2016年の新譜まとめ
Be the Wolf / Rouge
Circus Maximus / Havok
Cry of Dawn / st
Dark Tranquility / Atoma
The Defiants / st
Dizzy Mizz Lizzy / Forward in Reverse
Dream Theater / The Astonishing
First Signal / One Step over the Line
FM / Indiscreet 30
Frost* / Falling Satellites
Fuki Commune / Welcome!
In Flames / Battles
Mari Hamada / Mission
Myrath / Legacy
Nordic Union / st
Rage of Angels / The Devil’s New Tricks
Rob Moratti / Transcendent
Run for Victory / Game Over
Sunburst / Fragments of Creation
Treat / Ghost of Graceland
Wigelius / Tabra Rasa



なかなか粒のそろった作品群。ここから5枚挙げるとなると順不同で以下の通り。


The Defiants / st
Dizzy Mizz Lizzy / Forward in Reverse
Fuki Commune / Welcome!
Myrath / Legacy
Wigelius / Tabra Rasa



The Defiantsは裏Danger Dangerというべきメンツで、本家をも上回らんとするメロディアス・ハードロックを実践。「爽」にも「哀」にも極端に振れすぎないさじ加減の巧みさがベテランの味。キラー曲をアルバムの要所にバランスよく散りばめて最後まで飽きさせないのがいいね。久々にスポットライトを浴びたポール・レイン、まだまだ主役を余裕で張れます。


Dizzy Mizz Lizzyは劇的な…というよりもむしろさらりとした自然体が印象的な復活作。ティム・クリステンセンの涼やかな哀愁声にはますます磨きがかかり、奔放なエネルギーを自由自在に制御するトリオ・アンサンブルの妙とともに「これぞDML!」と拍手喝采。音の硬度(ハードロック度)が軽妙洒脱な前2作より断然高く、そこは賛否ありそうだけど僕は支持。”Love at Second Sight”は新たなる代表曲。


Light Bringerの看板シンガーだった(過去形…)Fukiのソロ・デビュー作はアニソン・ハードロックの傑作。Light Bringerでいうとメタルメタルした「Scenes of Infinity」よりもポップでライトな「Genesis」が好きな僕にはドツボ。さすがに演奏面での聴きごたえはバンド作より減じているものの、幅広く一般層にアピールしうる煌びやかなメロディの充実ぶりを耳にすれば些細なこと。この稀有なる歌い手Fukiはもっともっと有名になってしかるべきです…と言いつつ、彼女関連の作品を集め始めたのはここ2年くらいの完全な後追いだけど。せめて「Midnight Circus」だけはどうにか再発してたもれ。


B!誌の藤木さんがMyrathのことを「中東のKamelot」なんて褒めていた記憶があるけど、言いえて妙。魅惑の民族音楽要素とオーセンティックなメタルの華麗なる融合(この作品に関しては「プログレ」の冠は特に必要ないですね)。キャメと大きく異なるのはシンガーの声質で、暑苦しくなる一歩手前の熱唱型。”Get Your Freedom Back”を聴くとマッツ・レヴィンを敬愛している人ではないかと思う(語尾のクセがたまらなく良い!)。ほぼ唯一のキズは、2曲目直前の音飛び。僕が買ったのは輸入盤だけどこれが仕様?ともあれ多くの方が年間ベストに入れるのも納得の出来。


Wigeliusも実に良かった。デビュー作もなかなかの好盤だったけど、2作目にしてここまで洗練度を高めてくるとは…。一般人に車の中で問題なく聞かせられる、いやむしろちょいと無理してでも聞かせたい誘惑にかられる作品ですな。僕の中では(現在の)h.e.a.tを余裕で抜き去ってWork of Art(え、活動停止?)に追いつかんとする存在になりました。メロハー・ファンなら即買いだと思います。ただレコ会社さんには本当に申し訳ないんだけど、日本盤の緩いボーナス曲は蛇足でしたね。


次点はBe the Wolf。デビュー作発表からこの短期間によくぞこれほどの楽曲群を用意できたもんだと感服。”The Fall”ほどの悶絶曲はないものの、全体の出来は甲乙つけがたし。ただねえ…このライブ盤はいかんでしょ。1回だけは通しで聞いたけど…録音事故(?)寸前の声で延々と喚かれるのは苦行以外の何物でもなかった。彼らはライブバンドではない、と見切りをつけるファンが居そうな気がして少々気がかり。ま、この水準の音楽を聞かせてくれるなら僕としてはスタジオバンドでも全然OKなんですけどね。


ところで本作にはもう一つ大きなトピックがあって、それはボーナス曲でブルーノ・マーズを取り上げ、その存在を僕に知らしめてくれたこと。寡聞にしてまーったく知らない人だったのですが、アメリカでは超・人気者らしいですね。これも縁かとブックオフで2枚拾ってみたらばこれがまあ実に素晴らしい!特に「Unorthodox Jukebox」は文句なしの名盤だと思います。どこか80年代の懐かしい薫りがする王道アメリカンポップスで、曲によってはマイケル・ジャクソンmeets Journeyって感じの哀愁っぷりがたまらんですよ、いやホントに。騙されたと思って聞いてみてくだされ。


In Flames、Dark Tranquilityの両巨頭はメタル離れして久しい僕でも新譜が出れば買わずにはいられない存在。インフレはさらにポップ化を推進し、曲によっては合唱必至のメロディが美味しい。前作「Siren Charms」はインフレ史上もっとも印象の薄い作品だったのだけど、これで信頼度をグッと回復。最初はカヴァー曲かと思った軽快な”Us against the World”には大笑い。ダートラは孤高の耽美路線をさらに深めつつメタルのアグレッションも忘れておらずの充実作。Soilworkにも言えるのだけど、彼らの創り出すメタルはとにかく「味わい深い」。いまの軟弱メタラーな僕の好みにかなり合致しています。


最後はもちろんFM。その性質上ベスト5には入れなかったものの、これぞリレコ作のお手本というべき会心作。スティーヴ・オーヴァーランド先生は当然のように最高。これはもちろん「Tough It Out 30」も期待していい流れですよね?ですよね!?(切実)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2017/01/04 00:28】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2015年の新譜まとめ
BE THE WOLF / IMAGO
CAIN’S OFFERING / STORMCROW
CARE OF NIGHT / CONNECTED
ECLIPSE / ARMAGEDDONIZE
FM / HEROES AND VILLANS
KHYMERA / THE GRAND DESIGN
LAST AUTUMN’S DREAM / PAINTINGS
LONELY ROBOT / PLEASE COME HOME
MAGNUS KARLSSON’S FREEFALL / KINGDOM OF ROCK
OZONE / SELF DEFENCE
PAUL GILBERT / I CAN DESTROY
PETERIK / SCHERER / RISK EVERYTHING
REVOLUTION SAINTS / ST
SCORPIONS / RETURN TO FOREVER
SHINEDOWN / THREAT TO SURVIVAL
SOILWORK / RIDE MAJESTIC
STRATOVARIUS / ETERNAL
SYMPHONY X / UNDERWORLD
TERRA NOVA / REINVENT YOURSELF
VANDEN PLAS / CHRONICLE OF IMMORTALS
中島卓偉 / 煉瓦の家


ベストアルバムは中島卓偉、一択。多分200回くらい聞いた。個人的には、かの復活作(とあえて言いたい)「BEAT & LOOSE」をも僅差で上回るかな…くらいの出来ばえに感動。必殺の“続けろ”を中心としたロック曲が鉄板なのはもちろん、“(おまえだけが)手に入れられない”あたりの歌謡曲路線まであまさず美味。過去作もほぼ全部買い漁って聴いちゃいました。ひとりのアーティストにここまで入れ込むのは久しぶり。

次点で初期H.E.A.Tを思い出させるCARE OF NIGHT、激しくも味わい深いSOILWORK、ここ数作の安定感が半端ないSTRATOVARIUSかな。

イタリアはトリノ産のBE THE WOLFは大穴。“The Fall”はすべてのロックファンに一聴してほしい超・超・超・名曲。マグナス・カールソンの“When the Sky Falls”では「あの」麗しきマーティン期サバスが(コージー・パウエル抜きではあるが)見事に蘇っている。ぜひこのタッグでフルアルバムを作ってほしいなあ。メロハー曲ではREVOLUTION SAINTSの“Turn Back Time”が秀逸だったが…ディーン・カストロノヴォよ、そりゃないぜ。

一方でガッカリ作品も少々。筆頭はSHINEDOWN。次点でTERRA NOVA。「熱さ」の感じられない前者、赤面要素のない後者、どちらも自分が思う「らしさ」にまったく欠けておりました。ECLIPSEの出来は確かに素晴らしいのだけど、そろそろメタメタしい路線には食傷気味。もう少しメロハー要素を取り戻してほしいなあ。


【2015/12/29 19:51】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2013年に買った新譜21枚+α
BATTLE BEAST / BATTLE BEAST
CHARMING GRACE / CHARMING GRACE
DREAM THEATER / DREAM THEATER
FAIR WARNING / SUNDANCER
FM / ROCKVILLE
FM / ROCKVILLEⅡ
HAREM SCAREM / MOOD SWINGSⅡ
HIM / TEARS ON TAPE
LANESLIDE / LANESLIDE
LIONVILLE / Ⅱ

MAGNUS KARLSSON’S FREEFALL / MAGNUS KARLSSON’S FREEFALL
MOON SAFARI / HIMLABACKEN Vol.1
THE POODLES / TOUR DE FORCE
PRETTY MAIDS / MOTHERLAND
RAGE OF ANGELS / DREAMWORLD
SAPPHIRE EYES / SAPPHIRE EYES
SHYLOCK / WALKING TALL
SOILWORK / THE LIVING INFINITE
STRATOVARIUS / NEMESIS
W.E.T / RISE UP

WHEELS OF FIRE / UP FOR ANYTHING


続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2014/01/18 21:33】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2012年のベスト (新譜10選+α)
ずいぶんと出遅れましたが去年のベスト的なものを。今回は☆なしのシンプルな形式です。

続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2013/02/10 00:00】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
2011年のベスト (新譜10選+α)
久々にきちんとベストを選んでみました。おおまかな評価基準はコチラです。ちなみに僕はアルバムの順位を決めてから、後乗せで☆を付けています。従って☆の数と順位が必ずしも比例するとは限りません。それではどうぞ。

続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2012/01/14 22:25】 | 年度別ベスト | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
2010年を振り返って
ちょいと遅ればせながら、過ぎ去りし2010年を簡単に振り返ってみたいと思います。

続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2011/01/22 13:21】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
2009年を振り返って+α
あけましておめでとうございます。新年の一発目ということで、今回は簡単に2009年の音遊生活を振り返るとともに、今後の展望っぽいことも少々書き留めておこうと思います。

続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2010/01/05 20:10】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2008年のベスト (後編・旧譜ジャンル別10選)
本記事では2008年に聴いた旧譜からベストを選出します。新譜ベストよりも実はこっちのほうがメインだったりして。メタル・非メタルを無視すれば去年買った旧譜は約170枚。うん、どう考えても買いすぎですね。財布をあまり痛めつけないように安いものを優先的に買っていますが、それでも今年はもう少し買う枚数を減らそうと思っています。

詳細なコメントをする代わりに、特にのめり込んだ名盤・好盤は色を変えました。順位は付けず、すべてアーティストのアルファベット順です。それではどうぞー。

続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2009/01/26 19:18】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
2008年のベスト (前編・新譜10選)
本記事では2008年に聴いた新譜39枚の中からベスト盤10枚を選びたいと思います。うーん、去年も結構頑張って買ってしまったなあ。もちろん厳選に厳選を重ねて購入するようにしているので後悔は殆どないのですが、出来れば今年は合計30枚程度(月2.5枚くらい)に抑えて、安い旧譜のお宝探しにますます精を出したいところです。

評価基準は2007年のベスト選出に準じています。音楽作品に点数を付けたり、指標を設けて評価することに僕個人はさほどの意味を見出してはいないのですが、ま、1年に1回くらいはいいかなと。アルバム名/バンド名は拙レビューにリンクしてあります。それでは早速どうぞ。

続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2009/01/22 15:34】 | 年度別ベスト | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
2007年のベスト(後編・十選寸評&楽曲部門)
寸評と銘打ったわりにずいぶんな長文に…(笑)。まあこれは性分なのでお許しください。

よい音楽には、人にいつまでもその魅力を語らせたくなる何かが備わっていると思います。

今年、2008年も素敵な音楽にたくさん出会えますように。
続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2008/01/30 10:40】 | 年度別ベスト | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ