GRAND ILLUSION (2011) / PRINCE OF PAUPERS
grandillusion2011.jpg 1. Gates Of Fire
 2. Better Believe It
 3. Prince Of Paupers
 4. So Faraway
 5. St. Teresa’s Love
 6. Through This War
 7. Eyes Of Ice 8. Gone
 9. Believe In Miracles 10. On And On
 11. Under The Wire
 12. Winds Of Change 13. Not For Sale


復活第二弾!北欧・エクストリーム・メロディアスハードの雄、GRAND ILLUSIONの新作。

このバンドが面白いのは、「メロハー・バンドは普遍的に愛される存在であるべき」という不文律にあえて背くような「やりすぎ感」を帯びているところだ。時に聴き手の耳を切り裂くような超絶ハイトーンVo、他のどこでも味わえない独特のメロディセンス、徹底的に作りこまれた分厚いコーラス…小見出しに書いた通り、そのすべてがあまりにもエクストリーム。だからこの手のバンドにしては珍しく、同好の士の間でも好き・嫌い/合う・合わないがハッキリと二分される。彼らは例えばJOURNEYやSURVIVORのようにはなれないだろう。でも僕はそんなGRAND ILLUSIONが大好きなのだ。

前置きはここまで。本作も音楽的には復活第一弾「BRAND NEW WORLD」(レビューはこちら)とほぼ同様の路線だが、その前作がバンマスの天才アンダース・リドホルムにとっては肩慣らしに過ぎなかったことがよく分かる充実ぶり。名作2nd「VIEW FROM THE TOP」を覆っていた北欧的な透明さをきちんと保ちつつ、多くの人に問題作扱いされた素晴らしき3rd「ORDINARY JUST WON’T DO」のロッキンな躍動感を忘れてはいない。まだまだ聴き込みが必要だが、全体的な出来ばえは2ndといい勝負…ていうか、もしかしたら超えているかもしれない(3rdは個人的な思い入れが強すぎて別枠)。

オープニングの壮大な“Gates Of Fire”からハイライトたる5曲目“St. Teresa’s Love”までのスリリングな流れは、楽曲の質・バラエティともに完璧に近い。それ以降もコンパクトにまとまった佳曲が揃う。ラストの“Winds Of Change”は「濃厚」が売りの彼らにしては比較的アッサリした仕上がりのバラードだが、これまたそこはかとない余韻を漂わせていて良い。

ピーター・スンデルの飛翔感あふれる必殺ギアチェンジ、そしてHR/HMでは目立ちにくいBも含めて、すべての楽器の音が目の前にグイグイと接近してくるような最高級のプロダクションも健在。重要なパートをゲスト陣に大きく依存しているためスタジオ・プロジェクトっぽさはやはり否めないが、ティム・ピアース、スティーヴ・ルカサー、ジェイ・グレイドンほか有名どころが参加したGソロも、再び全編で叩いてくれたグレッグ・ビソネットのDsも、実にプロフェッショナルな仕事ぶりに拍手。

あえて厳しい注文を付ければ、僕がGRAND ILLUSIONのレパートリーで3本の指に入るくらい愛している“When You Were Mine”(3rd収録!)のような泣きの名曲がまた聴きたかったかな。それと日本盤ボーナスの“Not For Sale”が彼らにしてはフツーな出来なのも、これまでの充実したオマケ群と比べるとやや見劣りするかしら。ま、いずれもこの完成度の前では些細なこと。

前作を聴いた段階ではまだ確信に至らなかったが、ここにようやく麗しきGRAND ILLUSIONの完全復活を宣言したい。彼らの稀有なる音楽を聴いたことのないリスナーさんもこの作品からぜひチャレンジを。騙してしまったらごめんなさい。でも一度この世界にハマると、そこには至上の快楽が待っております。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

【2011/11/12 21:44】 | HR/HM 新譜レビュー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<TOBY HITCHCOCK (2011) / MERCURY’S DOWN | ホーム | WORK OF ART (2011) / IN PROGRESS>>
コメント
こんにちは。
この世界に入り込むととてつもない快楽が待っていますね。もう浸りに浸っておりました。
今作は最高の出来といってもいいと思います。St. Teresa’s Love はヘヴィロテ中です。
【2011/11/13 12:18】 URL | 敏紫 #-[ 編集] | page top↑
敏紫さん、こんにちはー。

かなり出来がいいですよね!本作のリリースを機に、またGRAND ILLUSIONに注目が集まってほしいなと思います。この聴感、この快感、HR/HM界で唯一無二です。
【2011/11/13 18:42】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
今更入手して聴いてみましたが、本当に素晴らしいアルバムですね!
1stや2ndがBurrn!で絶賛されていた頃にこのバンドを知りましたが、その頃より今の方がいい曲書いている気がします。
北欧メロディアス・ハードの名盤ですね。
【2013/06/16 12:53】 URL | panorama murasaki #-[ 編集] | page top↑
panorama murasakiさん、こんばんはー。

僕もアルバム単位なら1st・2ndよりこっちのほうが好きですね。2ndの終盤には大好きな"Blinded"が入っているのでそっちも捨てがたいんですけど。メロハーファンの間でも好き嫌いの分かれがちなバンドなので、こうして「イイ!」と言ってくださる方がいるのは嬉しいです。
【2013/06/17 20:59】 URL | むーじゅ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mooju.blog121.fc2.com/tb.php/257-98f737d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |