自分の中で最もホットなシンガーの一人です。

…ちなみに彼の本住まいたるVISION DIVINEの新作は買っていません。が、反省はしていない。だって前作までギターさんが何だか平坦でつまんn(略)

で、いま聴きながら論文に取り掛かっていますが、うーんやはり夢心地。思わず恍惚の彼方に意識が飛んじゃいそう……ってダメダメ!レジュメ提出まであと二日半やで!しかしほとんど終わってないぞ、どーすんだ俺\(^o^)/


【2007/10/19 12:54】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の買い物
携帯から更新。

WAKING ASHLAND (2005) / COMPOSURE

\780なり。ちと高かったけど、前から聴いてみたかったので。先日衝動買いした同系統(?)のMELEEが大当たりだったことも後押し。
で、いま聴きながら書いていますが、うん、なかなか。古き良きアメリカン・ポップスのエッセンスを何の臆面もなくあっさりと継承しちゃったMELEEほど楽曲の輪郭はハッキリとしてないけど(ヤな言い方すると、キャッチー「ふう」の曲が散見されるってこと)、そのかわり際立つナイーブさ、そしてやっぱり「うた」を大切にした曲づくりは好感触。こういう音は少なくとも嫌いにはなれないや。

ただ、ライナー執筆者の「エモ、エモ」の連呼には些かうんざり。「このバンドがエモとロックの架け橋となり…」なんちゃって、使い方おかしくない?「エモ」ということばが音楽のいちジャンルとして祭り上げられるのは何だか納得いかない、と密かに思ってる口なんですよ。かの地の業界筋の思惑も見え隠れするような気がするし。人の心を打つ素敵な音楽には、そのジャンル・形態を問わず、作り手の良質なエモーションがたっぷりと込められていると思うし、こういうオサレなロックのみが「エモ」なのかよ!とHR/HMを愛聴する僕なぞは問いかけたくなるのだ。ま、2年前の作品だし、いま「エモ」シーンがどういう事情になってるのかは知らないけども。以上、頭の堅い門外漢の呟きでございました。まったくもって余計なお世話ってやつですな。


話は逸れるけど、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手、一年間の戦いお疲れさまでした。ゆっくりと体を休めてください。しかしまあNYYのオフは大変なことになりそうな予感です。。。トーリ監督が噂どおり居なくなるとすれば松井さんも安閑とはしてられませんわな。個人的には、ここで発展途上の弱小球団にあえて移籍してもらって、「野球の何たるか」を若い選手たちに背中で教えてあげてほしいような気も。そう、僕が幼いころ大好きだった秋山幸二さんみたいに。KCとか行ったら漢だと思いますがどうでしょ?ないか、それは。

さあ、論文がんばろう! 

(追記)
えー、二日後に早くも手の平がえしです秋の夜長に染みますね、WAKING ASHLAND。ピアノによる程よい味付けが、そして感情のほとばしりをあえて押さえつけるような陰影あるメロディがクセになりそうですどうやらバンドは解散してしまったそうで…とにかく素敵な作品を遺してくれたことに感謝。。。

【2007/10/09 23:09】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の届き物
携帯から更新。本日二回目。

どうやらボストン勝ったらしいですね。NHKで見てたらいいとこで切られて涙目
松坂は次があるさ、気を取り直して次回こそは日本人投手PS初勝利を!!

本題。HMVからお届け物。

HIM (2007) / VENUS DOOM[import]
SINNER (2007) / MASK OF SANITY
EDEN'S CURSE (2007) / EDEN'S CURSE
HIBRIA (2004) / DEFYING THE RULES[import]
BECOMING THE ARCHETYPE (2005) /TERMINATE DAMNATION[import]


お目当てはHIM。あとは買いそびれていたもの、気になっていたものをついでに。5枚合計ジャスト\10000、ポイントが貯まってたので-\2500なり。結構な散財ちょっと引き締めよっと(>_<)

【2007/10/06 14:46】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メジャーリーグ BOS vs LAA GAME2!
携帯から更新。

いやー、今日は松坂登板ですね。第一戦、ベケットが作った最高の流れに乗っていきたいところ。日本最高の投手としての誇りと自覚を胸に頑張れ!

…なのですが、相手がエンゼルスということでちょっと複雑な気分 というのも、去年ロス旅行に行った際、初めて経験したメジャー観戦、このアナハイムだったんです(ちなみに相手はデビルレイズ。マニアック!まだヤクの売人ふうルーゴ先輩も在籍してた!/笑)。
あの時はゲレーロおじさんが目の前で満塁ホームランを打ってくれたなぁ。ギャレット・アンダーソンの2000本安打記念セレモニーの祝福ムードも素敵だったし、サーモンが代打で出てきたときの歓声は凄かったなぁ。きれいな芝生、夕暮れどきのスタジアムに浮かび上がる電光掲示板、スクリーンに映し出されたカップルにキスをさせるなんちゃって洒落っ気ある楽しい催しetc……一年経ったいまでもありありと思い浮かぶ。あぁ~また見に行きたいぞ!!

と、しばし白昼夢状態に陥りましたが、いやいや今日だけは松坂さんに勝たせてやってください。お願いしまっす。おっ、2点先制!!よっしゃー!

【2007/10/06 10:20】 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の買い物
携帯から更新。

THREE DAYS GRACE (2003) / THREE DAYS GRACE
V.A.(2003) / ON THE ROCK 34 ESSENTIAL BALLADS(2枚組)


両方とも近所のブックオフで\500なり。発表年、価値などから判断してそこそこの買い物…のはずなんだけど、最近は\100で良品をgetすることが多かったので妙に高価な印象が残る(笑)。

前者は物憂げなモダン・ロックでやはりというべきかNICKELBACKふう。じわじわと感触が良くなりそうなのもニッケルと同じ。
後者のヒット・バラード集は来客用BGMとしても重宝するかな、と。HR系以外のポップスには聴いたことない曲も多くてお得感ありありね。

ただ、本来の標的だったPOVERTY'S NO CRIMEとマイケル・スウィートのソロは\250になっておらず、持ち越しだな……、と棚を見てたら偶然THE QUESTの1st外盤を発見!何とマニアックな……。いまは亡きゼロコーポのコンピで1曲聴いてその空間処理の仕方が心に残ったポップ・プログレバンドじゃなかったっけ、確か。とりあえずこれも\250になるまで待ち。誰にも買われませんように。ナムナム

蛇足①THE EXIESの2ndが\250でっ!と思ったらCCCDでやんのコノヤロー。某東芝EMIは本当に愚かなことをしましたね。PRIDEの2ndの恨みは忘れないぞぅ~

蛇足②アンナ・サァリーン(ANNA SAHLENE)というポップ・シンガー(確かスウェーデンの人)の1stアルバムが何処に行っても叩き売りされてて可哀想。つまらない曲もあるけど、1・4・7・13曲目は特にハード・ポップファンには一聴の価値ありですよ、とフォローしときます(といっても、音がハードなわけではありませんので悪しからず)。安いのでだまされたと思って是非。

【2007/10/05 20:13】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2005年度 best albums & tunes
はじめてコメントを頂いてびっくりのむーじゅです。いつか誰かの目に触れてくれればとは思っていましたが…。どうもありがとうございます。更新にも熱が入りそうな予感です。

さて本題。今日は2005年度のベストを。決して無意味に羅列しているのではなく、こうやって少しずつ僕の嗜好を明らかにするとともに、自分がいままでどんな音楽履歴を経てここまでやって来て、これからはどんな音楽を聴いていくのかを予測、そして整理する目的が実はあったりするのですよ。まあ前置きはこの程度で。

続きを読む
【2007/10/04 16:39】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昨日の買い物
携帯から更新。

SILVER GINGER 5 (2000) / BLACK LEATHER MOJO
GREENWHEEL (2002) / SOMA HOLIDAY
EVERON (1995) / FLOOD
WIZARDS (1995) / WIZARDS
GREGORIAN (2000) / MASTERS OF CHANT


なんと5枚で\500なり。ワイハのバンマス・ジンジャーのプロジェクトを見つけて小躍り。いや、これいいね。しばらく聞き込もう。

逆に、WIZARDSは「よくこれで日本盤が…」って内容。玉石混淆を地で行きました。ま、これも中古探しの醍醐味ね

【2007/10/03 08:18】 | 購入履歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NIGHTWISH (2007) / DARK PASSION PLAY
passion.jpg 1. The Poet And The Pendulum 2. Bye Bye Beautiful
 3. Amaranth 4. Cadence Of Her Last Breath
 5. Master Passion Greed 6. Eva 7. Sahara
 8. Whoever Brings The Night 9. For The Heart I Once Had
 10. The Islander 11. Last Of The Wilds
 12. 7 Days To The Wolves 13. Meadows Of Heaven
 14. The Escapist

NIGHTWISH、ターヤたま離脱後待望の第1弾。ここにきてブレインたるツォーマスの音楽性が大きくぶれるとは誰も思っていないだろう。興味はただ一点、新ヴォーカル・アネット姉さんの力量と「NIGHTWISHの顔としての」適性のみ。行きつけの音楽ショップの視聴器が壊れてたので前もって彼女の声を聞けず、少し不安になるも初志貫徹でエイヤッと購入。

続きを読む
【2007/10/02 11:26】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2006年度 best albums & tunes
いやいや、ブログって案外面白いかもしれない
アレンジやら何やらを勝手に綺麗にまとめてくれるから、何だか自分が凄い事をやっているような錯覚に陥りますなー。

と、いうことで調子に乗って本日三回目の落書き。徐々に文体&文章構成が崩れていってるのがよく分かる(笑)。

続きを読む
【2007/10/01 19:12】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
HR/HMとの出会いを振り返ってみる
僕のメタル歴はもうすぐ7年。あれは20世紀もそろそろ終わりに差し掛かる頃、当時高校生だった僕が学校の休み時間に友人のMDプレイヤーをなんとなく貸してもらって聞かせてもらった音楽こそが…

続きを読む
【2007/10/01 17:02】 | 音楽語り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
はじめに
ども、むーじゅと申します。

メタラーのくせにかなりの短髪、黒いバンドTより実は爽やかな白いTシャツのほうが好き、楽器経験リコーダーのみ、ロック・ミュージックに付き物の悪そうな人やモノには特に興味なし、そして何よりも周囲にメタラーであることを知られていない!

このようにアイデンティティが揺らぎ気味の 孤独な げほっ、孤高のメタラーがひっそりと自分の胸のうちに秘めた思いを記すブログです。新譜・旧譜の別を問わずHR/HM関連のCDの感想や購入履歴などを記していきますが、おそらく旧譜の記事が多くなりますねー。何せお金のない学生ゆえ、必然的に中古盤のお世話になることが多いのです。ちなみに安いもの探しには結構自信があります(例:「STADIUM ARCADIUM」 [import] RED HOT CHILI PEPPERS ¥480で発見ナリ、何気にすごくない?)。

あくまでも自分のために。無理をせず、無駄を恐れず、素直にのんびりと書いていきましょう。


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2007/10/01 15:26】 | 音楽語り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。